« デジタル化原稿の閲覧~Picasa2 | トップページ | PASMOデビュー »

セーラー万年筆 レアロ

この3月の大量筆記時期を無事乗り越え、Montblanc 149のような太軸で中字、吸入式の万年筆をもう1本探し求め、セーラー万年筆のレアロを購入しました。

ほどよい硬さをそなえた、すばらしい書き味。私の主力万年筆の1つです。

購入時に、お店でためし書きをさせてもらったときは、特に問題を感じず、そのまま数日、たくさんの文字を書いていたのですが、購入から数日後に長原さんのペンクリニックがあったので(念のために??)診ていただきました。
「これはかなり状態が悪くなっているね」ということでした。多くの人が店頭でためし書きすることによって、状態が悪くなることもあるらしいです。
とても丁寧に調整をしていただきました。さすが、こちらも名人芸!!
調整前も、十分柔らかく、また長刀研ぎ独特の、さらさらした感触が気に入っていたのですが、調整後には格段に滑らかに書けるようになりました。

「これで書いてみて」と渡されたのを手にして、実際に書いてみると思わず「おおっ」と声を出してしまいました!

本当に究極の職人芸というのは、まったくすごいとしかいいようがないですね。

よくTVなどでも、数ミクロン単位で、金属を研磨する職人技が紹介されていますが、何度見ても、すばらしい。
ロケットのエンジンの溶接も、最後の仕上げは熟練工の手にかかっているということも耳にしたことがあります。

友人の歯科医が学生のころに、大学の教官や、熟練した歯科医がものすごい精度で歯を削るので、その友人は自分もそのような技術が身につくのかとても心配で途方にくれているといった話をしているのを思い出しました。

レアロは、ペン芯の性能がすばらしいとのことでした。実際、レアロを購入した日に、インクを何にするか、いくつかためそうと思って、「つけペン」のように、ちょこんとペン先にインクをつけて書いてみると、A4用紙1枚分は軽く書けてしまいました。もっと早く別のインクを試せるだろうと、書いていてもなかなかインクが切れず、驚いた記憶があります。長原さんによると、ペン芯が非常に優れているので、インクのもちがよいということでした。
なるほど。

寝かせて書いても〆(._. )、立てて書いてもφ(._. )、もっと立てて書いても¢(._. )、裏返して書いても ( ._.)φ、それぞれ滑らかに、表情のある文字が書けるおきにいりの万年筆です。

このレアロには、はじめカランダッシュのストームを入れていたのですが、最近はWatermanのフロリダブルーを入れています。
フロリダブルーは深みのある、すこし紫がかった青で、気に入っています。
レアロの長刀には、薄めのインクよりも、しっかりとした濃い目のインクが似合うような気がしています。

Montblanc 149 Mニブとレアロを交互に使っていると、149は、横に細く縦に太く、ちょうど明朝体が書けるのに対し、レアロは横に太く縦に細く書ける、毛筆体のような字が書けて、手にほどよい気分転換(?)になって、ますます長時間の筆記が快適になりました。
長時間筆記をしていると、ペンを持ち替えることで、腕にかかる負担が分散するのかな。

最高の調整をしていただいた最高の道具を手に、今日も幸せな気持ちで、元気よく筆記させていただいていますp(^-^)q

Realo01

|

« デジタル化原稿の閲覧~Picasa2 | トップページ | PASMOデビュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/405011/6463236

この記事へのトラックバック一覧です: セーラー万年筆 レアロ:

» モンブラン万年筆 [モンブラン万年筆を手に入れよう。]
大事な大事なモンブランの万年筆ですが、やはりちゃんとお手入れをしないとインクがでなかったり、万年筆が書きにくかったりしてしまいます。 トラバさせてもらいました。 [続きを読む]

受信: 2007年5月22日 (火) 23時30分

» モンブランロールケーキ(キャラメル)【お取り寄せスイーツ販売店のモンブランロールケーキ(キャラメル)ご紹介】 [お取り寄せスイーツ通販店【美味しいお取り寄せスイーツの販売店をご紹介】]
京都産の和栗を使用した・・ 極上キャラメルモンブランロールケーキ。 極上スイーツ... [続きを読む]

受信: 2007年5月27日 (日) 17時05分

« デジタル化原稿の閲覧~Picasa2 | トップページ | PASMOデビュー »