« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

シンプルな情報管理を心がけたいと思いました。

章仁さんの記事

管理は極力シンプルに

にコメント書き込みを試みたのですが、なぜかスパム扱いされてしまったので、
書き込み予定だった内容に加筆して、以下にメモしておきます。

私も燃え尽き経験大アリです!!(←喜んでいる場合かな?)
画像やテキストのメモを管理するための個人用途のデータベースを
FileMakerで作ってみて、見事に燃え尽きました(しかも複数回)。

結局、テキストのメモも画像もそれぞれ、
一つのフォルダに放り込み、
シンプルなルールでファイル名や
サブフォルダ名を付けていく
という方法に私も落ち着いています。
こうしておけば、X02HTやSL-C1000などでデータを持ち歩いたり、
適当なメディアにバックアップするのも、手軽ですし、
強力なデスクトップ検索やGREPにかければ、
ほぼ必要なファイルは見つかります
(100%見つかるわけではないところが悲しいですが)。

本当に凝ったデータベースが必要かちゃんと見極めないと、
章仁さんのご指摘通り、手段の目的化に陥ってしまいますね。

シンプルな情報管理を心がけようと改めて思いました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ついにEBPocket for Smartphone(X02HT対応版)オープンテスト開始!!

yamadaatmnさんのブログで知りました! http://d.hatena.ne.jp/yamadaatmn/20071029/1193636966

昨日のお昼過ぎからぶっ通しの仕事を先程終え、RSSリーダーをのぞいてみて、飛び込んだ大ニュース!作者のhishidaさん、yamadaatmnさんいつもありがとうございますm(_ _)m

さっきまで意識朦朧としていたのに、急に元気がわいてきて、早速インストールさせていただきました。平凡社の世界大百科事典、広辞苑第四版、ジーニアス大英和辞典はちゃんと使えています。すばらしい!!
なぜかX01HTでは利用できていた理化学事典が認識されていませんでした。なにか必要な設定をし忘れているのかも(半分寝ながらの作業だし)、、、Let's note CF-W2Bが不安定な状態で辞書データをコピーしたからかも。私もくたくただけど、一緒に仕事につきあわされていたCF-W2Bはもっとくたくたですよね。かなり重い計算をしていただきましたので。

今度やりなおしてみます。これからのバージョンアップが楽しみです。

と、この記事書きながら、意識が飛んでたので、ここまでにしておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悲劇再び。CorePlayer使用中にmicroSDカードを抜き、X02HTフリーズ。

またやってしもうた(泣)

以前、SL-C1000のKino2で動画再生し、サスペンドさせているときに、Kino2を終了させずにSDカードを抜いてしまってフリーズさせたことがあります。

http://vedran-f.cocolog-nifty.com/blog/2007/05/sdt_t_3920.html

悲劇再び。X02HTでCorePlayerがバックグラウンドで待機していることを忘れたまま、ちょっと大きめのファイルをmicroSDカードにコピーしようと、カードを抜いてしまったのでした(悲)

ごめんなさい>X02HT様

当然フリーズ。久しぶりにシリコンカバーを取り外し、美しいブラックボディと再会を果たした後、裏蓋をあけて、電池をぬき、再起動させました。

はあ、それにしてもこの不注意ってなんとかならんものでしょうかねえ。「カードの抜き差しには気をつけよう」というメモをX02HTに書いておいても、抜いたときには気付くわけないし。microSDカードのカバー部分に「抜き差し注意」などとシールでも貼りたいところだけど、ちょっとスペース小さすぎ。とりあえず、このブログに不注意の覚え書きを蓄積しておけば、少しはカイゼンするかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PTM-BHP4SとX02HT

さて、iPod touchでは撃沈したPTM-BHP4Sですが、X02HTのヘッドセットとして普通に使えています。ただ、いくつか困った点も。

まずは、良かった点。

  • 好きなイヤホン、ヘッドホンを取り付けられる。
  • CorePlayerやプリインストールされているオーディオプレーヤーをリモート操作(再生、停止、巻き戻し、早送り、音量調整)できる。

これはなかなか便利。一方困った点。

  • 一度接続を切ると、次回に使う際に、いちいちBluetoothの設定をやり直さなければならない(私の環境だけかなあ?)。
  • CorePlayerの動画とヘッドセットに届く音声がずれる。

これらはちょっと、面倒。音声の遅延は、音楽ファイルの再生には何も問題ありませんが、動画を観たいときには問題ありです。とくに、TOZAWA先生や7down8upperといった「音ハメ」のすばらしいダンスを再生していても、すべて規則的に「音ずれ」が起きてしまいます(悲)
というわけで、動画再生時には使わないのが無難だなと思いました。

ところで、X02HTにインストールしてあるCorePlayerなのですが、初期化後に再設定してからとても快適動作しています。再設定以前の環境では、なぜか巻き戻しができなかったり、TCPMPで再生できるのにCorePlayerで再生できないファイルがあったりと、挙動不審でした。これが、今の環境では全く問題なしです。一から設定し直してよかったです。

 

PTM-BHP4S_X02HT_01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PTM-BHP4はiPod touchで使えませんでした。

もしかして、iPod touchで使えるかも、と淡い期待を抱き、PrincetonのPTM-BHP4を装着するも、あえなく撃沈。残念でした。Bluetoothでワイヤレス化したかったのに、、、

初めてドックコネクタにアダプタを付けた瞬間、青ランプが点灯したので、いけるかなと思ったのですが、その後、うんともすんとも言わずでした。

Princeton ドックコネクタタイプiPod用BTヘッドフォンアダプタ シルバー PTM-BHP4SV CE Princeton ドックコネクタタイプiPod用BTヘッドフォンアダプタ シルバー PTM-BHP4SV

販売元:プリンストンテクノロジー
発売日:2006/12/10
Amazon.co.jpで詳細を確認する

そもそもメーカーのページの対応機種一覧ではiPod touchは「検証中」となっていたので、まあ、つかえなくてもしかたがないかなと思っていました。iPod touchでだめでも、nanoでは使えますし、また、ヘッドセット部は、好きなイヤホンを取り付けて使えるので、X02HTや自宅のPCで使ってもいいだろうと思っていました。

そんなわけで、iPod touch撃沈を確認後、MacBookとペアリング!とやってみたのですが、エラー。なんと、MacOSではA2DP使えないみたい。知らなかった(涙)

なお、X02HTとPCでは普通に使えました(以下続く)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

X02HTとOutlookとPlaxo 3.0とGoogle Calendar

X02HTでの情報管理をより快適に行うため、PIM情報同期のためのハブとしてPlaxo 3.0の利用を始めました。

基本的に新たな予定、ToDo、ちょっとしたメモはX02HTに入力するようにしています。片手での操作可能なストレート端末ということで、Tungsten Cを利用していた頃のようにこまめにPDAにデータを入力しています。
PCを起動していてもX02HTは常に手元に置いてあるので、PIM関連はほとんどすべてX02HTに入力しています。PC上で重い処理を行っている最中に、OUTLOOK2002をわざわざ起動するのは大変ですので。
新たな予定や期限のはっきりしているToDoはOffisnailDateと仕事に入力しています。ちょっとした付箋紙に書くようなメモ書きや期限が不明確だが、やるべき場所ははっきりしているようなToDo(たとえば、今度本屋に立ち寄ったら○○を探すなど)はtTakanaに入力しています。

このX02HTのP予定データを、うちの奥様と共有中のGoogle Calendarと同期するため、これまではGooSyncなどを利用していたのですが、X02HT上のデータは、PrincetonのBluetoothアダプタを付けたLet's note CF-W2Bと随時、Bluetooth経由のActiveSyncで同期しています。PCでのOutlook2002をX02HTの予定データと同期し、デジタルのバックアップを兼ねています(予定は手書きで手帳にバックアップしてあります)。オフラインの環境ではやはりローカルに保存されたOutlookの予定を参照できる方が何かと便利でした。これまでOutlookを避けてきた大きな理由は、ActiveSyncによるPDAとの同期が不安定で、頻繁にPDAを初期化する必要があったからでした。しかし、X02HTとLet's note CF-W2Bとの同期はいまのところ実に安定していますので、安心してOutlookを使おうという気になっています。

そういった経緯から、X02HTとPC上のOutlook2002とGoogle Calendarをすべて、できれば簡単な方法で同期したいと考え、Plaxo 3.0を利用することにしました。

実際の運用は、こんな感じです。

  • Plaxo 3.0に同期ポイントとして、Outlook2002とGoogle Calendarを登録。Outlook 2002にはPlaxoと同期するためのプラグインがインストールされる。
  • X02HTとPC上のOutlook2002はBluetooth経由でActiveSyncによって同期する。
  • Outlook 2002に追加された「Plaxo」ボタンから「詳細>同期する」を選ぶと、Outlookの予定データ(設定により、連絡先、メモも同期できる)がPlaxoのカレンダーと同期される。
  • しばらく待っていると、Google CalendarとPlaxoのカレンダーデータが同期される。

つまり、

  • X02HTとPC上のOutlook2002はActiveSyncで同期できる
  • Plaxoは、Outlook2002とGoogle Calendarと同期できる

ので、結果的に、X02HTとOutlook2002とGoogle Calendarの3者が同期されるという訳です。X02HTとPCの同期はBluetoothのおかげで、手軽に、こまめに行っています。今回新たに、

  • PCでの作業が一段落し、インターネットにアクセスできる環境にあるときに、Outlook2002上を起動し、「Plaxoとの同期」を実行する

という一手間さえかければ、うちの奥様とGoogle Calendarでお互いの予定を参照しあえるようになりました。

さらにやろうと思えば、同期ポイントにMacBookのiCalを追加できます。iCalのカレンダーの印刷は美しいので、予定表のバックアップ用に印刷したいときは、iCalをつかいますが、いまのところ、iCalでは新規予定などを入力しませんので、同期は不要と考えています。印刷したいときは、Google CalendarのデータをiCalで直接読み込んでいます。現在、ジム内動画鑑賞専用機として活躍中のiPod touchのカスタマイズをし始めてしまうと、iCalもPlaxoの同期ポイントに追加することになるんだろうなあ、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

突飛な質問に即答して以来、、、

うちの奥様は、たびたび、突飛な(本人にとってはちゃんと脈略があるらしいのですが)質問を私に浴びせてくれます。

その中の一つ。
「じゃあ(←この”じゃあ”の意味がしばしば不明)、プロレスラーになったとしたら、リング入場時に流すテーマ曲は何にするの?」

この質問に
「Judas PriestのPainkillerだよ。」

と即答してしまったために、それ以来、どんな突飛な質問にも答えられる人間かのように、勘違いされています。

Painkiller Music Painkiller

アーティスト:Judas Priest
販売元:Sony
発売日:2002/03/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Vine Serverを入れたMacBookを、RealVNCを入れたLet's noteから操作する設定のメモ。

iPod touchに流し込む動画データのエンコードは、我が家で最速の情報機器、初代MacBookで行っています。ほとんどの作業をCF-W2Bで行っているので、CF-W2Bで作業中に、MacBookにエンコードやYouTube動画のダウンロード、エンコードの指令をだすために、わざわざMacBookのキーボードに持ち帰るのは面倒です。

そこで、MacBookにはVine Server 2.2(以前はOSXvncという名前だったみたい)をインストールし、サーバーを起動し、CF-W2BにはRealVNCをインストールしVNCビューワを起動。MacBookで起動してあるサーバーに表示されたIPアドレスをWindows側にVNCビューワに入力し、設定したパスワードを入力すれば、CF-W2Bの中にMacBookの画面が現れます。

とっても狭い我が自宅では、リモート操作をするMacBookも、手に届くところにありますが(こたつ机の手前がCF-W2B、奥がMacBook)、こんなにそばにあってもリモート操作すると、実に便利ですね。

気をつけないといけないのは、キーボード操作。たとえば、コピー&ペースト。WindowsではCtrl+C/Vですが、MacではCommand+C/V。これは、Windows側のRealVNCでAlt+C/Vと入力することで、MacBookにコピー&ペーストの命令を送ることができるみたいです。また、どうもMac側ではキーボードが英語キーボードとして認識されているみたい。ここらへんの微調整はこれから。

このあたり、うまくエミュレートするソフトもあると思いますが、とりあえず、今日は時間切れ。このままでしばらく使ってみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログパーツのリラックマさんの名言。

当ブログをPCでご覧になっている方はお気づきかもしれませんが、右サイドに表示されているリラックマのブログーパーツのリラックマさんをクリックすると、一言話しかけてくれます。
この一言は、ブログの記事のキーワードを使っているので、私自身、ついついクリックしてしまいます。

先日、そのリラックマさんの発した言葉が
「ベースはのんびりですか?」

Arch Enemyのスピード感あふれるリズム隊に関して触れた記事中の「ベース」に反応してくれたようです。リラックマさんにかかれば、Heavy Metalものんびりなんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シリコンケースを着せたiPod touchで、走りました。

やっとまちにまったiPod touch用シリコンケースをげっつ。

Rix iPod touch用シリコンケース 液晶保護シート付 ホワイト RX-IPS1GTOW CE Rix iPod touch用シリコンケース 液晶保護シート付 ホワイト RX-IPS1GTOW

販売元:リックス

発売日:2007/10/10
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

これで安心して、ジムで走れる!ということで、早速走りました。ジムのランニング用マシン(ルームランナー?)の操作パネルの上に、シリコンケースを装着したiPod touchをおき、インコアをさして、動画再生しながら快適ランニング!のはずでしたが、いくつか問題点発生。

ランニング用マシンに乗せたiPod touchの位置が下気味なので、すこし下を向いた姿勢で走ることになり、首が痛くなりました。これは、ちょっとパネルから離れた、引き気味の位置で走ることで解決。
iPod touchの大画面でも、字幕はとてもじゃないけど小さすぎて読めませんでした。ということで、iPod touch用のエンコード時は、いっそのこと字幕無しでいいかも。
あと、パネルから引き気味の位置でイヤホン(=インコア)を使っていると、イヤホンのケーブルが気になりますね。ううむ。これは、なんらかのワイヤレスなリモコンを用意するか???と検討中。

ランニング中は、先日手持ちのTOZAWA先生のDVDを変換したものをじっくり見ました。ゆっくりのペースで、40分走って、5.5kmでした。DVDが39分なので、はじめから最後まで観賞できました。

↓ジム内撮影禁止なので、自宅での我がiPod touchの図。

ipodtouch_case_01

ランニング中は、上記のいくつかのちょっとした問題がありましたが、一方でストレッチ中は、実に快適でした。じーっくりとストレッチを行いながら、YouTubeでダウンロードした、ゲームの神業クリアシーンを観て楽しんでいました。むしろ、動画をのんびり観ながら、ついでにすとれっちもできたという感じ。

なお、私の観ていたクリアシーンは、こちら。大好きなMarty Friedmanの超絶技巧ギター炸裂の名曲、MEGADETHのHangar18をXboxのゲームで楽しめるんですね。知らなかったです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

女性ボーカルな一日。

仕事場には3世代目のiPod(20GB)を常設しています。バッテリーが消耗しているのでACアダプタに繋ぎっぱなしです。そのiPodで聴いた曲たちのメモ。
先日、Erch Enemyの女性ボーカルAngelaに圧倒されてしまったので、今日のBGMは、Heavyな女性ボーカル。

まず、EvanescenceのFallen。独特の雰囲気がありますね。万人向けかな。

フォールン フォールン

アーティスト:エヴァネッセンス
販売元:ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
発売日:2003/08/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Lacuna Coilはなんといっても一曲目のSwampedが大好きです。このCDをゲットしてiPodに取り込んでから1週間は、Swampedだけをひたすらリピート再生していました。

Comalies Music Comalies

アーティスト:Lacuna Coil
販売元:Century Media
発売日:2002/10/29
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Arch EnemyのAnthems of Rebellionは、We Will Riseをはじめ秀作ぞろい。ギターのリフもかっこいいし、ベースとドラムの刻むリズムもかっこいい。なにより、ボーカルがかっこいい!

ANTHEMS OF REBELLION Music ANTHEMS OF REBELLION

販売元:トイズファクトリー
発売日:2003/07/30
Amazon.co.jpで詳細を確認する


仕上げは(?)Arch EnemyにAngelaが加入した第1弾、Wage of Sin。冒頭のEnemy Withinは何度聴いてもすごい迫力。これまで聴いたことのあるデス声は重厚なのがほとんどだったけど(といってもそんなにたくさん聴いた訳ではないですけど、Lee Dorianなんて、もうどうしようもないくらい重厚だった)、Angelaの声はとても魅力ある、美しきデス声。重すぎず、それでいて迫力のある声がすきです。このPVを観て、速攻CDをゲットした当時を思い出します。

WAGE OF SIN Music WAGE OF SIN

販売元:トイズファクトリー
発売日:2001/04/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する


| | コメント (0) | トラックバック (2)

X02HT中心の生活(2007年10月22日版)

素敵なソフトたちのおかげで、X02HT中心のメモとり生活を送っています。現在のX02HTの活躍ぶりは、こんな感じです。

まずは、一日の中でもかなり重要な位置を占める予定管理と記録の運用方法です。

■起床時 pTravelAlarmのアラームでお目覚め。
一応アナログの目覚まし時計も併用中ですが、これまでアラームが鳴らなかったことはありません。Nokiaの804NKではなにも心配することなく、安心して804NKのアラームを使っていましたが(しかもかなりの大音量でした)、X01HTを使ってからは、WMの目覚ましは信用ならないと感じていました。X02HTの目覚ましは、マナーモードであっても、ちゃんと鳴ってくれます。

■こまめに、tTakanaでメモのチェック。
tTakanaのカテゴリには、「In, 習慣, home, 仕事場1, 仕事場2,Blog, 本・CD・DVD (購入予定)
, Someday/Maybe」などを設定しています(実際には省スペースのために、「仕1」など略記しています)。特に、「習慣」カテゴリには、習慣づけたい項目のメモがありますので、寝起きには、まずこのメモを眺めることにしています。現在の「習慣」には、

  • 深い呼吸を心がける。
  • 食前にバナナ酢を飲む。
  • 水分補給を多めに。
  • 頭が混乱したら、とりあえずノートに丸写ししてみる。

といったことが書いてあります。人の話をお聞きして、これはぜひ習慣化したいと思ったら、さっとtTakanaでメモというのがとても気に入っています。あ、もちろん、みなさんのブログを拝見して、ふつふつと、とめどなくわきでる物欲のメモは、「Somday/Maybe」にしっかりとメモしてあります。これを起床時にチェックするのは危険なので、このカテゴリは現実逃避モードのときに参照します(^_^;
外出先で発生した、帰宅時にやるべきこと、たとえば、

  • コレトのリフィル補充
  • 万年筆のインク吸入

といったことは、電車内で「home」にメモしておき、帰宅時にそのメモを見返すことにしています。tTakanaの軽快さがお気に入りです。

■食事記録にはPapeCale
とにかく放っておいたら、甘いモノを際限なく食べてしまうほどの甘党の私。間食にある程度の歯止めをかけるべく、PapeCaleには食べたものと摂取カロリーの概算(有効数字2桁)、体重と体脂肪の記録をつけています。PapeCaleには1日あたりのメモに文字制限があります。この文字制限のおかげで、ついついだらだらとなりがちな余計なメモを書かず、数値と食品名と摂取時刻を淡々と書き込むくせがついています。2004年と2005年はシステム手帳に、2006年と2007年の上半期はほぼ日手帳に記録していました。それ以前は、つけたりつけなかったり。

■予定管理と行動記録にはOffisnailDate
Offisnailの実に練られたUIのおかげで、左手のみで手軽に新規予定を記入できますし、やり終えた予定のメモに作業内容の補足メモも手軽に入力できます。Let's note CF-W2BのOutlook 2002と同期し、Outlookの予定データは定期的にtxtデータに出力しています。また、Outlookの「予定表の詳細スタイル」で1日1ページでPDFに出力しているので、1日の行動記録がPDFとして残ります。これまでは、ほぼ日手帳に書いてみたり、A5ルーズリースに書いてみたり、MOLESKINEに書いてみたり、、、とまあいろんな手帳やノートを試しました。きっとそのうち気が変わって手帳やノートに手書きすることになると思いますが、今回はSigmarion 2のPWZを使って何でもかんでもテキストに記録していた頃、Tungsten CののえるとPalm Desktopに記録していた頃に続き、久しぶりにX02HTでデジタルな行動記録をとりたい気分になっています。
なお、新規予定は、バックアップのために、尻ポケットに忍ばせてあるSystem Diaryの自作リフィル(見開き4週間)に手書きで同期させています。
SL-C750/1000を中心にメモとりをしていた最近は、極力Outlookを使わず、予定管理は手書きにしていましたが、X02HTによって状況が一転しています。

■期日がはっきりとしているタスクは仕事かOffisnailDateに。
FacadeによってToday画面には予定と仕事が表示されています。期日がはっきりしないタスクやメモはtTakanaに走り書きし、こまめにチェック。期日がはっきりしていたり、常にToday画面に目立たせたいタスクは、仕事かOffisnailDateに入力しています。
工数の多い作業が発生した場合は、全貌がつかめるようにルーズリーフに書いて、クリアフォルダにいれて持ち歩いていますが、主要なタスクは仕事やOffisnalに入力しています。

 

その他にも、とても便利なソフトたちに助けられています。

■辞書検索にはpDice。pDiceでは引けない語句は、SL-C1000で引きますが、手元にSL-C1000がないときには、tTakanaの「In」に後で調べるべき語句をメモしておきます。

■過去のメモ参照には、KoedaEBtWM6 for X02HT
CF-W2B上の秀丸やxyzzyで、ある程度参照頻度の高いメモを抽出し、整理したものをたまに参照しています。

ここには書ききれませんでしたが、X02HT初期化。インストールしたソフトと設定の覚え書きに挙げたソフトに巡り会えたおかげで、上記の運用を快適に行うことができております。開発者の方々、運用方法を公開してくださっている方々、本当にありがとうございます!!!!!

LifeWithX02HT

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2GBのmicroSDをX02HTへ

X01HTで利用していた2GBのmicroSDカードをX02HTで使うことにしました。

X02HTではEPWING辞書検索ソフトが現時点では未対応のため、900MBほどあるEPWING辞書データを利用しないことから、1GBのmicroSDをX02HTで利用し、2GBのmicroSDはX01HTからX01HTで利用していました。
ところが、最近は、X02HTとSL-C1000を持ち歩き、EPWING辞書を利用したいときは、SL-C1000のZtenvを使います。そこで、X02HTで2GBのmicroSDを使い、空き容量を有効利用することにしました。

新たにX02HTに差した2GBのmicroSDにはPDIC形式に変換した英辞郎のデータ、EBtフォルダ、ダンスの動画ファイル(各90秒程度)が4つ、各種バックアップデータのみが入っているだけで、EPWINGのデータが入っていないことから現時点で1.5GBも空きがあります。長めの動画ファイルはiPod touchで観ることにしたことも、この空き容量が確保できた大きな理由です。

そこで、常時財布に入れて持ち歩いていたUSBメモリを持ち運ぶことはやめ、代わりに、microSD専用のUSBカードリーダーを財布に入れて持ち運びます。

これまでUSBメモリ(2GB)を持ち運んでいた主な理由は、

  • MacOSXで構築された仕事場のネットワークに、Let's note CF-W2Bを持ち込んで作業するさいに、たまにWindows XPからMacの共有フォルダにアクセスできなくなることがあり、仕事場のスキャナーで取り込んだデータを移動する際に、USBメモリに一旦コピーする
  • 現在作業中のPCがクラッシュしても別のPCで作業を続行できるように、データを定期的にバックアップする

でした。これを、今回、

  • microSD+USBカードリーダーでUSBメモリ代わりに使う
  • 作業中のPC上のデータ(txt,pdf,pptなど)をBluetooth経由でX02HTのStorage Cardフォルダ(つまりmicroSDカード)にバックアップする

としました。X01HTと違ってX02HTはmicroSDカードを差すところにカバーが付いているのも気に入っています。X01HTのようにカードが丸見えの状態では、そこをデータのバックアップ先にする気になりませんでした(そもそもバックアップするには十分な空き容量がありませんでしたが)。実際、何度かカードが飛び出してしまうことがありました。

財布にUSBメモリを入れていたときは、万が一USBメモリを破壊しないように、財布を尻ポケットにいれないように心がけていましたが、今度は、カードリーダーなので、あまり神経質にならずに、尻ポケットに入れてしまうかも。ちょっとばかり気楽な運用ができそうです。

代わりに、microSDの抜き差しの際に、Storage Card内のファイルをX02HT本体で利用していないかを慎重にチェックしないといけませんね。以前、SL-C1000で痛い目に遭っていますので。

X02HTは大容量のカードにも対応しているみたいですので、今回の運用が快適に継続できたら、そのうち大容量のカードに買い換えようと思っています。

バッファローコクヨサプライ BUFFALO 単品カードリーダー MicroSDメディア対応 ブラック MCRMSDU2BK2A バッファローコクヨサプライ BUFFALO 単品カードリーダー MicroSDメディア対応 ブラック MCRMSDU2BK2A

販売元:バッファローコクヨサプライ
発売日:2007/08/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (2)

Arch Enemyのデス声にあらためて圧倒されたメモ。

伊藤政則のRock CityArch Enemyのインタビューのあと、Revolution BeginsのPVが放送されていました。

ボーカルのAngelaの普段の声を初めて聞いて、普通の(??)女性の声だったことにびっくり(デス声でのどをつぶしてしまったという話を聞いたことがあるので)。そのインタビュー後のPVでのAngelaのデス声にまたしてもびっくり。いつもiPodに入れて聴いているArch Enemyですが、こうして映像で観ると、見かけと実際の声のギャップにとにかく圧倒されました。



Rise of the Tyrant Music Rise of the Tyrant

アーティスト:Arch Enemy

販売元:Cma

発売日:2007/09/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MacとWindowsネットワーク連携の覚え書き

Windows XPからMacBookへLANでアクセスするには、

Macの「システム環境設定>共有>Windows 共有」にチェックする。
これにより、MacBookのIPアドレスがたとえば192.168.11.11の場合、Windowsからは、「\\192.168.11.11\username」によってアクセスできる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ペース配分を誤った結果(涙)

ローソンのリラックマキャンペーンで、リラックマグッズをげっとするために、「とっておき宣言」なる菓子パンをせっせと食べ続けようとしたのですが、、、途中で大失速。

結果、うちの奥様が一番ほしがっていた、第3週目のミニボックスは全3種を集められず。なんで、集める必要のなかった第1週目のティッシュボックスを全3種集めてしまったんだろう(悲)

↓なぜかコリラックマのティッシュの上にキイロイトリのミニボックスを載せて撮影していまっていることに、今気づいた。かなり疲れているみたいです、、、

Rirakkuma_sissoku_01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MacBookをiPod touchの母艦に設定。

iPod touch購入以来、しばらくはLet's note CF-W2B上のiTunesと動機していたのですが、MacBookをiPod touchの母艦として利用することにしました。

手持ちのDVDをHandBakeでiPod touch用に変換するのも、我が家で現在最も処理能力の高い初代MacBookを使う方がよいですし、すでに4年使っているCF-W2Bでは動画のエン コードもちろん、iTunesとiPod touchの同期のような負荷ですらあまりかけたくないとも考えました。

我が家のMacBook(初代)のHDDは60GBしかなく、SATAのHDDが充分安くなってから換装しようと思いながらも、そのままほったらかしにしていましたので、もう残り6GBしかありません。今月はもうすでにHDD購入資金不足なので、一時しのぎですが、外付けのHDDにiTunesのデータを移動して、MacBook上のiTunesのライブラリ保存先を、この外付けHDDに設定。iPod touchはMacBookにつないで、外付けHDD内のライブラリと同期することにしました。

で、早速、尊敬するTOZAWA先生の初DVD「TOWAZA」(直筆サイン入り!!)をiPod touchに取り込みました。あまり深く考えず、HandBrakeにプリセットされているiPod Low Rezでエンコード。3.9GBのデータが240MBほどになりました。
TOZAWA先生の美しいダンスが 大きい画面で滑らかに再生されるというのはなんとも気分がよいです。

TOZAWA DVD TOZAWA

販売元:ビデオメーカー
発売日:2006/12/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

最後に、うっかりしたことの覚え書き。MacBookをサスペンド状態にしたまま、外付けのHDDをアンマウントするまえに、MacBookだけでなく外付けHDDも一緒に電源を切ってしまったのでMacにおこられました(汗)
不注意の固まりのような私には、やはり外付けHDDの利用は危険だなあと痛感。気をつけよっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無線LAN設定切り替えのためのバッチファイル作成手順(Windows XP用)

複数の環境で無線LAN設定を切り替えるための手順の覚え書き(私自身がこの手順を忘れかけた頃に、うちの奥様に必要になったので、忘れないうちにメモ)。

無線LANの設定(TCP/IP)ができている状態で、以下の手順でバッチファイルを作る。

  • コマンドプロンプトで
    netsh interface dump > c:\dokoka\settei.txt
    によって、現在のTCP/IPのプロパティをc:\dokoka\settei.txtに書き出す。
  • 「netsh exec c:\dokoka\settei.txt」と記述したテキストファイルを作成し、拡張子 *.batで保存。
  • このバッチファイル(拡張子が.batのファイルのこと)をダブルクリックすれば、c:\dokoka\settei.txtに書かれた設定に変更される。デスクトップなどに置いておくと良いでしょう。
  • 以上の手順で各環境(自宅、仕事場)ごとにバッチファイルを作っておく。
  • このバッチファイルの先頭2行に、たとえば
    @echo お帰りなさい。今、自宅の設定に切り替えてるので、ちょっと待っててね。
    @echo off
    などと書いておけば、すこし心が和む。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Leopard素敵!たまにはMac雑感。

ついにLeopard登場なのですね!すてきすぎる!とくに、FinderでCover Flowのようにファイル操作でき、Quick Lookでプレビュー。ますます目的のファイルにたどり着きやすくなりそうですね!

http://www.apple.com/jp/macosx/

また、PIM関係でも、MailからiCalと連動するTo Doが作成できるというのも良さそう。最近のAppleはHTMLメールを推奨する方向なのですかね?使っていて楽しくなるようなデザインが用意されているようですね。
HTMLといえば、学部生のとき(つまりWindows使いはじめの頃)に、Outlook Expressのデフォルトの設定(まさかHTMLがデフォルトとは知らなかったので)のままある教官に連絡のメールを送ったら、HTMLメールで送ってくるなんて、なんという非常識!、とこっぴどくしかられたことを思い出します(もうちょっと優しく伝えてくれてもいいんでは、、、と思ったりしましたが)。その日以来、秀丸メール(当時は鶴亀メール)に乗り換えました。最近は、HTMLメールは非常識ってことにならないのかな?

というわけで(?)、たまには、Macについての雑感、ただの物欲話です。

ずっとWindowsユーザーだった私は、OSXが登場してからかならずMac買うぞと思い続けながらも、CPUがIntelになったらMac上でびゅんびゅんWindowsが動くだろうに、、、と思って躊躇しながら、初代MacBookが発表された直後に速攻購入したのでした(一文が長すぎ。主述もめちゃくちゃ)。とくに、知人がParellels上でWindows2000を起動しているのを見て、その起動速度にびっくり。
これでもう、「WindowsPCのパーティションを切って、Vine Linux入れてみたり、FedoraCore入れてみたり、そのたびに、設定に疲弊し、実際のLinux運用までに燃え尽きてしまい、しかもDualBootするより、Unixのヘビーユーザーでもない私には、バージョンアップしたCygwinを使った方が合っているんじゃないかと結局Linuxは使わずじまいだったり、格安でデスクトップ購入したPCにLinuxを入れ、Let's note CF-W2BからはVNCを使ってリモート操作してみたりなどしたけど、それじゃあ、出先で作業がつづけられなし、、、などといういまいちな気分」も、MacBookで解消じゃん!と思ったものでした(一応括弧つけましたがまたもや一文が長すぎ。ひどい文だ)。
実際、MacBookは想像を遙かに超えて、すごかった。Spotlightを使えば、Unix系のソフトを入れる際にも設定ファイルがどこにあるかがすぐに分かるし、スマートフォルダを使えばかなり適当な場所にファイルを置いても見つけやすいし。いざとなれば、Parallelsのコヒーレントモードで秀丸を使えるし、TerminalからはUnixのツールが使えるし。プリインストールされていたiLife '06も秀逸で、ちょうどうちの奥様のある要件で、90秒程度のBGMを用意しなければならなくなったときに、作曲、編曲なんでドシロウトの私が、GarageBandを起動して数時間後には、それっぽいモノを形にすることができ、なんてすごいソフト!!と感心したこともあります。
MacBookが1.2kg程度に軽量化されることがあれば、完全にLet's noteの出番はなくなります(=そうなることはすぐにはなさそうなので、MacBookとの併用が続きそうです)。

そういえばiLife '08では、PanasonicのSDムービーカメラ、SDR-S200のファイル形式に対応していて、楽々取り込めるらしいですね。そのうち、MacBookのHDDを大容量に取り替え、LeopardとiLife '08にバージョンアップしたいなあ、、、と思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

X02HT初期化。インストールしたソフトと設定の覚え書き

左ソフトキーが利かなくなった上、フリーズ。やはりX02HTを初期化することに決定しました。以下はインストールしたソフトと設定の覚え書きです。

■X02HT初期化(工場出荷時に戻す)

  • 左右ソフトキー+電源ボタン

■PCの準備

  • Outlook2002, ActiveSync4.5インストール済み
  • X02HTと同期していたフォルダのバックアップ(うっかり上書きされないように念のため)
  • Bluetoothの設定 (Princeton Bluetooth USB Adapter PTM-UBT3S)

■X02HTにインストールしたソフト一覧(すべて本体にインストール)作者の皆様に大感謝ですm(_ _)m

■StdLinkによって割り当てたキー

  • カメラボタン短押し EasyClip
  • マナーボタン短押し KTPocketLaunch2

■ネットワーク設定(無線LANのみInternetに接続。3G接続はMMSのみ)
Internet Explorer >メニュー>ツール>オプション>接続>ネットワークの選択>社内ネットワーク

■Word/Excel Mobileで新規作成するために空のファイルをMy Documentsにコピーしておく。

■Sprite Backupでフルバックアップ

■後の祭り=反省点

X02HTのApplicationDataフォルダ内の設定ファイルをバックアップし忘れていた(涙)
まあ、設定し直せばいいだけなのですがね、、、次回は気をつけよっと。

■今後

  • EasyClipの定型文、クリップボード履歴などのカスタマイズ
  • FacadeのSetting
  • StdLinkによるキー割り当ての検討

| | コメント (0) | トラックバック (1)

tTakanaで「モバイラーの重い鞄」をちょっとでも軽く!?

すき間時間の有効活用のためにPDAをはじめとする小さな情報機器を持ちあるいていると、知らないうちに、あれもこれもと鞄に詰め込んで、重たくなってしまう「モバイラーの重い鞄」。

これを少しでもカイゼンすべく、鞄に入れた持ち物リストを書き出し、実際に使ったもの、使わなかったものをチェックしています。毎日チェックしているのではなく、やるべきプロジェクト内容が変わるなど、自分にとって、持ち物の最適化が必要かなと思う期間に集中して記録します。そのログを眺め、場面ごとにそれなりに納得のいく持ち物構成パターンが固まってきたら、ログとりはやめちゃいます。

これまではHandy Pickやロルバーンなどのちいさなメモに書き込んでいたのですが、やはり、この手のログって、デジタル化していると、あのときどうだったかなあ、、、とふと見返したいときに、見返せますよね。ちいさなメモ帳たちも、自宅に帰れば、一カ所に(雑然と)おいてあるのですぐに見つかるのですが、X02HTは常時携帯していますし、さらにはLet's note CF-W2BかSL-C1000のどちかかはたいていもっているので、そこにログが入っていると便利。で、この用途になにか良い「チェックリスト+テキストメモソフト」がないか探していたのです。そこで、ユーザー数の多いW-ZERO3用にきっとすてきなソフトがあるに違いないとあたりをつけて、たどり着いたのがげんごろうさんのサイトでした(前置き長っ!)。

tTakanaで「使ったものチェック」というカテゴリを作り、持ち歩いた物を項目に追加し、使った物、使わなかった物をチェックありなりで記録。日付入りのファイル名で保存し、ActiveSyncでCF-W2Bに保存することにしました。
持ち物チェックしながら、ふと浮かぶアイデアのメモもおなじtTakanaで手軽に記録できます。なんだかこのtTakanaのおかげで、小さなメモ帳の走り書きの頻度が激減し、X02HTの魅力がかなりUPしました。げんごろうさん、すてきなソフトをありがとうございますm(_ _)m

image

| | コメント (0) | トラックバック (0)

tTakanaを付箋紙として、PapeCaleを日記帳として活用中。

この1週間、X02HTで利用頻度急上昇中のソフトは、tTakanaとPapeCaleでした。 

W-ZERO3一本化計画 にてげんごろうさんが公開されているテキストベースのとても便利なソフトです。げんごろうさん、ありがとうございますm(_ _)m 

tTakana(ったかな)では、これまで付箋紙やHandy Pickなど小さなメモ帳などに走り書きをしていた、せいぜい数十字程度のメモをちょこちょこ入力しています。タブ形式でカテゴリ分類できるので、GTDっぽく、とりあえずは「In」というカテゴリに放り込んでおき、あとで、複数選択したメモを他のカテゴリに移動したり、その場で削除したりしています。

image

tTakanaに入力したメモは、*.tknというファイルに保存されますが、これはunicodeで書かれたシンプルなテキストファイルなので、ActiveSyncでLet's note CF-W2Bにコピーされたファイルを秀丸などで簡単に加工できます。各項目はカンマ区切りなのでExcelで開くとすっきりしたレイアウトで全体を見渡すこともできます。 

また、とにかく操作がしやすいように気配りがなされています。
「編集、削除、コピー、他カテゴリへコピー」という操作が、選択項目、チェック項目、全項目に対してそれぞれ行えるという点が特に気に入っています。 

image

image

各カテゴリごとに項目をソートできるので、メモの先頭にa, b, c などと書いておいて、項目を優先順に並べたり、グループ分けしています。
このtTakana用ファイル(*.tkn)はいくつでも作成できるので、日付ごとにファイルを保存し、ログを残すこともできます。 

PapeCaleでは、かつてTungstenCで利用していた日記帳ソフト「のえる」で行っていたように、ちょっとした日記をつけることにしています。W-ZERO3のように高解像度の画面でしかもReal VGA化などできるものだったら、予定管理もこのPapeCaleで行いたいと思ったほど。限られたX02HTの画面では月間表示だけではちょっと辛いので、日記帳として利用することにしました。シンプルなテキスト形式で記録できる、軽快動作の日記帳ソフトを探していたので、うれしいです。テキストファイルに日々のデータが記録されていくので、これまたCF-W2Bで検索したり参照したりするのが簡単です。すばらしい! 

image

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「howmで長文メモ取り」と「Ztenvで辞書引き」がSL-C1000の二大用途になっています。

X02HTを購入してからSL-C1000の利用方法が自分なりにシンプルで明確になりました。

現在SL-C1000では主に

  • Calendarボタンにterminalを割り当て、常にEmacsを起動。howmで長文メモとり(1日1ファイル。なお、howmのToDoや予定管理機能は一切使っていません)。
  • AddressボタンにZtenvを割り当て、EPWING辞書検索。

ほぼこの2点に絞って利用しています。もちろんこの2項目を快適に利用するために、すでに私自身カスタマイズ方法を忘れてしまった数々の便利ソフトを利用させていただいておりますm(_ _)m

章仁さんの記事 Zaurusは用途限定機として活躍中 にも通じるところがあるのですが、私も、Let's note CF-W2Bを持ち出すまでもないときに、機能限定PCとしてSL-C1000を持ち歩くようにしています。

思い切ってCalendarボタンをteminalに割り当て、AddressボタンをZtenvに割り当てたのも、予定管理、ToDo管理をX02HTに任せているからです。

ちょっとした英単語の意味調べならX02HTのpDiceで。複数の辞書を串刺し検索したいときには、VGA画面を利用できるSL-C1000のZtenv。ネット上のリソースやBritannicaのような巨大な事典(DVDを仮想化したもの)にアクセスする必要があるときはCF-W2Bの出番です。

断片的なメモは、X02HTでとっています。SL-C1000上では、howmによるgrep検索、自動キーワードリンク(はてなダイアリーのようなリンクが自動生成されます)、メモのソートと連結といった少し凝ったメモ管理と、VGA画面を生かしての長文メモ作成をしています。X02HTでは、せいぜい数十文字の走り書き、SL-C1000ではせいぜい数百字程度のメモ(長文とはいえないかも)、こういったメモたちをCF-W2Bに集約して、xyzzyや秀丸を使って文章に仕上げています。

以前はPowerPointで作成したスライドをJPEGで書き出して、SL-C1000で閲覧することもありましたが、現在は、元のファイルのまま、X02HTで閲覧しています。ちょっとしたPDFもX02HTで見ることにしました(もっとも、PDFは印刷して見るか、マルチディスプレイ上で見ますが)。jpeg,ppt,pdfなどの確認は、常にポケットに入れて持ち歩いているX02HTでおこないます。

やはりカフェや移動中の座席に座っているときに、VGA画面を生かしての長文のメモとりと加工、辞書・事典の検索というの現在の私にあったSL-C1000利用法かなと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

X02HT初期化へのカウントダウンかな?

たくさんの秀逸なツール、たくさんのすばらしい使いこなし情報を参考にさせていただいたおかげで、X02HTでやりたいことがはっきりしてきた今日この頃。
さすがにホーム画面で左ソフトキーがふと応答しなくなったりと挙動不審の兆候が現れ始めた私のX02HT。そろそろ初期化したほうがよいのかも。
それにしても、SL-C750/1000の安定性は別格として、これまでPDAを利用してきて、ここまでやりたい放題カスタマイズしながら安定動作しているX02HTはすばらしいと思っています。

そろそろ、シェアウェアはトライアルの期限がくるので、なにをレジストすべきかといった判断をしないといけません。ちょうど初期化にはよい時期かも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JEMSTONEがんばれ!!

敬愛するMacotoさんがバックダンサー&振り付けをなさっているJEMSTONEのデビューシングルを発売日にげっつ!!まだPVを見ていないけれどかっこいい振り付けができたとのこと。早く観たいです!!

11月2日のライブ、行きます!!楽しみ過ぎる!!

Jemstone公式サイト (ポップアップあり。Firefoxでは強制的にウィンドウのサイズが変更されてしまいます、、、この辺、、、いつも開くたびにげんなりしますが、そんなのかんけーなーい!!応援してます!!)

あと、iTunesでiPod touchに取り込もうとしたら、CDトラック名を取得できませんでした(悲)ひさしぶりに、キーボードからぽちぽち入力しましたよ!!

CD、弾けてますね!セクシーですね!R&B,HIPHOP系のサウンド、コーラス隊も、素敵です!がんばれーJemstone!!

Music Diamond of 人生

販売元:NAYUTAWAVE RECORDS
発売日:2007/10/10
Amazon.co.jpで詳細を確認する


Jemstone_diamond_01
 せくしーなジャケット。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

B5サイズのGiuris用紙も購入。

最近お気に入りのGiuris用紙。すでにA5とA4を常用していますが、さらに本日B5サイズも購入しました。

A5サイズ(20穴)は順調に自作超整理手帳カバーに「綴じ具」ではさんで消費中。

A4サイズは主に、中期のToDoたちを書き出して一覧するために利用中。

B5サイズはこれまでLifeの無地を愛用していましたが、今日からはGiuris用紙と併用します。ついこの間までは一日中Let's note CF-W2B上で作業していましたが、しばらくは手書きが増えそうなので、Giuris用紙、重宝しそうです。

giuris_b5_01r

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPod touchに保護フィルム。

Apple Storeでも量販店でも売り切れで入手できなかったiPod touch用保護フィルムをようやくげっつ。液晶面用と背面用のフィルムがそれぞれ2枚ずつ入っていました。

シリコンケースはまだ店頭にはありませんでした。ランニング中のビデオ再生機として使おうと思っているので、シリコンケースがないとちょっと不安。ジムにもっていくのはもう少し先になりそうです。

 

ipodtouch_film_01r

| | コメント (0) | トラックバック (0)

StdLinkで右ソフトキーの割り当て!と現在の設定の覚え書き。

StdLinkで右ソフトキーへのリンク作成が可能になったのですね!Offisnailさんありがとうございますm(_ _)m

http://www.offisnail.info/archives/2007/10/08/stdlink_ver006/

X01HTではレジストリをいじってソフトキーを変更していましたが、X02HTではレジストリを一切変更しないまま、ここまで運用してきました。X02HTについてはセキュリティのアンロックといったことに疎く、レジストリを編集する作業をこれまでやらないでいた私にも手軽に右ソフトキーへのリンク作成ができます!

早速、KTPocketLaunch2を右ソフトキーに割り当てました。KOTETUさんにも重ね重ね感謝m(_ _)m

image

Today画面で右ソフトキーが「KTPocketLaunch2」になりました!

image

この右ソフトキー割り当てに伴って、現在は、

  • 右ソフトキー KTPocketLaunch2
  • マナー短押し SysVolume
  • カメラボタン短押し EasyClip
  • 通話ボタン長押し My Audio Notes

という割り当てになっています。あと、最近知ったのですが(汗)、ホームボタン長押しでタスクマネージャが起動するのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Koeda/EBtWM6 for X02HTで文字サイズ小!

 

Koeda for X02HTとEBtWM6 for X02HTのバージョンアップでで文字サイズが小さくなりました!すばらしい!tnohoさん、ありがとうございますm(_ _)m

しかも、この記事をお昼休憩中にアップしようと思ったらKoedaに暗号機能が実装されている!すごい!今後のバージョンアップがますます楽しみです。

http://d.hatena.ne.jp/tnoho/

 

Koedaは文字サイズ小に固定されています(たぶん)。表示される情報量がUP!

image

EBtWM6 for X02HTでは文字サイズを大小2種類から選択できます。まずは従来の文字サイズ大。

image

 ツール>表示モード>文字サイズ>小とすると、

image

 

文字サイズがちっちゃくなります。

image

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EasyClipで定型文!!と私のメモとり環境。

なんだか、もうすごすぎることが連発でおなかがいっぱいの状態の今日この頃。

[SOFTWARE]EasyClip にて公開されているEasyClipに定型文機能が追加され、早速利用させて頂いちゃいました。KOTETUさんありがとうございますm(_ _)m

この定型文のカスタマイズ方法については、EasyClip に定型文機能が追加! で、素人の私にでもすぐさま利用できるとっても詳しい解説を参考にさせていただきました。aviさんありがとうございますm(_ _)m

X02HTで作成したメモは、Let's note CF-W2Bにあるテキストメモ専用フォルダにコピーします。このテキストメモ専用フォルダの大量のテキストファイルたちは、xyzzyか秀丸のhowmマクロを使って特定のキーワードを含むメモの抽出、ソート、結合などし、参照価値の高いメモをX02HTで持ち運びます。この母艦(CF-W2B)でのhowmマクロによる作業の効率化のために、X02HT上でメモ作成時に、簡単なタグ付け(@Life., @Blog., ...など)をしています。これまでは、X02HTの推測変換辞書にタグたちを追加していたのですが、ちょっと使い勝手が今ひとつ。EasyClipの定型文階層メニューなら、設定ファイルをCF-W2Bの方でさささーっと一括で気軽に編集できますので、とても便利。付けたいタグを頻繁に変更したくなってしまう私には、テキストファイルを編集するだけでカスタマイズできるこのEasyClipの手軽さはとてもありがたいです!!

 

Koeda for X02HTで編集中のテキストに、EasyClipによってタグ付けしているところ。

image 

 

CF-W2B上のxyzzyでhowmマクロの検索風景。「Blog」を含むメモが一覧表示されています。memoX02HT.txtはX02HT上で作成したもの。xyzzyの作者様、howm、Outline-Treeマクロの作者様にも大感謝しておりますm(_ _)m

xyzzy_howm_03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Koeda for X02HT!!

tnohoさんにより、EBtWM6 for X02HTにつづいて、Koeda for X02HTというすごいソフトが公開されました!!
http://d.hatena.ne.jp/tnoho/20071007/1191718256
テキスト形式でメモをとり続けている私には欠かせないソフトです!!
すごすぎる!!
tnohoさん、いつもありがとうございますm(_ _)m

image

これからのバージョンアップがとても楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPod touchでやりたいことの覚え書き

iPod touchのカスタマイズはあまりやらないと思いますが(といいつつ古いiPodにLinuxを入れるなんて記事をみるとわくわくしたりする私)、とりあえずやりたいのは、、、

  • ビデオポッドキャストの番組をとりこむ 
  • スポーツジムのスケジュール表をとりこむ
  • 漫画をScanSnapで取り込み、iPod touchに流し込む
  • PDFをJPEG化してiPod touchに流し込む

くらいかな。まあやりたいことはどんどん増えてくると思いますけど。iPod touch側をどうこうするよりも、iPod touchへデータを流し込みやすいようにPC側の環境を整備したいです。

PDFのJPEG化はいろいろ方法があるみたいなので、これを機にバッチファイルで一括処理みたいなことも勉強しながらやってみたいと思います。

 

Cover Flowを使いたかったので、iTunes Storeのアカウントを取得しました(どんどんAppleの戦略にはまってるなあ。スタバですいすいiTunes Storeにアクセスして、手軽にぽちっとしちゃいますね、きっと)。でも手持ちのMP3データから入手できたアルバムアートワークはちょっとだけでした(悲)

it_06

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPod touchにとりこんだもの

今回厳選して取り込んだのは、

  • andromeda IVシーズン最終話
  • Star Wars III(英語字幕)
  • Heavy Metal/Progressive Metal(Arch Enemy, Lacuna Coil, Dream Theater)
  • 日本人アーティスト(Gackt, Janne Da Arc, Siam Shade、コブクロ)
  • Classic (ツィマーマンのラフマニノフ1&2番、モーツアルトの交響曲全集 、内田光子のモーツアルトピアノ協奏曲など)
  • AudioBook(David Allen, Stephen Hawking, Star Trek Voyger)

でした。バックハウスのBeethoven全集と迷ったのですが、今回はMozartの交響曲を優先しました。Dream Theaterって意外にもランニングに適している(って思っているのは私だけ?)のではずせませんでした。

とリストアップしてみて、HIPHOPやエレクトロ、Houseが入っていないことに気付きました。次回の同期でとりこもっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPod touch 8GB げっつ!

iPod touch (8GB)をApple Store Shibuyaで購入しました!!

使わずに眠らせていた手持ちの古い機器たちを思い切って整理した結果、思いの外高値で買い取りしてもらえたので、iPod touchの軍資金にすることができました。

さて、購入に至った動機は、、、

  • 大きな画面で英語字幕付きのSF動画を観たい!
  • もちろん、音楽を聴きたい!
  • 写真(主に手書きメモをJPEG化したもの)をパラパラ見てみたい!

ということでした。ビデオ再生できる新型iPod nanoや160GBのiPod Classicと迷いましたが、英語字幕付きの動画を観るには少々画面が小さいかなあと。これならX02HTの画面で鑑賞するので十分と思いました。でもiPod touchはTH55を想起させる筐体全体に広がった画面。これを横向きにして全画面で動画再生は快適そう。欲を言うと大容量でSF番組とどーんと入れたいのですが、それは近未来のお楽しみにとっておくことに。一度に観られる動画は限られていますから、将来の大容量iPod touchに備えて(???)、こまめに手持ちのDVDのエンコードを始めつつ、iTunesでちまちまとiPod touchに転送すれば8GBという容量はとりあえず十分と判断しました(そのうち気が変わると思いますが)。ライブラリから厳選して持ち運ぶという点で、iPod Shuffleの動画版みたいな捉え方をしています(などと言って、いろいろと物欲を満たしたい自分を正当化してみました(^_^;)。

横向きの大きな画面で、しかもフラッシュメモリというのは結構重要なポイントでした。というのも、SF動画を観るのは、主にトレーニングジムのランニングマシン上と考えていたからです。家でSFを観てしまうと、リラックマのようにだらあんと寝ころんで、しかも大好きなお菓子をぽりぽりしながらになってしまいます。そこで、のんびりランニングしながら(1時間で6キロメートル程度のゆるいペースで)、SFの番組1回分を観ようと思ったわけです。ランニングマシンには雑誌をおける台があるので、ここに横向きにiPod touchを置いて鑑賞する予定なのです。また、ランニングマシンですから結構振動が激しいので、HDDよりもフラッシュメモリの方が安心と思いました。あと、iPhoneのようにカメラが付いていないのは悲しいのですが、トレーニングジム内の利用を考えると、むしろカメラ無しがふさわしいですよね。その点でもカメラ付きのX02HTをジム内で利用するのはやめた方がいいと思いました(と再び正当化してみました)。

長々と書きましたが、このデバイスに一目ぼれ!!ってことです(^_^;

 

it_01

 

びっくりするほど快適なSafari。MacBookのSafariとツーショット。最高のビューワですね。ピンチアウトすてき。うちの奥様もたのしそうに、まったく迷うことなく自分のブログにアクセスして喜んでいました。「リラックマかわいいねえ」ってそっちですか???

DSC00724

 

同期はLet's note CF-W2B上のiTunesにすることに決定。サイバーショットT10でJPEG化したメモたちはCF-W2Bに一元管理しており、そのメモたちを気軽にiPod touchと同期したいため。

it_05

 

Star Wars IIIの英語字幕(英語字幕があっても映像ばかりに目がいってしまって、語学学習になってないという、、、)。美しい。チャプター移動を含め、目的のシーンへの移動が簡単にできます。ああすばらしい。

it_04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

test from iPod touch

テスト書き込みしてます
入力辛いけどたのしい
たぶん最初で最後の書き込み

動画再生最高
web閲覧快適

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リラックマ生活5とほわピカシールブック購入!

コンドウ アキさんの「うたたね気分~リラックマ生活5~」と「リラックマ ほわピカ シールブック」を購入しました!

うたたね気分―リラックマ生活5 Book うたたね気分―リラックマ生活5

著者:コンドウ アキ
販売元:主婦と生活社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

いやあ、ほんとうに癒されるなあ。どのページを開いていてもすうっと力みがとれるように、短い言葉とかわいらしいイラストが工夫させています。すばらしい!!

リラックマほわピカシールブック Book リラックマほわピカシールブック

著者:コンドウ アキ
販売元:主婦と生活社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

シールブックのほうは、コリラックマのやんちゃっぷりの描かれたシールが多かったです。
コリラックマのやんちゃっぷりといえば、うちの奥様はコリラックマの気持ちが手に取るように分かるらしく、やんちゃしているコリラックマのイラストをみながら、コリラックマの気持ちを詳しく解説してくれます。というわけで、「クマごよみ―リラックマ生活〈4〉 (リラックマ生活 (4)) 」よりもコリラックマのいたずら場面は少なくなっているこの「うたたね気分」でしたが、今回も奥様の詳説付きでたのしく読むことができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SL-C1000フリーズの原因は、SDカードのLockでした。

Linux Zaurus SL-C1000でスクリーンショットを使ってみようと思い、Fn+Shift+Cを押すとなんとフリーズ。SL-C1000を購入してからそれまでほとんどフリーズしたことがなかったのでびっくり。うんともすんとも言わなくなったので、バッテリーを外して、再起動。で、いろいろ調べてみたところ、CFスロットに、SD->CF変換アダプタをつかって差していたA-DATAのSDカード1GBにあるLockがかかっていました。

SL-C1000のスクリーンショットの保存先は、CF>SD>本体という優先順位で選択されるみたいですね。CFに差していたSDカードにLockがかかっているためにザウルスさんはがんばって書き込もうとしてくれていたのでしょう。ごめんね>SL-C1000

もともと、私の使っているこのA-DATAのSDカード、Lockがゆるゆるでして、カードを抜き差しする際にいつのまにかLockの方にスライドしてしまうことが多かったのでした。

そこで、このカードをSDスロットには差さず、CFに差し、主に辞書データと動画データを入れた、読み取り専用のカードとして使っていました。書き込みが頻繁に発生するカードは、PanasonicのSDカード(1GB)やトランセンドのminiSDやmicroSDなどを使い、Emacsなど巨大なソフトをインストールしてテキスト形式のメモを作成していました。

これまでPDAを使ってきて、スクリーンショットを撮ったことはありませんでした。ところが、最近、当ブログの記事アップのために、Let's note CF-W2BやX02HTのスクリーンキャプチャを使い始めたところ、自分のための備忘録としても、やはり画像があるのはとてもわかりやすいことを今更ながら知りました。

これまで、多くのWebSiteやブログ記事を(こっそりと)参考にさせていただきながら、お礼メールやお礼のコメント書き込みなどすることなく、公開していただいた情報をマネしまくりだった私。そういえば、参考にさせていただいたサイトの多くは、豊富なキャプチャ画像とともに詳細な解説が満載だったようなあ。そういえば、参考にさせていただいたサイト主催者の方々のPDA初期設定項目には必ずと言っていいほどキャプチャソフトのインストールがあったよなあ。

というわけで(?)、主に私の備忘録としてキャプチャ画像を掲載していこうと思ったのですが、同時に、少しでもこの備忘録集がどなたかの参考になったらいいなあ、、、なんて思いながら、SL-C1000のスクリーンショット機能を初めて使ってみよう!と思ったのでした(話が長過ぎ、、、)

 

フリーズを乗り越え、記念すべき涙の初スクリーンショット。単なるEmacsの起動画面(悲)

Emacs_SLC1000_01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BackLightToggleとSysVolume!!

とってもまぶしいX02HTのバックライトを省電力時の輝度に切り替えるソフトBackLightToggleと、システム音量設定ソフトSysVolumeを使わせていただきました!!

http://www41.atwiki.jp/x02ht_matome/upload/15.html

remmayaさんの記事「X02HT バックライト輝度が可変に」で知りましたm(_ _)m

2つとも、あればいいのになあと技術力のない私は他力本願モードで待ち望んでいたのですが、こんなにも早く出会えるとは!remmayaさん、開発者の方、ありがとうございますm(_ _)m

BackLightToggleはResco Explorer 2007でショートカットをスタートアップに登録、FacadeのLauncherにも登録。StdLinkでSysVolumeをカメラボタン短押しに割り当てました。

普段は、不意にアラームが鳴ったりしないように(しーんと静まりかえった仕事場に、エイリアンとの戦闘シーンが鳴り響くことのないように)、X02HTのシステム音量を「消音」にしているのですが、これだと、CorePlayerで動画再生する際に、いちいちシステム音量を変更しなくてはいけません。JoggerをOFFにしていることが多いので、SysVolumeの登場は本当にありがたいです。

 

CorePlayerの全画面表示。

image

CorePlayer全画面表示で再生中に、カメラボタン短押しするだけでは、再生が続行されるだけです。一時停止すると「システム音量の設定」画面が現れます。

image

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MilkSync検討中。

MilkSyncを使うとRemember The MilkとPPC/Smartphoneの同期ができるようになるみたいですね。ただし、同期するには年間25ドルのProアカウントが必要とのこと。

http://blog.rememberthemilk.jp/2007/09/17/51/

ためしにX02HTにMilkSync for Windows Mobile (Smartphone Edition)をインストールしました。問題なく動いているようなのですが、、、公式ブログにも書いてあるように同期のトライアルは現在不可能みたいです。実際にX02HTとの同期がどのように動作するのか確認したいので、Proアカウントの購入は保留します。

image

かわりに、以前から使おうと思っていた、GoogleGearをインストールしました。これにより、Remember The MilkがオフラインでのPCによる操作ができるようになりました。オンラインでの操作に比べて高速ですね。やはりToDoリストの編集は、ネットワークにつながっていないときにもできないと不便。これでRemember The Milkの使用頻度が上がりそう。

Remember The Milkの印刷機能を使って、プリントアウトした用紙を超整理手帳にはさんでおき、手書きで書き込んだものをあとで入力し直すというのでもまあいいかも。でも、せっかくX02HTがあるんだから、同期したいようなあ。

X01HTではMyLife Organizedを使ってデスクトップと同期していたのですが、PPC版のMyLife Organizedの起動がもうとにかく遅くて(私は比較的PDAのソフトの起動の遅さには寛容なので、SL-C1000でもあまり文句を言わず使っているのですが)、使うのをやめてしまいました(この辺の重さ対策としてPPC版には、タスク追加のためだけの軽いソフトが別途インストールされるのですが)。デスクトップ版のMLOが非常に快適だったので、PCではちょくちょく使っています。

Remember The Milkのように自然文入力ができて、GoogleGearによってオフラインでもつかる高機能なソフトがX02HTでもそれなりにさくさく利用できるのだと便利ですよねえ。Google CalendarにRTMを読み込ませるようにしているので、GooSyncによる同期に加え、MilkSyncによるRTMの同期ができるようになると、すごく便利。同期のトライアルができるようになるのを楽しみに待っています。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

X02HTとCorePlayerとMacBookとHandBrake

SF大好きな私。お盆休みに実家に帰ると、実家の方で録画してもらっていたCS放送のビデオが大量にたまっていて、寝る間を惜しんで延々と視聴。強行日程で一気に観るということが数年続いていました。当時は、Star Trek The Next Generationはゆったりと(?)長期間にわたって、じっくり味わいながら鑑賞していたのですが、StarTerk Voyger, Deep Space 9, Babylon5は、お盆の強行日程であわただしく観ていました。ですから、

  • もうちょっとゆっくりと、
  • できれば英語字幕付きで(英語字幕がないときは日本語字幕で)、
  • すきま時間に(細切れでもいいので)、

大好きなSFドラマを観たい!!(ついでに英語力がちょっとでもUPしたらうれしい)

と思っていました。録画してデータのうち、DVDレコーダでDVDに焼いてあるものを、MacBook上でHandBrake 0.9.0をつかってQVGAサイズのデータに変換。X02HTのCorePlayerで観ることにしました。

image

もちろん、CorePlayerではなくTCPMPで再生可能な形式に圧縮すればよいのですが、きっとそのうち、iPod Classicを入手したくなるだろうし、将来大容量のiPod touchなどが出たときにはこっちかなあと素人考えでH.264/AVCで変換してみました。H.264/AVCの再生には、ライセンスの関係でシェアウェアのCorePlayerが必要ということで、Handangoでレジスト。

音量のUP/DOWNは、上下キーで行えるのですが、もともとのX02HTの音量(Joggerで調整できる音量)を上限とする音量調整しかできません。Joggerで調整した音量が小さいときは、CorePlayerで動画再生時に上下キーで音量を大きくしようとしても、Joggerで調整した音量までしか大きくならないのです。CorePlayerの上下キー操作だけで、最大音量から最小音量まで調整できたらもっと便利なのになあと思っています(単に私が設定項目を見逃しているだけなのかも。もっと調べてみます)。

初代MacBookで手持ちのStarWars IIIのDVDをHandBrakeにPresetされている「iPod Low-Rez」なる設定で変換すると、900MB。2時間20分の本編を英語字幕付きで変換する作業が40分ほど。このファイルサイズはさすがにX02HTには大きすぎ。iPod Classicの160GBがほしい、、、

で、X02HTにお試し用で入れているのは、andromeda IVシーズン最終話。42分のDVDデータが「iPod Low-Rez」で260MBほどに。これくらいならまあmicroSDに入れられますね。でも、音楽CDがすべてiPodの中に入ってしまったときのその快適さを知ってしまうと、「StarTrek全シリーズ全話、Babylon 5全話、andromeda全話がこの”テラバイト”iPodにはいってるんですよお」なんていう近未来を妄想せざるを得ません!!しかもBaylon5全110話くらいだったら今すぐにでもかるーく実現するじゃないですか、、、圧縮率上げればなにもかも全部入っちゃいますねえ、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オウルテック OWL-PCM01 PCカードマルチリーダ・ライタ

Owltech OWL-PCM01というカードリーダを購入しました。

cardrw_01

 

  • X02HTとSL-C1000で使っているmicroSD
  • 携帯用スキャナとして活用中のサイバーショットT10で使っているメモステPro Duo
  • 将来、X02HTとSDR-S200で使う予定のSDHC

にすべて対応していて、しかもLet's note CF-W2BのPCカードスロットに入るものだったので購入しました。最近はコンパクトフラッシュを使う頻度が減り、SL-C1000のCFスロットにも、SD-CF Adapterを使っているので、基本的には、SD/SDHCとメモステPro Duoが使えれば十分。

USB接続によるカードリーダは、Bluetooth USB Adapter PTM-UBT3Sと同時には差せませんし(延長ケーブルを使えばできるのですがちょっと面倒)、PCカードはCF-W2Bに入れっぱなしにしていても良いので、とても便利。

ノートパソコンのPCカードスロットって、以前はSCSIカードやダイアルアップ用のモデムカード、有線LANカードなどでいつも塞がっていたのですが、最近は結構空いていますよね。

日頃から情報機器でインプットをこまめにしていても、それをデジタル側で一元管理するための「入り口」の敷居が高すぎると、その情報整理法は破綻してしまいます。CF-W2Bに入れっぱなしですむので、まめにデータをCF-W2Bに取り込もうという気になります。もちろん、受け入れ側であるCF-W2BのHDDが160GBになったこと、さらには、自宅にPCデータバックアップ用の外付けHDDを用意していることも、その気にさせる要因です。

外出時の情報機器の使いこなしだけでなく、データの受け入れ環境の整備というのも大切だなあと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

外出時のインク吸入と気分転換を兼ねたバックアップ

しばらく続いていたPC上での作業が一段落。ここのところ手書きによる筆記量が増えてきました。特に最近は、A4かA5のGiuris用紙に、レアロで筆記することが多いです。多いときには1日に4回吸入することもあり、自宅と仕事場以外に、カフェでの作業中にインク吸入が必要なこともあります。大量筆記の必要なときには、レアロとM149(中字)にWatermanのブルーブラックを入れて使っています。この2本に外出先でインク吸入するために、「Mr.スペアボトル」なるプラモデル用塗料のスペアボトルを持ち歩くことにしています。

ink_cafe_01

いつも楽しく閲覧させていただいているZEAKさんのブログで、タミヤカラーの瓶を利用されていることを知り、わたくしもこっそりマネさせていただいていましたm(_ _)m

インク詰め替え用の瓶 タミヤカラー

無印良品のアロマオイルの詰め替え瓶を買って使おうとしたら、レアロやM149,M1000などの大きなペン先は入らず(悲)。そんなときにプラカラーのスペアボトル利用を知り、即実行。東急ハンズで63円でした。気密性の良いこの瓶を、街頭でもらったティッシュと一緒に小さなジップロックに入れて、大量筆記期間中に持ち歩くことにしています。

筆記に疲れた頃に、気分転換とバックアップを兼ねて、サイバーショットT10でマクロ撮影します。こうしてできたJPEGデータを帰宅してPCにコピーしておきます。低筆圧で腕に負担のかからなず筆記可能な万年筆で快適に作業しても、水で流れてしまったらとても悲しい。デジカメは常時携帯可能なスキャナーとして便利に使っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツカサ代表の4つの道具

Yahoo!のニュースを閲覧中、たまたまツカサグループ代表川又三智彦氏のデジタル情報整理術の記事に出会い、道具の使いこなしについて再考中。ちょうど、記事アップ中にカンブリア宮殿の録画を再生すると、その川又氏ご登場でした。

川又三智彦公式ホームページ

デジタル情報整理術01 

に挙げられている4つの道具、とっても親しみのあるものたちでした。

  • Panasonic SDR-S200
  • au携帯
  • 薄型ポケットサイズのシステム手帳
  • Advanced W-ZERO3[es](だと思う。ですよね?)

動画、静止画、手書きメモ、テキストメモなどで時系列にメモし、こまめに参照、分析。必要に応じて分類する。蓄積されたご自身のデータをもとに「自分科学」をなさるとのことでした。川又氏の波瀾万丈の人生とともに語られるシンプルな情報整理術に、刺激を受けました。

 

  • 小回りのきく道具によって、インプットを確実にする
  • 簡単なルールで情報整理
  • こまめに振り返る

ということは、わたくし自身常に心がけているつもりですが、今一度再確認しておこうと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »