« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年にお世話になった道具たち:アナログ編。

★アナログ編

  • 万年筆
    年末最後の大仕事は、最終仕上げの1週間で、1日あたり、Montblanc149Mニブに2回のインク吸入、1週間でキャップレスデシモMニブのカートリッジを4本消費しました。万年筆があったからこそ、このハードスケジュールをこなせました。この3月に購入したM805のB→EF森山モデルは、日々の手計算をまとめるのに大活躍。M1000の3Bと823Cニブという2本の森山モデルは、大量筆記で緊張しきった腕をリフレッシュするのに大助かり。M625EF、レアロを加えたこれらの万年筆のおかげで、実に快適な筆記作業ができました。一時は全く筆記ができないくらい悪化した腱鞘炎も今年はずいぶん良くなりました。
  • 色彩雫シリーズ
    このインクのおかげで、美しい発色で、なめらかな書き心地が実現。すばらしいインクです。もっとも消費したのは、露草(約1.5本分)でした。
  • Moleskine Largeサイズ(Plain/Squared/Ruled)
    頭の中の渦巻くもやもやたちを、お気に入りの万年筆で、Moleskineに綴るとスッキリ。手の負担も軽く、快適筆記できました。
  • トラベラーズノート+軽量紙+「超」整理手帳週間スケジュール・シート
    トラベラーズノートを購入以来、キャップレスデシモMニブと一緒に毎日持ちあるいています。軽量紙リフィルは、Moleskineとはまた別の、お気に入りの紙質。すごく書きやすく、2週間で1冊程度で消費中。中長期ToDoはトラベラーズノートに挟んである週間スケジュール・シートで確認。大満足の組み合わせです。
  • オキナProject Paper
    年末最後の仕事では、149MニブでProject Paperの片面に大きめの文字で文字と数式を書きなぐっていきました。最後の1週間で600枚消費しました。引っかかりがなく、なめらかに滑るような感触で書けるおきにいりの用紙の一つです。

ここに挙げた以外にもたくさんお世話になった道具たちがありました。
デジタル・アナログともに多くの素敵な道具のおかげで、無事年を越すことができます。特に、この年末はこれまでに経験した中でも最高強度の負荷が腕にかかりましたが、締め切りまでなんとか持ちこたえることができたのも、多くの道具のおかげです。ここには明記していませんが、関係者の方々、またノウハウを公開して下さった多くの方々に深く感謝したしますm(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年にお世話になった道具たち:ハードウェア編。

★ハードウェア編

  • VAIO typeG
    4月にLet's noteに買い換えをするも初期不良との戦いで消耗。OSはXP、おもいきってSSD64GB搭載モデルをSonyStyleで購入。とても軽量、安定動作で、大活躍。もっとも使用頻度が高く、お世話になりました。新幹線での移動中にPowerPointによるスライド作成をするさいにもSSDのおかげで振動を気にせず安心して利用できました。11時間以上もつバッテリー、900グラムだいの軽量筐体で、ほとんど毎日持ち歩くのも苦にならず。すばらしいノートパソコンです。
  • D01NE、S11HT、EM・ONEα
    WMWifiRouterとの組み合わせで大変お世話になりました。どこでも高速通信できるEMOBILEのサービスも本当にすばらしいです。
  • ポメラ(Pomera)
    乾電池起動の単機能ワープロ機。こんな機器を待っていました!!すばらし過ぎます!!購入直後から、ポメラ以外での作業が増えたので、年末には使用頻度が減りましたが、年明けからの原稿書きが待っています。
  • X02HT
    なんども他のSmartPhoneに浮気しそうになりましたが、バッテリーを新品に交換して、今年も大活躍。pTravelAlarmの目覚ましで一日が始まります。tTakanaによるメモ、PapeCaleによる行動記録、OffisnailDate+による予定管理、Phatnotesによるメモ、EBPocketによる辞書検索、Jotによるテキスト編集、JNTrainWMによる時刻表確認などなど。実に安定動作。すばらしいハードです。
  • iPod Shuffle+InCore/A8
    X02HTとともに毎日身につけていました。重さを気にせず持ち運べて本当に便利。
  • 初代MacBook
    HDDを250GBに換装、Leopardへのアップグレードで、年末の大仕事の際に大活躍。肉体的に一番しんどかったときに、その洗練された操作体系に何度も助けられました。Finder+QuickLookのおかげで50個のPDF原稿をダブルクリックを一切することなく高速快適閲覧。腕への負担が大変少なく、本当に感謝。この体験から、現在、主力機をPCからMacへ移行しようと画策中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年にお世話になった道具たち:ソフトウェア・サービス編。

2008年も残りあとわずか。今年1年間でお世話になったソフトウェア・サービスを簡単に振り返りたいと思います。例年使い続けているツールも含みます。関係者の方々に大感謝m(_ _)m

★ソフトウェア・ソフトウェア編

  • Dropbox
    衝撃!!奇跡のようなサービス。このおかげで、複数のWindowsXP機、Vista機、MacBookのデータの同期をまったく悩むことがなくなりました。MobileMeにものすごく期待をして、つい先日まで正常稼働しなかったのでがっかりしていたのですが、その間、Dropboxのおかげでがっかり感もやわらいでいました。すでにフリーで利用できる容量が残りわずかなので、MobileMeのiDiskとの兼ね合いで、有料プランへの移行も検討中です。とにかくすばらしい。MobileMe、LiveMeshもDropboxに負けず、どんどんがんばって欲しいです。
  • EMOBILEのデータ通信
    どこでも高速通信ができるというのがこんなにも便利とは!今年は移動が多かったので、大活躍!!
  • LogMeIn
    実家のPCをリモートで操作しながら、身内のパソコン操作の説明をしたり、不具合の修正をしたり、ThinkPadX61t+OneNoteの画面をネット越しで相手に見せながらの議論など、LogMeInなしでは成立しなかった仕事がたくさんありました。
  • Google Chrome
    Windows上では、さまざまなサイトの閲覧や用途別に、Firefox3、Opera、Safariを入れていましたが、Google Chromeの登場以来、ほとんどこればかりを使っています。起動、動作ともに高速、アプリケーションショートカットの作成もとても便利。Mac版の登場も期待しています。
  • Gmail、Google Calendar、Google Documents、Google Reader
    Googleのサービスにはお世話になりっぱなしの一年。複数機器の組み合わせで仕事を行っている私には、Googleの洗練されたサービスが欠かせませんでした。
  • tTakana、PapeCale、OffisnailDate+
    iPhone登場や、X05HTの登場などでなんどもゆらぎましたが、結局X02HTは今年も大活躍。そのなかでも、付箋代わりにToDoやアイデアメモを書き込んでいけるtTakana、普段の行動記録にPapeCale、頻繁に変動する予定管理にOffisnailDate+。ものすごく使用頻度が高く、実に安定動作。本当にすばらしいです。とても感謝していますm(_ _)m
  • Plaxo
    このサービスのおかげで、Outlook、Google Calendar、iCalがすべて同期できています。なんというすばらしいサービスでしょう。
  • MyLifeOrganized
    VAIO typeGを起動直後、自動で立ち上がるように設定。まずMLOでToDoを確認。ちょっとしたアイデアプロセッサとしても軽量動作で大活躍。ただし、一部日本語では文字化けすること、Undo/Redoが1回しかできないのが残念。無限回Undoとは言わないまでも、複数回のUndoくらいはできてほしい。またWM版のMLOはあまりにも動作が重すぎるので、なんとかなればいいのですが。
  • Windows Live Writer
    記事タイトル編集の挙動がおかしかったりするのですが、ココログのリラックマのデザインが編集時に反映されて、そこそこの安定動作のおかげで、ブログ執筆がはかどりました。
  • 秀丸エディタ・秀丸メール+Atok
    なんといってもここ数年、秀丸にはお世話になりっぱなしです。秀丸があるためにMacへの完全移行がすすみません。CrossOverで秀丸が安定動作しないかなあ、、、
  • iTunes+FrontRow
    洗練された操作感がいいですね。今年はラフマニノフのピアノ協奏曲(アシュケナージ、ツィマーマン、キーシン、ラフマニノフ本人)を聴きながら、多くの作業を快適に行うことができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年最後の挙動不審かな。

17年ぶりに再放送されるTBSの源氏物語上の巻を録画すべく、先日M-1録画(U字工事を応援していました)用に購入したちょいテレをThinkPad X61tに差して、予約録画設定。Vistaの設定画面で、PCのふたを閉じても、休止状態やスリープに入らないようにちゃんと指定しておいたはずなのに、、、録画が始まっていることをちらりと確認し一安心。ふたを閉じると、知らないうちに、なんとスリープに入っていた(>_<)
別に電源もコンセントにさしたまま、バッテリー残量も十分。WIndows Updateも関係なし。いったい何なんだこの挙動不審は、、、
一番観たかった、夕顔の巻に相当する場面を録りのがしてしまった。ううう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MobileMeついに正常稼働。

やっとやっと、やっとのことで、ようやくMobileMeが正常動作するようになりました。つい先日、新たにMobileMeのシステムが見直されたとのこと。これまでLeopardを入れた初代MacBook、XP、Vista、Safafi、Firefox3とどのOS、ブラウザからアクセスしても、またサポートの方の指示書きに沿って作業しても、うまくいきませんでした。あきらめかけていたのですが、だめもとで再度MacBookからアクセスするとすんなりと正常動作。ううう、感涙。年内に無事正常稼働するようになってよかったです(*^_^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

macjournalから再び投稿テスト

さらに投稿テスト。今度は?
やった!うまくいった!

今度こそカテゴリが反映して欲しい。
けど、やはりだめみたい。なぜだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

test from Qumana

Qumanaからの投稿テスト。WYSIWYGでの編集に難あり。日本語の変換確定前の文字で表示されない。かわりにSource Viewを使えば問題ないけど、、、ちょっとこの挙動は使い続けるにはつらいかも。取得した過去記事の閲覧がやりにくい。

過去のエントリー取得は問題なし。

カテゴリーも反映されている。

Powered by Qumana

| | コメント (0) | トラックバック (0)

test from ecto

ectoからの送信テスト。

なぜかローカルの背景色をかえようとするとソフトが強制終了してしまう。不安定なのかなあ。

ちゃんとカテゴリが反映されているみたいだ。

動作はとても軽い。とりあえず20日の試用期間いっぱいは使ってみよう。

一度ローカルに取得した過去記事を編集して再投稿してみたけど、そこでソフトがフリーズしてしまう、、、

なにかとコンフリクトしているのかなあ。

追記:フリーズしていると思ったのは気のせいでした。ちゃんと修正は反映されています。サーバーとのやりとりに時間がかかるのでしょう、きっと(←素人の勝手な推測)。

| | コメント (0)

MacOSX 基本的な使い方の覚え書き

拡張子に関連付けられたソフトの変更
 Finderでファイルを右クリック>情報を見る>このアプリケーションで開く

追記:ectoで過去記事を取得後、カテゴリを修正して再投稿してみます。果たして結果は?

追記2:かなり時間がかかるけど、ちゃんと修正が反映しているようです。ココログのサーバーとの間のやりとりに時間がかかるのかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

test from macjournal

MacJournalからのテスト投稿。
無事投稿できている模様。
過去のエントリもすべて取得。
「すべて」では200記事しか取り込めず。
記事数「391」を入力したら、すべて取り込めました。

xfy Blog Editorはフリーズ多発だったので使用断念。
MacJournal5を試用中。
これまで、Windowsでいくつかのブログ投稿ソフトを試しましたが、なぜか過去の記事を取り込もうとしても失敗することが多かったので、過去記事をローカルで参照するということが難しかったです。
MacJournal5ではスムーズに過去記事が取り込めるし、なによりも評判通り、動作が軽い!
とても気に入りました。

追記:MacJournalからブログへ投稿するさいにカテゴリを一つ以上選択するようにダイアログがでるので、指示通り選択するのですが、どうもアップされた記事にはカテゴリが反映されていないですねえ。ちょっと不便だなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

古山浩一著「楽しい万年筆画入門」げっと。

万年筆画で著名な古山浩一氏の「楽しい万年筆画入門」を買いました。美しく、なにより楽しい絵が満載で、眺めているだけで楽しくなってきました。

で、ぱらぱらめくってみると、なんと、次のような記述が!

この色鉛筆の特長を生かすには、なるべく色数の多い物を購入するのがベストです。

なるほど。

ようするに絵を描く上で最も難しい色の組み合わせが基本12色の組み合わせなのです。

ふむふむ。わかりました。全色そろえまーす!!(←こういうときは、ヤケに素直です(^_^;)?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Alt+Tab使用回数を減らすために、使用機器数を増やしています。

ついつい1台のPCや1台のMacで何でもかんでもやってしまおうとしがちなので、大量のアプリケーションを起動し、Alt+Tabを連打する日々が続いていましたが、これはパソコンに相当負荷がかかるらしく、すぐに不安定になってしまいます。

そこで、この数日は意識的に1台あたりの同時起動ソフト数をへらし、同時起動するコンピューター数を増やして利用中です。具体的には、

  • VAIO typeGでは、秀丸でテキスト編集、Illustratorでちょっとした図の修正
  • 初代MacBookでは、PDFの閲覧、検索、SafariによるWEB検索、iTunesで音楽再生
  • Thinkpad X61tでは、gmailのやりとり、ネットワーク越しの相手にLogMeInでこちらの画面を見せながらOneNote2007による手書きの図で議論
  • デスクトップでは、重い処理

のように、役割分担をしています。Alt+Tabの使用頻度がだいぶへり、それぞれのコンピューターのいいとこどりができるので、快適です。

初代MacBookを購入してしばらくは、ParallelsにWindows2000を入れ、Macだけで何もかもやってしまおうと思ったときもあるのですが、やはり、無理がありました。

この複数機器の同時稼働がやりやすいのも、DropboxやGmail, Google Documentsとったすばらしいサービスのおかげです。ファイルはDropboxで同期し、機器間で同時に閲覧したいToDoや進捗状況などのメモは、Google Documentsを使ってどの機器からでも編集できるようにしています。

また、ネットブックなど低価格帯ノートが手に入りやすくなっているので、用途ごとにノートを用意して連携というのも、やりやすそうです(新型MacBookもコストパフォーマンスがよさそうですね)。今回のやりかたがとても快適だったので、今後も、複数機器の同時利用について試行錯誤してみたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プラネックスのUSBディスプレイアダプタPL-USDVIとmathey iPcLinkとのコンフリクト。

仕事場で使っているデスクトップPCには、Dellの液晶を2枚つなげています。デスクトップ本体には、1680x1050の液晶モニターをつなげてプライマリ ディスプレイにしています。セカンダリの方は、1620x120の液晶モニターを、プラネックスの、PL-USDVIというUSBディスプレイアダプタでつなげています。広大なディスプレイを使えるため、とても作業効率が良いです。
とことが、このUSBディスプレイアダプタ、ちょっとくせがあります。USBポートに差しっぱなしにしたまま、OSを再起動させようとしても、OSが起動しなくなります。はじめ、原因が分からず、OSが起動せず、びっくりしました。毎回、OSの終了時にはディスプレイアダプタを抜きさえすれば、問題ないようです。

これ以外に先日もう一つ問題が発覚。デスクトップPCとVAIO typeGやMacBookとの間での大きめのデータのやりとりには、matheyのiPcLinkを使っていますが、USBディスプレイアダプタをさしたデスクトップPCに、iPCLinkをさすと、アダプタが無効になりました。

PL-USDVIもiPCLinkもそれぞれ便利に使っているのですが、運用方法にちょっとだけ注意しないといけないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あらためてLeopardによるファイルの探しやすさに脱帽。

初代MacBookは、HDDを250GBに換装し、Leopardが入れてあります。Dropboxを通じて、PCたちとのファイル同期がとても簡単にできるようになったため、ますます、PCとMacとの共存環境での作業がはかどっています。

WindowsでもGoogle desktopがありますが、やはりMacのSpotlightの使い勝手の良さは別格ですね。さらにLeopardではFinder上でファイルを開く前に中身が見える(見えないファイルもありますが)し、スマートフォルダもあるので、とてもファイルが探しやすいです。

そこで、Dropbox用の同期ファイル内にあるPDFなどの文献などから必要となる該当箇所を探し出すさいには、Macを多用しています。最近ではWindowsでもそこそこの速さでPDFを閲覧できるようになりましたが、やはりMacのプレビューは高速ですね。PDFなどは主にMacBookで開き、必要に応じて修正作業は、VAIO typeGで行っていますが、DropboxですぐにMac側にも変更が反映されるので、とても便利です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポリクロモス色鉛筆追加予定。

先日、ポリクロモス色鉛筆の12本セットを買ったのはいいのですが、この12色では、色が足りなすぎですねぇ。分かっていたことではあるのですが。ということで、ばら売りの色鉛筆たちをどんどん追加する予定です。
今度購入予定の水彩色鉛筆の方は、一気に120本入りを買おうかなあと思案中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »