« x02keyhookで再認識できたショートカットキーのすばらしさ。 | トップページ | X02HTのEBPocketとpDiceがちょっとした通訳になってくれました。 »

ScrapBookのエクスポート機能を使って、乗り換え情報をX02HTで持ち運んでいます。

Webでしらべた情報を外出先で参照するために、Firefoxのアドオン、ScrapBookのエクスポート機能を使っています。

初めていく場所へのアクセス方法、時刻表、地図など事前にWebで調べたものは、FirefoxのScrapBookで保存しています。ScrapBookのエクスポート先には、My Documents内のX02HTとの同期フォルダを指定してあります。これにより、持ち運びたいWeb Pageをエクスポートすることで、次回のActiveSyncでX02HTに同期されます。これまではプリントアウトすることが多かったのですが、最近では、X02HTにコピーしIEで参照することがほとんどです。

TSUTAYAのオンラインクーポン(旧作レンタルが50%OFFとなるクーポン)も、上記方法でX02HTにコピー。余計な印刷が減って重宝しています。

|

« x02keyhookで再認識できたショートカットキーのすばらしさ。 | トップページ | X02HTのEBPocketとpDiceがちょっとした通訳になってくれました。 »

コメント

お久しぶりにコメントさせていただきます。
私と殆ど同じ使い方でアクセスマップ等をクリップされているので驚きました。

私の手順
1.まるごとナビで出発・目的地を指定して乗り換えと付近マップ道順を表示させる
(目的地検索後に表示されたマップの下にある”場所の確定”ボタンを押さないと次に進みません)
http://navi.ekitan.com/ppnavi/

2.このままエクスポートすると必要の無い公告等ゴミが多いので”印刷”を指定してスッキリしたデータを表示させる。

3.印刷で表示されたデータをエクスポート
エクスポート先には、My Documents内のX02HTのマイメモに新規フォルダ指定で保存

4.X02HTでは、画像表示用ソフトでもブラウザでも表示可能で且つ、マップには徒歩用のルートがちゃんと線引きされている。

昔は、いちいちカット&ペーストして流しこんでいたのですが便利になったものです。
必要なくなれば、サクサク削除して次の出張等のデータを流し込んでいます。

投稿: aki | 2008年3月 7日 (金) 16時54分

akiさん、ありがとうございます。
今回もとても参考になる情報をありがとうございます。
なるほど、「印刷」をエクスポートというのがポイントなのですね!
これは、まるごとナビにかかわらず、印刷用画面を出力してくれるサイトなら活用できそうですね。

以前のPhatNotesの使いこなしといい、コメントのままで残しておくのはもったいないので、そのうち、ブログ記事に引用させていただきます。

投稿: たああんF | 2008年3月10日 (月) 08時10分

はじめまして、いっしと言います。
便利な使い方ですね、しっかり活用させていただきます。

投稿: いっし | 2008年3月13日 (木) 09時20分

いっしさん、コメントありがとうございます。
参考にしていただいてとてもうれしいです。
いっしさんのブログをちょっと拝見したところ、生命体8472の文字が飛び込んできましたので、ついついコメントさせていただきました。
今後ともよろしくお願いします。

投稿: たああんF | 2008年3月13日 (木) 10時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/405011/10691684

この記事へのトラックバック一覧です: ScrapBookのエクスポート機能を使って、乗り換え情報をX02HTで持ち運んでいます。:

» [X02HT]ScrapBookのエクスポート機能を使うとは名案 [工夫人生]
すらっとたああん: ScrapBookのエクスポート機能を使って、乗り換え情報をX02HTで持ち運んでいます。 ”TSUTAYAのオンラインクーポン(旧作レンタルが50%OFFとなるクーポン)も、上記方法でX02HTにコピー。余計な印刷が減って重宝しています。” http://vedran-f.cocolog-nift... [続きを読む]

受信: 2008年2月26日 (火) 17時36分

« x02keyhookで再認識できたショートカットキーのすばらしさ。 | トップページ | X02HTのEBPocketとpDiceがちょっとした通訳になってくれました。 »