« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

X02HTにmicroSDHC8GB、ポメラにmicroSD2GB。

Transcendの8GBのmicroSDHCを購入し、X02HTに導入することにしました。これに伴い、X02HTで使っていた2GBのmicroSDはポメラ専用に使うことに。

まず、Sprite BackUpでX02HTの本体データをバックアップ。次に、SDHC777.cabをインストールし再起動。無事認識中です。新たに8GBのmicroSDHCには、Wikipedia日本語版をコピーしました。これで、X02HTのEBpocketで、ジーニアス英和和英中辞典、ジーニアス英和大辞典、英辞郎、広辞苑(第4版なので、古すぎですが)、平凡社世界大百科事典、理化学事典、WordNetに加えて、ウィキペディア日本語版を引くことができるようになりました。間違いなく、私にとっては最強の電子辞書となりました。これまで、ちまちまと辞書のCD-ROMを買ってきたものが、すべて再利用できそうなのでとてもうれしいです。容量不足で持ち運べなかった、ランダムハウスやコウビルドなども順次変換圧縮をして、X02HTに入れて持ち運びたいと思っています\(^o^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポリクロモス色鉛筆(12色)とMDノートA5無罫。

約4ヶ月がかりの仕事が一段落。まだ仕上げ段階の作業が残っていますが、峠は越えたということで、ちょっとお買い物で一DSC00758息。前から気になっていたファーバーカステルのポリクロモス色鉛筆(12色)とミドリのMDノートA5無罫。ちょっとリッチな気分で、トラベラーズノートの画用紙リフィルにらくがきでもしようとおもって、ポリクロモス色鉛筆を購入。MDノートA5無罫の方は、日頃読んだ文献のちょっとしたまとめを書き留めていくつもりです。DSC00761

さっそく、クマを描いてみました。テキストファイル中心の日々を送っているので、たまには、アナログで、らくがくするというのもいい刺激になりそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ポメラのショートカットキー(抜粋)の覚え書き。

ポメラには、たくさんの便利なショートカットキーが用意されているようです。要望を言い出すをキリがないですが、初号機なのに、これだけ用意されているというのは、開発者の方のなかなかのこだわりを感じました。今後、私を含む、マニアックな意見をとりまとめ、後継機にどう反映していただけるのかちょっと楽しみです。このままであっても、断片メモとり機であるという本来のポメラの用途であれば、十分使いやすいと思います。TXTファイルとして(ポメラとX02HTにtxtを、縮小印刷したものをトラベラーズノートに入れて)持ち歩くため、一部のみ抜粋し、自分用にまとめ直してみました。

.ポメラ ショートカットキー 2008-11-20
..【移動・選択・編集・検索】
Page Up/Down/Home/End Alt+上/下/左/右
文頭/文末へ Ctrl+Alt+左/右
文頭/文末まで選択 Ctrl+Alt+Shift+左/右
単語単位移動 Ctrl+左/右
単語単位選択 Ctrl+Shift+左/右
すべて選択 Ctrl+A
行指定ジャンプ Ctrl+G
検索/置換 Ctrl+F/H
切り取り/コピー/貼り付け Ctrl+X/C/V
..【Fn】
付箋挿入/上方向へ付箋文挿入 F1 or Alt+F/ Shift+F5
日時挿入 F2 or Alt+E
次検索/上検索 F3 or Alt+O/ Shift+F3
繰り返し F4 or Alt+V
付箋文へ F5 or Alt+H
表示サイズ変更 F6  or Alt+K
文章情報表示 F7 or Alt+I
..【ファイル】
新規/開く/上書き保存 Ctrl+N/O/S
ファイル削除 Ctrl+D
リセット Ctrl+Alt+Del
..【ATOK】
ひらがな/カタカナ/半角/全角無/半角無(後)変換 Ctrl+U/I/O/P/@

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポメラとZaurusの機動性比較のご質問への回答。

ZEAKさんからの、Zaurusとポメラの機動性比較についてのご質問への回答を、以下に再掲しておきます(コメント欄に書いていると埋もれやすいので)。

---再掲ここから---

やはり、Zaurusの方が、場所を選ばないです。いくらポメラが瞬時起動するといっても、しゃきーんとキーボードを広げる操作が必要ですから、ふたを開けさえすればよいZaurusの機動性は抜群だと思います。瞬時にメモをとりたいときには、ふたをあけることすら不要なX02HTを使っています(←Zaurusもビュースタイルにしていれば、ふたを明けなくていいですね。忘れてました。インプットスタイルでしか使ったことがなかったもので、、、)。

また、さすがに、ポメラを電車内で立って使う気には、あまりなれません(気が変わるかもしれませんが)。立っているときはX02HTを使っています。

座っているなら、満員電車でも、左手でポメラをもって、右手で入力というが、快適でした。
ただ、座っていても、2~3駅で降りるというのであれば、X02HTの方でメモをとっています。

外出時のメモ取りには、X02HTとポメラが補い合ってくれるといった感じです。

Zaurus1台でやっていた作業のほとんど(追記:Zaurusは超小型LinuxPCとして他機種では代替できない機能がたくさんありますが、PCとしての用途は現在PDAではなるべく行わず、パソコンに任せることにしています)が、X02HTとポメラの2台に置き換わり、さらに快適になったという感じです。実際には、X02HTは携帯電話でもあるので、携帯とZaurusの常時携行から、X02HTとポメラの常時携行へ移行したということになると思います。

外出時のメモ取りはこんな感じです。
机の前にいるときでも、ちょっとしたメモをとりながら、資料と格闘するときには、コンパクトなポメラがとても役立っています。なにより、メモとりしかできないので、ついついネット徘徊したり、、、ができないのも、私には良いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポメラの断片メモ活用のため試用中のWZ EDITOR 6のワイドアウトラインに感激!

ポメラという超強力メモ取り機を導入して以来、断片的なテキストメモの加工、再利用のためのツールを再検討中。

そこで、ずっと気になっていたWZ EDITOR 6を試用しています。新機能目白押しで、興奮気味です。特にうれしかったのは、

  • ワイドアウトライン(開いている複数文書にまたがって、一気にアウトライン表示する機能)
  • 文字カウンタのリアルタイム表示
  • 原稿用紙のスタイルで表示
  • マルチタブによるみやすさ

などなどです。先日のhowmによる2.4MB程度の連結メモの表示、閲覧も高速。文字カウンタもなかなかの速度で動作してくれます。ポメラのメモが、複数にまたがっていても、ワイドアウトラインのおかげで、快適にファイル間を行き来できるので、感激しました。

さらには、Text-Cなるマクロが強力みたいなので(マクロというより、EmacsのLispに相当するようなものかな?)、ゆくゆくはメモ取り用のマクロを自作できたらたのしいかも、、、なんてシロウトのくせに夢見てしまいました(^_^;)??

秀丸がアウトライン表示に対応してからは、WZ EDITORの使用頻度が激減していたのですが、再びWZ中心となるかも。

YaTeXクローン(p白鳥)がWZ6に移植されたら(どなたか、ぜひ!!)、WZ6へほぼ完全移行できるのですが。しばらくは、試用し(購入する気満々ですが(^_^; )、用途に応じて併用したいです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

メモ取り環境の変化とポメラの役割。

ためしに、2003年9月から2007年10月までの主にSL-C750/SL-C1000上のEBtとhowmで作成したメモをMeadowのhowmで連結してみたところ、サイズが2.4MB(文字数カウントしてみたところ約170万字)。10.5ptでA4サイズのPDFに変換したところ約2000ページありました。うーむ。よくもまあこんなに断片メモをとりためたなあ。常時携帯でき、瞬時起動するZaurusがあったからこそ、思いついたその場で、こまめに断片メモをとることができたのだと思います。あとからパソコンを起動してメモをとろう、というのでは、こうはいかなかったと思います。

これらのメモ自体は、日々の行動記録だったり、アイデアメモだったり、文献リストだったりとごちゃ混ぜです。どうでもよいメモ(=ノイズ)が多いですが、久しぶりに、連結したPDFをぱらぱらめくってみると、おもしろいですね。

メモの中には、

  • ▲・・・反省したこと
  • ★・・・よかったこと、なるほどと思ったこと

という記号を振ったものもありますので、エディタ上で、上記の記号を検索して眺めることで、すでに忘れかけていたことにたくさん出会いました。

ちなみに、ここ1年は、X02Hの導入に伴い、SL-C1000の利用は激減しました。また、ココログもはじめたので、設定関係の試行錯誤や、物欲メモは、PDA/Smartphoneではなく、PCのWindows Live Writerに(キャプチャー画像やURLなどとともに)書きためることが多くなりました。

PIM関連のメモもEBtやhowmでとっていましたが、今ではX02HTで、

  • 付箋に書くようなメモ(ToDo含む)はtTakana
  • 日々の行動記録(体重、体脂肪、摂取カロリー概算、出会った人、できごとなど)はPapeCale
  • 予定はOffisnailDate+
  • 月々の支払いなど繰り返しToDoは、OxiosToDo
  • 個人データ、アドレスデータ、時刻表データ、文献リストなどテキストDBは、PhatNotes

と、使い分けています。上記項目に入らないようなメモをポメラで入力しています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ポメラのメモの受け皿用に、設定済みMeadowでhowm。

ノートパソコンをVAIO typeGに買い換えて以来、テキストエディタは主に秀丸だけを使っていました。ポメラをメモ取り主力機として運用するため、howmによる閲覧、連結をスムーズに行えるEmacsクローンのエディタMeadowをひさびさにインストールしました。

http://www.bookshelf.jp/soft/meadow_8.html#SEC35の設定済みMeadowをインストールさせていただきましたm(_ _)m 
howmがすぐに使えます。とても便利!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポメラでの辞書登録。

ポメラにも、これまでPDA/Smartphoneと同様の辞書登録をして、少ないキーで、いろんなタグを入力できるようにしました。

  • よみ「m」に対して、「○」
  • よみ「h」に対して、「★」
  • よみ「g」に対して、「[原稿]」
  • よみ「b」に対して、「[blog]」
  • よみ「k」に対して、「[健康]」
  • よみ「p」に対して、「ポメラ」

などなど。X02HTの辞書には、「p」という読みで単語登録できないので、「ぽ」にしていましたが、ポメラでは、「p」という読みで登録可能です。おかげで、打鍵数が減り、しかも秀逸なキーボードと、ATOKによる変換で、とてもスムーズにメモ入力ができています。

かつて経験したことのないスピードでメモが増殖しています。断片的なメモのアウトプットには最高です。ほんと、すごい完成度に脱帽!!

電源を長押しではなく、短押しにしてもらえると、もっとうれしいのですが、、、開発者の方は、利用者に長押し自体にバッテリーの有限性を自覚させたいといった、もっともな理由がおありのようでしたが、、、

| | コメント (1) | トラックバック (0)

Zaurusと、X02HTとポメラと秀丸とDropbox。

SL-C1000やSL-C750をメインで使っていた時期には、EmacsのhowmやEBtで大量のメモを作成していました。この頃は、出先でも、断片メモの検索、抽出、ソート、連結といった、メモの加工をZaurusで行いたいという欲求もあり、Zaurusが大活躍していました。また、ToDoといったPIMの一部を、EBtやhowmで運用していたのでGrepができるZaurusはとても重宝していました。ただ、Zaurusを使い続けて、しばらくすると、メモの分量も多くなり、加工に時間がかかるため、ほとんどは、新規メモの作成と保存という操作のみになっていました。メモの加工は、パソコン上で行うことが多くなりました。

最近ではX02HTのtTakana, PapeCale, OffisnailDate+, OxiosToDo, PhatNotesのおかげで、スケジュール管理や、付箋メモが携帯電話上で行えるようになりました。以前のZaurusの代替として、入力しやすいキーボードと、ATOKの使えるテキスト入力装置、できれば充電の心配のいらない乾電池駆動の情報端末があればなあと思っていたところに、ポメラが出てくれたのでした。

ポメラでは、ひたすら断片メモをとることに集中。パソコンの前に戻ったときに、秀丸でファイルを開き、Dropboxフォルダへ保存。加工、再利用はあくまでもパソコン上で行う。Dropboxのおかげでパソコン間の同期に悩むことも激減。

ポメラの完成度の高さはもちろんですが、出先でポメラのメモ取りに専念できるのも、X02HTとX02HT上のソフトたち、秀丸などのテキストエディタ、Dropboxがあってこそだと感じています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

xfy Plannerおためし中。

おもしろそうな、タスク管理ツールのベータ版試用中です。今後の進化に期待しています。

http://www.justsystems.com/jp/products/xfy_planner/

日々のタスク管理を、より短時間、よりスマートに実現!!

xfy Planner(エクスファイ プランナー)は、ビジネスシーンにおいて発生する日々のToDoチェック、進捗管理、アイデアメモなど多岐にわたる情報を整理し活用するソフトです。
一度入力された情報は、すべてのリフィル(表示編集画面)に反映されるため、転記や個別の情報更新を行う必要がなく、スマートな情報整理・活用を実現します。
現在はベータ版として、無償でダウンロードして、お試しいただけます。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

はじめまして、ポメラさん。

仕事から急いで帰って、なんとか本日最終の配達に間に合い、ポメラさん受け取りました♪ 以下、ポメラにて入力したファイルを、microSD経由でPCにコピペしたものです。

2008/11/11 21:14
どうもぽめらさん、はじめまして。
なるほど、とてもしっかりとした作りですね。
がんがんメモを取りたくなります。
もうすこしキーボード軽い方が私の好みです。
でもそんなことはいいです。すばらしい!初号機なのにこの完成度の高さ!ああ、かってよかった。
キーの反応もよく、画面もとても見やすい。くっきりしたフォント。

MOLESKINEやトラベラーズノートの手書きメモをデジタル化するために、ノートとポメラの2つだけをもってカフェにお出かけするというのが楽しみ。

次期モデルも、ブラッシュアップ度合いによっては喜んで買いたくなりそうです。
どんどん原稿かきまくるぞっと。やっほぉー。

開発者の立石さんのなんとも言えない、作り手ならではのすばらしい表情にとても惹かれました。

東プレの最軽量キーボードやVAIO typeGのキーボードを使い慣れている私にとっては、ちょっとポメラのキーボードは重いです(きっと、少数意見だと思います)。でも、なかなか使いやすいキーボードです。モバイルギアを思い出します。microSDスロットがめちゃくちゃ入れにくい場所にあったり、電源を切ると編集位置を覚えていなかったりと気になることはあります。でも、初号機としての完成度は非常に高いと感じました。しばらく、ハイテンションが続きそうです\(^o^)/

後継機は、1ファイルあたりの文字数制限撤廃変更、複数回Undo、編集位置の保存、microSDスロット位置の改善、キーカスタマイズ(CtrlとCapsの入れ替えなど)機能の追加(これはちょっと無理かな?)、といった変更がなされるのだと思います(←そんな変更いらんという人も多いかも)。
まずはこの奇跡のような単機能メモ入力機をどんどん使っていきたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

モバイルギアを使っている人を初めて見ました。

先日、カフェでトラベラーズノートの試し書きをしていたところ、隣の席の人がアドエスの画面を見ながら、白い筐体のWindowsCE版モバイルギアで入力作業していました。自分以外にモバイルギアを使っている人を初めて見たので(しかも今頃になって)、ちょっとびっくり。HP200LXやWorkPadは、友人が使っていたので、見たことがあるのですが。

ポメラを使う人には会えるのかな、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポメラが明日届くっ♪

予約していたポメラ(黒)発送のお知らせがありました♪
ただ、明日は受け取れないので、利用開始はもうちょっと先。とても楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トラベラーズノートと「超」整理手帳2009週間スケジュール・シート。

11月10日からスタートの「超」整理手帳2009週間スケジュール・シートをゲット。メインの予定管理は、X02HTをはじめとするデジタルツールで行っていますが、たまに中長期の予定を見渡したいことがあります。特に、原稿の締め切りのような、数週間にまたがったプロジェクト類の管理には、「超」整理手帳の週間スケジュール・シートはやはり便利だなあと、再認識中。ただ、キャップレスデシモのMニブで書くと裏抜けがあるため、スケジュールシートを2セットかって、片面だけ使うということも考慮中です。シート自体の紙質は好きです。まあ、鉛筆で書けばよいということも分かってはいるのですが、ついつい万年筆を優先したくなってしまいます(^_^;

DSC00745

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Touch HDが出るのを待つかなぁ。

X02HTの画面の解像度がもうちょっとあればいいのに、、、と思いながらも、Touch Pro(X05HT)に買い換えるなら、Touch HDくらい画面が広い方がいいかなあと悩みます。X05HTの実機を見てしまうとすぐに買い換えたくなるのかも。早く見てみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MOLESKINEとトラベラーズノートリフィルのストック。

MOLESKINEのLARGEサイズのPlaine x 1、Squared x 1、Ruled x 2、トラベラーズノートの軽量紙リフィル x 2、日記リフィル x 1が、待機中です。

DSC00744

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RHODIA UNI-BLANEとA4 Project Paper。

普段大量に消費するメモ用紙には、オキナのA4 Project Paperを使っています。Moleskineとは全く別の、書き心地です。万年筆でラフスケッチしたり、計算用紙に使ったりするのに、手に負担のかかDSC00742らない筆記が可能で、気に入っています。

 

また、RHODIAもよく使います。ただ、私にとってRHODIAの紫色の方眼罫線は、ちょっとキツイ印象があるため、この紙質そのままで、無罫があればなあと思っていたところ、先日発見。無罫のRHODIAってあったのですね!即購入。No16のサイズしかありませんでした。DSC00743リングノートタイプのものもあると、もっとうれしいのですが。

Moleskine、先日購入した、トラベラーズノートの軽量紙、今回のProject PaperやRHODIAといった、自分の手になじむ、書き心地のよい紙に囲まれて、とても良い気分です\(^o^)/

少々手がくたびれてきても、用紙を別のものに取り替えるともうひとがんばりできたりします。感謝!!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トラベラーズノートの軽量紙リフィルに大満足。

先日購入したトラベラーズノートの軽量紙リフィルにとても満足しています。

これまでも、KNOXBRAINの手帳用軽量紙リフィルを愛用しており、薄くて軽いにもかかわらず、太字万年筆で筆記しても裏抜けがほとんどなく、とてもなめらかに書けるので、お気に入りでした。

店頭で軽量紙リフィルとみたとき、MIDORIさんの軽量紙なので、きっと裏抜けのない、書き味の良い紙に違いない!と喜び勇んでレジに向かいました。期待通りのすばらしい紙質でした。

トラベラーズノートの軽量紙も、薄く、裏抜けがなく、KNOXBRAINの軽量紙に似た、なめらかな書き心地で、とても気に入りました。トラベラーズノートの軽量紙の方が、クリーム色っぽい(と思ったのですが、照明のせいだったかも。けっこう真っ白ですね)やさしい色だと感じています(←これは完全にカフェの照明が暗かったためのようです。そもそもKNOXとMIDORIって同じ会社のブランドのようですね。軽量紙も同じなのかな?)

Moleskineの用紙は、インクを吸う力が強すぎるのか、書いた後にたくさんのヒゲのようなにじみができます。そのため、Custom823C森山モデルに吸入してある色彩雫の霧雨は、Moleskineに書いても美しくないと感じるため、最近、筆記の出番が減っていました。トラベラーズノートの軽量紙は、霧雨を含め、どんなインクでも、とても美しい発色なので、霧雨の出番も自ずと増えそうな予感がしています。

DSC00734

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トラベラーズノートに超整理手帳リフィルをはさんでいます。

トラベラーズノートには、004ポケットシールを貼り付け、A4用紙を挟めるようにしてあります。年末までは、超整理手帳のリフィルがあるので、中長期の空き日程確認のために、カレンダー代わりに挟んでおこうと思っています。DSC00732
いまのところ、トラベラーズノートには、この超整理手帳リフィルの他に、ToDo書き出し用の軽量紙リフィル、お絵かき用の画用紙リフィルをはさんでいます。背表紙には、各種支払い用紙入れとして、006ポケットシール(大)(L)を貼っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トラベラーズノート(茶)を買いました。

ロフトとハンズをふらりと立ち寄ったところ、トラベラーズノートのリフィルに、軽量紙と画用紙を発見。これまで、ずっと気になりながらもなぜか購入まで至らなかったトラベラーズノートをついに購入しました。ちょうど来年度の日付入りリフィルとセットになっていたので、ウィークリーリフィルとのセットになっていた茶色の方を購入しました。

日時の関係する予定管理は、基本的にデジタルツールで行おうと思っています。アナログツールでは、おもに、当日やることの書き出しと、落書き用。MOLESKINE (Plain, Large)のみを使おうと思っていたのですが、トラベラーズノートの軽量紙と画用紙リフィルを見て気が変わりました。

軽量紙には、ToDoを書き出し、やったこと・やらなかったことの記録を残しておこうと思います。また、画用紙リフィルは、なるべく持ち歩いて、ちょっとしたお絵かきでもできるといいなと思っています。

 DSC00727

| | コメント (2) | トラックバック (0)

色彩雫夕焼けもGet。

DSC00735

色彩雫シリーズ第3弾の夕焼けを入手しました。早速、セーラーのプロフィットスタンダード21MS(ミュージック)ニブに、コンバーターをつけて、使っています。

筆記直後はちょっと薄すぎるかなと思ったのですが、インクが乾いた後は、なかなか鮮やかなオレンジ。主に、資料を読む際のマーカー用に使ってみたいと思います。マーカー用にはキャップレスの方が適しているような気もするので、そのうちキャップレスにコンバーターをつけて、利用することになるかもしれません。ただ、コンバーターの調子は今ひとつなので、空いたカートリッジにスポイドで詰め替える方がいいかも。

今回の第3弾は、結局、紅葉、山葡萄、夕焼けの3色を購入しました。どれも美しい発色で、書いていて元気が湧いてきて、とても楽しい気分です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手帳に悩む。

仕事が一区切りつくたびに、新たな環境に最適化した、予定管理ツールに悩みます。年内までに仕上げなければならない新たな作業と年明けからの新規作業の進捗管理をなんとか見通しよくできないものかと、アナログの手帳類をいろいろ試していますが、いまひとつピンときません。とくに、しょっちゅう予定変更、軌道修正があるので、手書きで予定を書き換えるのが面倒になってきました。

最近では、

  • Dropboxにより、複数PC、Mac間でのデータ同期が快適になった。これにより、howm、TOMBO、EBtをはじめどんなテキストメモも、ネットワークにつながっていれば、どのパソコンからでも参照、追記できる。
  • Synergyにより、自宅のネットワーク内でMacBookとVAIO typeGとの連携がスムーズになった。
  • X02HTのOffisnailDate+、tTakana、Papecale、Phatnotes、Oxios ToDoと、ActiveSyncによるtypeGとの同期、Plaxoを通してのGoogle Calendarとの同期が安定稼働している

という状況から、デジタル中心の予定管理がとても快適になっています。一方で、今日これからやるべきことの一覧を、一日一回は、Moleskine(のLargeサイズ)にお気に入りの万年筆で書き出すと、単に液晶画面に映し出された作業たちを眺めるよりも、スムーズに仕事が進むような気がします。というわけで、現時点では、予定管理は、

  • 基本的に紙の手帳では(月間、週間などの)予定管理せず、デジタル中心に行う。
  • 当日のToDo一覧や、進捗管理は、Moleskine Largeに手書きする。

ということにしたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

X02HTで理化学辞典復活。

EBWin PocketをX02HTで利用できることを知った直後に試した際には、なぜか理化学辞典だけがうまく認識できませんでした。ひさしぶりに利用中のSL-C1000のZtenvを開いてみると、こっちでは、ちゃんと理化学辞典が認識されています。そこで、SL-C1000のSDカード内のdictフォルダにある理化学辞典のファイルを、X02HTのmicroSDカードに移したところ、無事認識\(^o^)/単純にファイルが壊れていたようでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポメラのUndoは直前1回分のみ。

asciiのこちらの記事によると、ポメラのUndoは直前の一回分だけ有効とのこと。また、スリープからの復帰時に編集位置がリセットされるので、付箋機能を使うべしとのこと。

http://ascii.jp/elem/000/000/183/183555/?mail

なるほど。編集用機ではなく、あくまでもメモ用機であることを理解しないといけないようですね。とても参考になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »