« X02HT大活躍に伴いアナログ環境を再検討したメモ | トップページ | JEMSTONEのライブ!! »

頂いたコメントへの返信を書きながら、SigmarionIIを懐かしんだメモ。

Rhodanさんに頂いたコメントへの返信にはあまりにも長くなりすぎてしまった文面を、こちらに掲載しておきます。

かなり前になりますが、Idea Treeを試用していたことがあります。
当時はSigmarionIIを使っていたので、PDAとPCでデータを共有できて便利だと思って試用期間中、いくつか他のソフトと比較しながら利用させていただきました。ところが、当時の私はPCでもPDAでも画像ファイルを使うことがあまりなく、ほとんどすべてのデジタルデータは、テキストファイルでしたので、PCではWZ Editor 4.0を、PDAではPocket WZ Editor 2.0を使って、階層付きテキストファイルを複数作成することで、簡易データベースとしていました。
Rhodanさんのご指摘のように、画像ファイルへのリンクも考慮すると、Idea Treeも便利だと感じた記憶があるのですが、たしか、私のSigmarion IIでは、画像を扱おうとすると不安定になったり、動作が重すぎてあまり実用的でないと判断して、Idea Treeの利用を断念したのだと思います。そもそも、そのとき使っていたCFカードが256MBしかなく、EPWING辞書データですら最低限のものに絞って入れていたので、画像ファイルの扱いはしないことにしていたのです。
(この手の画像ファイルへのリンクって、リンクが記述されているテキストデータと画像ファイルとの相対的な位置関係が保持されるように、フォルダやサブフォルダごとPCとPDAで共有しないと、リンク切れが起きてしまって不便ですよね?2GBのmicroSDが使える今となっては、画像を含むフォルダごとコピーというのも気楽に行えますが、当時の私の環境では無理でした。)
また、当時は、PCで使っていたWZ Editorの各種マクロ(Mynoteなど)がそのままSigmarionIIでも使えることがPocket WZ Editorを使う大きな利点でした。

その後、Linux Zaurusを使うようになってからは、EBtを使えば、画像ファイルのリンクだけでなく、画像自体が表示できるので、X01HTやX02HTでは、その移植版であるEBtWMを真っ先にインストールするようになり、Idea Treeが利用候補に挙がりませんでした。

Rhodanさんにコメントを頂いたので、Idea TreeのWebサイトで確認してみたのですが、残念ながら、現在の愛機X02HTには未対応とのことでした。今回、Rhodanさんにコメントを頂いた のを良い機会に、Idea Treeの今後の対応にも注目しようと思いました。

|

« X02HT大活躍に伴いアナログ環境を再検討したメモ | トップページ | JEMSTONEのライブ!! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/405011/8724239

この記事へのトラックバック一覧です: 頂いたコメントへの返信を書きながら、SigmarionIIを懐かしんだメモ。:

« X02HT大活躍に伴いアナログ環境を再検討したメモ | トップページ | JEMSTONEのライブ!! »