« EMOBILE D01NEから初接続 | トップページ | X02HTリストア、3度目の正直 »

X02HTの存在により「合体ロボ」を選ばず。

EMOBILEに加入する際に最後の最後まで迷ったのが、PDA端末のEM ONEαにするかPCカードタイプの端末にするか、あるいはCFカードタイプにするかでした。

おそらく、X02HTによる快適環境がなければ、EM ONEαを購入したはず。ガジェット大好きなので、EM ONEαをモデムとしてノートPCにUSB接続(あるいは低速でよければBluetooth接続)できるし、単体でも便利そうです。しかし、X02HTで満足している現状では、なるべくノートPCとEM ONEαとの「合体ロボ」状態にすることは思いとどまりました。

同様に、CFカードタイプでは、PDAに接続できることが魅力なので、半年前の私ならCFカードタイプの端末を購入し、中古でWindows Mobile機を購入していたかも。さらに、SL-C1000でもムリして使いたいと試みていたかもしれません。

ここは素直に、ほとんど毎日持ち歩いているノートパソコンでEMOBILEが快適に使えることを最優先。どうしても、通勤電車中にデータ通信したい場合には、白ロムのEM ONEを購入して、USIMカードを入れ替えてつかい、あくまでも「合体」はしないことにしました。

デジタルメモ、スケジュール管理の中核にX02HT(tTakana, PapeCale, PhatNotes, Offisnail Date, EBPocket)があることで、単機能のPCカード端末(D01NE)の選択は、我ながら意外な判断だなあと感じています。

|

« EMOBILE D01NEから初接続 | トップページ | X02HTリストア、3度目の正直 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/405011/10215133

この記事へのトラックバック一覧です: X02HTの存在により「合体ロボ」を選ばず。:

« EMOBILE D01NEから初接続 | トップページ | X02HTリストア、3度目の正直 »