« 複数機器でのメモ管理 | トップページ | スーパーサイズ・ミー »

ScrapBookのエクスポート機能

Firefoxのアドオン(拡張機能)のひとつScrapBook。
Webページの保存と収集整理支援ツールです。

最近、ScrapBookのエクスポート機能が便利であることに気付き(←遅っ!!)、活用させて頂いています。
FirefoxのサイドバーにScrapBookを表示させ、クリップしたデータを右クリック>ツール>エクスポート、出力先のフォルダを選ぶとクリップしたデータのタイトルを同名のフォルダが作成され、その中に、Webページが保存されます。
このフォルダをSDカードなどにコピーすることで、このカードさえ持ち歩けば、Linux ZaurusでもPCでもMacBookでもオフラインで参照できますね。
また、常時参照したいものは、X01HTのmicroSDにコピーしておけばよさそう。

Webサイトを閲覧していて、気になったものは、Google Notebook、ScrapBook、WeBox、紙などのクリップツールをつかって保存しています。

Google Notebookはウェブ上にデータを保存するので、オンラインで参照するデータは、こちらを使いますが、オフラインで参照したいものの保存には向きません。

オフラインで保存するツールを使うと、こんどは複数のPCやMacなどでデータが同期されて
いないと、参照したいときに参照できないという悲しいことが起きてしまいます。

そこで、各ツールで保存したHTMLファイルなどをSDカードなどにコピーをしてデータを一元管理しようとするのですが、紙で保存したデータはHTMLファイルが日本語名になってしまい、Linux Zaurusではうまくリンクが参照できないという問題がありました。

この点WeBoxやScrapBookで保存したデータには、日本語のファイル名がつけられないので、最近ではWeBoxかScrapBookを利用していました。
特にScrapBookは、新しくソフトを起動することなく、Firefoxのサイドバーだけで作業が完結するのでとてもシンプルに利用できてとても気に入っています。

ますます、Firefoxが欠かせなくなってきています。

|

« 複数機器でのメモ管理 | トップページ | スーパーサイズ・ミー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/405011/6524866

この記事へのトラックバック一覧です: ScrapBookのエクスポート機能:

« 複数機器でのメモ管理 | トップページ | スーパーサイズ・ミー »