« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

パスポートサイズのトラベラーズノートが出るらしいですね。

パスポートサイズのトラベラーズノートが発売されるらしいです。これは、迷わず買うと思います。いまから待ち遠しいです。

http://www.itmedia.co.jp/bizid/articles/0901/30/news061.html

デザインフィルは、カバーに牛革素材を使用した「トラベラーズノート」シリーズの新製品「トラベラーズノート パスポートサイズ」を3月18日に発売する。価格は2940円。4種類のリフィルも同時発売し、こちらの価格は252~378円。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Zoundry Ravenでブログ過去記事のオフライン閲覧。

Windows用で、ブログの過去記事をオフラインで参照でき、手軽にキーワード検索できるブログエディタでなかなかよさそうなものが見つかりません。Mac用ならMacJournalもEctoも、過去記事をオフラインでさくさく閲覧できるのですが、Windows Live WriterもBlogWriteも、なぜか過去記事の閲覧が不便で、閲覧のたびにオンラインと同期をする必要があるみたい。xfy Blog Editorはあまりにも重く、過去記事取得も不安定、、、

Zoundry Ravenというソフトをやっと見つけたので、試用中です。インストールの際に、PC内にあるWindows Live Writerの設定を自動で読み込んでくれました。これにはびっくり。もちろん、パスワードまでは読み込んではくれませんので、手動で入力しましたが。

USBメモリにインストール可能らしいので、Dropboxフォルダにインストールしてしまえば、複数のPCでそのまま閲覧編集できるかもしれません。過去記事取得も5000記事までOKみたいですし、キーワードによるフィルタリングも簡単にできました。新規記事作成時の複数カテゴリーの選択も簡単。結構よさそう。

追記:過去記事閲覧の操作性がちょっと良くないです。標準的なメーラーと同様の3ペインで、記事タイトルをカーソルで移動していけば、どんどん記事内容をプレビューできるのかと思いきや、無理でした。次の記事タイトルに移動した瞬間、なぜか非アクティブになるため、記事を連続的にパラパラとめくることができません。ちょっと残念。ショートカットキーがあるのかもしれませんが、まだ見つかりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

S11HTのevernoteとEMONEのevernote。

emone alphaでevernoteを使ってみたけどなぜかタイムアウト連発でメモを参照できません。 S11HTでは問題なし。そこそこ実用的な速度でメモを閲覧できますねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MacBookAir見送り。

昨年末からMacへの完全移行を目論み、いろいろ試した結果、最後に行く手を阻んだのが、秀丸とLaTeX関連ソフトでした。MacBookAirを入手し、全部これで運用したい、なんて考えていたのですが、Parallelsを入れてしまうと、容量不足になりそうな予感。しばらくは、初代MacBookとVAIO typeGとの併用が最善ではないかと判断。MacBookAirの購入は、当分の間見送ります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

秀丸をMac OSXのParallelsで使う際のメモ。

いろいろとMac用のテキストエディタを探し回っているのですが、正規表現で抽出可能なアウトライン表示をもつエディタというのが見つかりません(miでアップルスクリプトを使って非リアルタイムにアウトライン表示するというのはあるようですが)。というわけで、悩んだ末、素直にParallelsのXPを使うことにしました。
何かとLaTeX関連でトラブってしまうことも多いので、ParallelsのXPには、
・Lhaz
・秀丸(田楽dll, Prism, 祝鳥, その他自作マクロとキー設定ファイル, hilightファイルはDropboxにSettingsフォルダを作り、そこに保存してあるものをコピー)
・TeX installer 3(によってインストールされるLaTeX関連パッケージ群)
・WinTpic(WinTpicに限ってはCrossOverで動かすこともできますが)
をインストール。
Dockには秀丸、WinTpicを登録。
ParallelsのXPをシャットダウンさせず、「中断」という形でParallelsを終了させておけば、Dockに登録した秀丸のアイコンをクリックして、5秒程度で秀丸が起動してくれます。これは実にすばらしい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TeXShopにはアウトライン表示がないのかあ。

最近、バージョンアップしたWinShellを知人が使っているのをみて、日本語が普通に使えて、¥chapter, ¥section ¥subsectionなどを自動的にアウトライン表示されているのを知り、勝手にTeXShopでも同じようなことができるものだと信じて疑いませんでした。が、いざTeXShopを使ってみると、アウトライン表示のための項目がない。どこにもない。どうやらTeXShopではアウトライン表示されないらしい(大泣)。そういえば、この初代MacBook購入時、TigerにTeXShopをインストールして、今回と全く同じようにがっかりしたことを思い出しました。う~ん。なぜ?

というわけで、やっぱりParallelsに入れたXPと秀丸+祝鳥は、欠かせないなあと痛感しました。秀丸のように、正規表現でアウトライン表示できるようなMac用のテキストエディタは、存在しないのでしょうか。もしなければ、Carbon Emacsでdocumap.el を使わせて頂くことになるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

OmniFocusレジスト。

使用開始直後からすっかり気に入ってしまったOmniFocusの試用期間が終わりましたので、先ほどレジストしました。OmniFocus 1.5はMobileMe経由で複数のMacとの同期もできるみたいですので、今月末あたりに購入予定のMacBookAirとの連携もたのしみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Kengintonの新製品がでるらしい。欲しい!

engadget.comさんの記事に、Kengintonのトラックボール新製品SlimBlade Trackballが紹介されていました。
http://japanese.engadget.com/2009/01/16/kengington-6/

たああんF家は、トラックボール派。ロジクールのトラックボールをいくつか試した後、最近では、KengintonのExpertMouseに落ち着いています。自宅に2つ、仕事場に1つ、実家に1つの計4つあります。右手は、筆記作業でくたびれているため、なるべくトラックボール操作は、左手で行っています。新たに発売されるトラックボールには、ひねる、という操作もできるらしいですね。発売がとてもたのしみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MacJournalの記事はSpotlightで探せる。

ecto3, MacJournal5のどちらがブログ投稿用によいか未だに悩み中。
記事作成中にカテゴリも設定できるのが、ecto3。
過去のエントリーをカレンダーから探せたり、Spotlightの検索に対応しているのが、MacJounral5。
どちらもそれぞれいい。
もう少し、なやみそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Pages '09による文書作成は快適でした。

やっとこさ、配布書類の作成を終えました。今回は、Pages '09を使いました。

これまで、Word 2002で書類作成をして、上書き保存のたびにクラッシュし、再起動とクラッシュの無限ループに疲弊。しかたなく一太郎 2004で作るも、相手側が一太郎文書を読めないためにPDFへの変換が必要。このPDFへの変換がくせもので、Acrobatを使うと画像が引き延ばされたり、レイアウトが崩れたり。ほかのPDF変換ソフトを複数試しましたが、どれもなんらかの不具合あり。なくなく、レイアウトを変更したり、透過画像を取りやめたりといったことで対処していました。徹夜明けで、よし書類完成!と喜ぶのもつかの間、PDFへの変換で悩み、焦り、困り果て、疲労困憊の連続でした。

今回は、新年第1弾の配布書類作成。心機一転、初代MacBookのPages '09による文書作成。なんて快適なんでしょう!まだPages '09のキーボードショートカットをマスターしていないので、マウス操作が主になってしまいましたが、実に快適。安定動作。図版の貼り付けも、フローティングできれいにレイアウトされるし、貼り付け時のレイアウト用の補助線(?)が表示されるのもとても親切(もしかしたらWordや一太郎でもあるのかな)。なによりも、Word 2002や一太郎 2004のような、妙な挙動がなく(もちろん、wordよりも一太郎の方がはるかに素直に動いてはくれますが)、とても自然に、ここで、こう動いてほしいと思った通りの素直な動作をしてくれました。

最後にPDFとして保存。念のため、Dropbox経由でWindows機にコピーして、XPとVista上で正しく表示されるかを確認。問題なしでした。

ここ半年で、もっとも快適な作業でした。うれしい。うれしすぎる(感涙)。

| | コメント (0)

iBloggerからの登校テスト。

どうなることやら。
慣れたら速く入力できるのかなあ。
予測変換はなかなかだなあ。

| | コメント (0)

ATOK2008 for mac 試用中。

ATOK 2008 for macの評価版をダウンロードし、試用中です。

すでにWindowsではATOKが欠かせないツールとなっていましたので、やはりMacでもATOKを使いたいところですね。ただ、せっかくMacを使っているので、「ことえり風」のキーバインドを試したのですが、英数キーを2回押しで英数字に再変換するということえりの機能は、使えないみたいですね。がっかり。

でも、変換効率はさすがにいい。Windowsから個人辞書を 引き継がず、まっさらな状態で使っていますが、実に快適。日本語入力で思考を妨げられないのがいいです。もう少し試用を続けますが、おそらく購入すると思います。

| | コメント (0)

Butler試用中。

Macで多機能ランチャといえば、QuickSilverかButlerかで悩むところらしいです。どちらも便利そう。まずは、Butlerから試したいと思います。

| | コメント (0)

1PasswordとTextExpander。

Macを使うなら必須のシェアウェアとの評判の1PasswordとTextExpander。同じ会社のソフトとは知らずに試用していました。たしかに、これは必須ですね。

ということで、まず1Passwordをレジストしようとしたら、TextExpanderと一緒に買うと20%オフですよとのメッセージ。おお、これはありがたいと、セットでレジスト。

メイン環境をMacに移行するにあたって、しばらくはレジストが続きそうです(大汗)。

使用感については、後日アップしたいです。

| | コメント (0)

Delicious Library 2購入。

古いバージョンのDelicious Libraryを使っていましたが、今更ながらメジャーバージョンアップがあったことに気付きましたので、迷わず速攻レジスト。Delicious Library 2から直接購入できるんですね(前のバージョンもそうだったのか、もう忘れてしまいました)。

なにやらLeopardに最適化されているとのこと。ダウンロードして起動するとiTunesのライブラリーにアクセスしてすぐに本棚に登録されたのにはびっくり。CDだけでなく、Movieもサムネイル化されて登録できているとは!

今日アマゾンから届いた本5冊のバーコードをさっそくMacBookのiSightでよみとり、登録。なんて鮮やかなんでしょうか!

ゆくゆくはバーコードスキャナーを購入予定ですが、数冊ずつであれば、MacBookさえあれば簡単に登録でいるので、しばらくはこのままでいいかもしれないです。

| | コメント (0)

橋本大也著「情報力」翔泳社。

橋本大也氏の新刊「情報力」を購入しました。

どのページも濃密かつ簡潔。大変テンポの良い文体で、一気に読み進めることができました。図版もとても工夫されていて、すばらしい。半端じゃない手間がかかっていること、著者の高度な情報圧縮能力、伝達能力がひしひしと伝わってきます。数ページ眺めさえすれば、この本自体がまさに「情報力」の結集であることが分かります。

本を読むときには、気になったページの本の端に折り目をつけるのですが、(知らず知らずに自分も実践していた項目が書かれているページを除いて)、この本はほとんどすべてのページに折り目がつきました。

以下に、特に印象深かったものをいくつか覚え書き。

《速読よりも「即読」で効率よく情報吸収》
この「即読」ということば、とても気に入りました。普段大量に活字にふれ、時間が空いたら書店巡りするのが大好きな私が、それなりに(=かなりいいかげんに)活字情報を処理してきた読み方が、まさに「即読」だったんだなあと、とても気持ちが晴れました。

《専門家の第一印象をデータベース化してしまう》
「適応性無意識」により、第一印象の精度が高いという内容になるほど、納得。受験生のころにも、迷ったときははじめに選んだ選択肢を優先する方がよいということを、複数の先生から聞いたことがあります。まあ、受験生は専門家とはいえないかもしれませんが、それも「適応性無意識」といっていいのかも。

《覚醒レベルに合わせた知的作業の割り当て》
覚醒レベルが低いときには、《手を動かすだけで前へ進む仕事は、むしろ心地よく感じることさえあるだろう》とは、本当にそうですよね。早速、覚醒レベルの低い状態で、この「情報力」からの抜き書きを実行させていただきました(結構すなおな私)。

ほかにも、見開きで右ページ下には「使えるツール39選」として、さらりと、実に便利なツールが紹介されていました。

早速、知人たちに、 この本をおすすめしておきました。

| | コメント (0)

ポメラとトラベラーズノートとデジカメ。

ちょっとしたセミナーを聞きにいくために、ポメラとトラベラーズノートとサイバーショットT70を小さいリュックに入れて、自転車で出かけました。

トラベラーズノートには、キャップレスデジモMニブ(+ブルーブラックのカートリッジ)とキリタのシャープペンシル(+0.5mm2B芯)を挟んでいます。

結局、メモはすべてトラベラーズノートの軽量紙リフィルに、キャップレスデジモMニブで書くだけで、ポメラもデジカメも出番はありませんでした。ですが、もしかすると配られた資料などをその場でJPEG化するかもしれないし、もしかするとURLなどちょっとしたメモをデジタルでとっておきたいかもしれないし、、、と「もしかすると」の不安解消には、サイバーショットやポメラはとてもいいですね。

人の話を聞きながらのメモが主となるような場面では、ポメラのように電池の残量を気にすることなく、半日でも余裕でもってくれるのがありがたいですし、なによりも、結局使わなかったとしても、たいした重量ではないから、躊躇することなく持ち運べます。

結局使わなかったとはいえ、なんだかスッキリした気分でした。

| | コメント (0)

EvernoteでWEBクリップ。

MacBookの利用頻度増加に伴い、MacOS XでもXPでもVistaでも、OSを気にせずメモを同期できるEvernoteをよく活用しています。

特に、FirefoxのアドオンによってEvenoteへウェブページの気になった箇所をクリップできるところが気に入っています。
このおかげで、XPを使いながら、Macの設定などで気になって調べたサイトの情報をEvernoteに貼付けておけば、後ほどMacBookを起動した際にも同じ情報が参照できます。

この用途のためにGoogle DocumentsやGoogle notebookを使っていたのですが、あまり動作が安定せず、またいくらGoogle Gearがあるとはいってもオフラインでの使い勝手があまりよくありませんでした。

Evernote自体は、ThinkPad X61tにインストールしていましたが、バージョン3の出始めの頃だったため、私の環境では、とても不安定で、あまり印象がよくありませんでしたが、久しぶりに最新のものを使ってみると、大変快適になっていました。

私がEvernoteを使っている様子をみた知人が、それなに?と興味を持ってくれたようだったので、説明したところ、そんなに便利なものがあるのかと驚き、Dropboxとあわせて、即インストールしていました。さらにそのやりとりを近くで見ていた知人も即インストール。Evernote+Dropboxの密度が増大中です。

emobileの回線を使っている時に、Firefoxのアドオンを使ってクリップすると、ちょっと待たされるのですが、十分実用的です。

| | コメント (0)

Bento2試用中。

前から気になっていたBento 2を試用中です。

以前、Windows用のFileMaker Pro 6を使って個人用のデータベースを作ろうとして、大失敗した経験から、しばらくはデータベースソフトには触らずにいました。

ですが、Bento 2は当時漠然と、こんなことがやりたいなあと思っていたことができそうな予感。個人用のデータベースということで、リレーショナルなど複雑なことはできないようですが、Leopardに特化したというだけあって、アドレスブック、iCal、Mail.app、クイックルックなどの連携が自然に行えるとのこと。これは良さそう。

プロジェクトごと、人ごと、イベントごとにトラッキング用のデータベースを作っておくことで、個人的なメモが有機的にリンクされるのはうれしい。以前やりたかったことが、実現できそうな予感。まずは、楽しみながら試用したいと思っています。

| | コメント (0)

Mail.appとGmail。

MacBookのMail.appをおそるおそる使い始めてみました。メール本文の日付情報(「今日」、「昨日」など)を自動認識して、すぐにToDo項目を作成でき、その項目はiCalと共有されるというのはすばらしい。OmniFocusやBento2もMail.appとの連携に配慮された設計になってるようなので、これはどんどん活用したくなりました。

先日、Windows用のソフトでGmailのバックアップを試みたものの、なぜかまったくうまく動作せずがっかり。そこで、Mail.appGmailの送受信をしてみようと思い、アカウント設定。はじめからIMAPで設定すればよかったのに、デフォルトの自動設定でアカウント作成したため、POPで設定されていました。GmailのPOPはすでによく知られている通り、かなり癖が強く、どこかで一度POPによる受信をしてしまったら、ほかのパソコンからは(recent:などの工夫ぬきでは)受信できないようです。しばらく、POPの設定に気付かず、なぜかある一定期間がいくら受信しようとしても受信できずはまってしまいました。

で、気を取り直してIMAPで設定。現在サーバーと同期中。かなり時間がかかりそう。

| | コメント (0)

今日もまたWordの不安定に悩む。

VAIO typeG(WindowsXP)にインストールしてあるWordがとにかく不安定で困っていました。その回避方法らしきもののメモ。

typeGにはOfficeXPをインストールしていたのですが、さらにWord 2007,Excel 2007, Outlook 2007 もインストールしました。アップグレードの際には、もとのWord 2002も残しておいたのですが、これが原因かもしれない。古いWord文書をWord 2007の互換モードで開けば、とくに問題なく編集できますし、AcrobatでPDFに変換できます。ところが、Word 2002で開くと、一見問題なく動作していそうなのですが、上書き保存をしようとCtrl+Sを押した直後、クラッシュ、復帰、クラッシュの無限ループに陥ります。

というわけで、原因らしき原因は当然素人の私には分かりませんが、少なくとも、アップグレードインストール時に、古いWordを残しておいたとしても、古いWordの方は満足には動作しない、というのが私の環境での結論です。

とはいえ、なんとかならないんでしょうかね。原稿提出の締め切り直前に、思わぬトラップにはまってしまい、予想外の疲労感、、、

| | コメント (0)

X02HTとSyncMateとOmniFocus。

試用中のOmniFocusがすっかり気に入っています。ここで一通り整理したプロジェクトやアクションをiCalに同期すると、SyncMateを通じて、X02HT上のToDoに同期されます。Mac上で整理されたOmniFocusのアクションたちを、常時携行しているX02HTで閲覧編集できるといいなあと思っていたのですが、あっさりと実現しました。これまでほとんど使ってこなかったX02HTのToDoは、OmniFocusとの連携専用に使いたいと思います。

| | コメント (0)

X02HTとSyncMateとMacBook。

やっぱり、X02HTの予定データを直接MacBookのiCalにコピーしておきたくなりました。また、できれば、PapeCaleでつけている行動記録をPapeTransをもちいて出力したtxtデータもMacBookにバックアップし、Spotlightの検索対象にしたくなりました。

そこで、Windows Mobile端末とMac OS Xとの同期ソフトを探したところ、SyncMateにたどりつきました。

早速、SyncMateをダウンロードし、インストール。アプリケーションフォルダのSyncMateのパッケージ内容を表示させたところ、Contents>Resourses>SyncMate.arm.cab というファイルがあったので、どうやらこれがX02HTでも使えるドライバだろうと思い、このファイルをX02HTにコピーし、実行。たしかにX02HTでも使えるドライバでした。

USBケーブルで接続後、SyncMateでiCalの項目で双方向の同期を設定した上で、「Sync」ボタンをクリックすると、予定表のデータがiCalと同期されました。ただし、なぜか私の環境では、OffisnailDate++で入力した終日データがすべて2重に登録されてしまいました。なぜだろう、、、

基本的には、X02HTの予定表データをiCalにバックアップするのが目的なので、双方向の同期をさせる必要がないので、設定をX02HT->Macという一方向に変更しておこうと思います。

ただ、思いのほか便利で、あっさりとMacとの同期が実現してしまったので、まだいろいろといじってしまうでしょう。OmniFocusを試用中なのですが、OmniFocusとiCalのToDo同期をまだ試していませんでした。 OmniFocusとiCalのToDoを同期し、さらにSyncMateでX02HTのToDoと同期するというのは、便利かもしれません。OmniFocusについては、素直に、iPhone/iPod Touch版と同期させるのがよいのかもしれなませんが。

X02HTの標準機能としてのToDoはほとんど使っておらず、ToDo項目はtTakanaかOffisnailDate++に入力していたのですが、このSyncMateの利用を機に、OmniFocusとの連携も視野に入れて、試行錯誤してみたいと思います。

| | コメント (0)

OS X 10.5.6へのアップデート後、iWork '09トライアル。

iWork '09のトライアル版をやっとのことでダウンロードし、インストール、、、と思ったら、なんとOS X 10.5.6へアップデートが必要とのこと。この細い回線下でさらに断続的なダウンロード作業の後、ようやくアップデート完了。そしてトライアル版のインストールも完了。ふう。やっと使えるぞ。

| | コメント (0)

VAIO typeP!!

年末年始は、初代MacBookをいじり倒し、今月末には、MacBookAirを導入するかな、、、と思っていたところに、なんとVAIO typePの登場。588gという軽さにぐっときた。XPなら迷わず購入なんだけどなあ。それにしてもすごいコンパクトだ。ほしーっ!

| | コメント (0)

iWork '09のPagesのアウトラインモードに期待しています。

昨年から多くの画像を含むプリント作成をする機会が増えました。

まずはWordを使ってみたのですが、なぜかVAIO TypeGでのWordがとても不安定。1ページあたりにキャプチャ画像を数枚ずつ含む、合計20ページ程度のプリントを作るのに、上書き保存のたびにフリーズしたり、クラッシュしたりします。プリントの内容自体は、とっくに決まっているのに、その内容をデジタル化するために、世を徹する作業となることがしばしば。耐えられないので、一太郎に移行。

ところが、一太郎は、提出先の環境にはインストールされておらず、PDFとして変換する必要があります。このPDF化で、またまた不具合多発。Acrobatでは元画像の半透明な部分が塗りつぶされてしまったり、画像が妙に引き延ばされたりとめちゃくちゃに。いくつかのPDF変換ツールもためしましたが、どれも一長一短。いっそのことJustSuiteの最新版を導入するべきかもと迷っていました。

そんな中、年末からMacをメインで使う気になったので、現在Pages '08をお試し中。アウトラインモードさえあれば、もういうことなし、、、と思っていたところ、最新版のPagesにはなんと、待望のアウトラインモードが搭載されている!

で、早速トライアル版をダウンロード、、、しようと試みるも、なんども失敗。ううう、、、早く試したいです。ものすごくたのしみ。明日、時間を置いて、ダウンロードを再度試したいと思っています。

| | コメント (0)

X02HTとPOSyncとPlaxoとMacBookとiCal。

X02HTでPOSyncを利用させていただくことにしました。

基本的に新規予定の入力は、X02HT上のOffisnalDate ++で行っています。これまでは、WindowsXPをインストールしてあるパソコンでActiveSyncによりOutlookと同期。これをOutlookにプラグインとして組み込んであるPlaxoによってGoogle Calendarと同期。Google Calendarの共有機能によって家族と予定を共有表示させています。

さらに、今年は、Macをメインに使いこなしたいと考えているため、MacBookにインストールしてあったPlaxoを積極利用することに。いずれはMissingSyncを導入するかもしれませんが、とりあえず、手持ちの環境だけでの同期を試みることに。

X02HTのCommManagerで電話回線を切断後、WifiをON。POSyncでGoogle Calendarに予定を送信。MacBook上のPlaxoでiCalと無事同期完了。すばらしい!


いまのところ、Google CalendarもOutlookもiCalもバックアップ用なので、このままで十分に便利です。予定を頻繁に入力したり、変更したりという作業は、肌身離さず持ち歩いているX02HTのOffisnalDate++が私にとっては一番便利です。ただ、バックアップができるというのはとてもありがたいです。

iCalにデータを同期できることによって、AppleScriptなどを通じてより便利な予定管理ができるかもしれないと思っています。

| | コメント (0)

MacJournalからの投稿テスト(画像つき)。

画像つきではどうなるか。

​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​DSC00759_3.JPG


iPhotoから画像を選び、MacJournalにドラッグアンドドロップ。その後、MacJounarlの記事内でリサイズし、投稿。
無事投稿できているみたいですね。

数分前にectoでもおなじ画像をはりつけ、投稿したつもりだけど、なぜかectoはフリーズ中。なんでだろう、、、
フリーズしていると思っていたのは、まちがい。
どうも私の環境では、MacJournalにくらべてectoは処理速度が遅いみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ectoからの投稿テスト(画像付き)

投稿テスト。

画像はどうかな。


DSC00759.JPG

無事に投稿できたみたい。なぜか処理に時間がかかるけど、ちゃんとサムネイルもできている。

ectoの編集画面には、つねにカテゴリやタグの一覧が表示されているので、いいなあ。

でもメモ帳としての操作感はMacJournalの方が好み。

そもそも目的が違うソフトなんだから、比べるのは変ですね。

ブログ投稿には、やはりectoを使うのが無難なのかもしれない。

| | コメント (0)

大辞林と産経新聞。

iPod touchのアップデートも無事完了し、さっそくお目当ての大辞林と産経新聞をダウンロード。すばらしいですね!
大辞林!あの分厚い辞書を、パラパラめくりながらたのしく読めそうです。
産経新聞のほうも、いいですね。iPod touchならではのソフト。
バスや電車の乗り換えでの待ち時間での楽しみが増えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初代iPod touchをアップデート中。

初代iPod touch(8GB)を2.2にアップデート中です。
このところ、外出先での音楽鑑賞はiPod Shuffleを使っており、iPodTouchは妻が利用していました。
産経新聞の無料サービス、大辞林をはじめとする辞書類の充実と、今年はMacをメインで使おうと思っていることから、iPod touch熱が再燃。
妻には、iPod nano 4G をプレゼントし、それを使ってもらうことに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MacJournal5による記事タイトル文字化け解消!

MacJournal5で投稿した記事の日本語タイトルが文字化けしていたのですが、こちらに解決策が!!

http://naomemo.cocolog-nifty.com/macdecocolog/2008/04/macjournal_7dc7.html?cid=34656090#comment-34656090

Escape non-ASCII characters
Escape '<' and '>'

のチェックをはずすというので、解決しました!!
本当に感謝してます!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

yodobashi.comからbiccamera.comへ

yodobashi.comでiPod nanoを注文しようとしたのですが、なかなか商品ページにたどり着けませんでした。
私の使い方が悪いのかもしれませんが、biccamera.comで似たような商品と比べながら商品を探すのに比べて、はるかに手間がかかります(もちろん、キーワード検索すれば一発でたどり着けますが、、、)。商品カテゴリも、リニューアル前に比べて、かなり分かりにくくなったと思います。
しばらく、使い勝手の悪さに我慢しながら利用してきたのですが、ちょっと限界を感じました。
今後は価格差が大きい場合を除き、量販店通販のメインはbiccamera.comにしようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

試行錯誤中のMac用ソフトの覚え書き。

ただいま以下のソフトを試用中あるいはこれから試用予定。

  • Scrivener (レジスト済み)
  • Papers (レジスト済み)
  • BibDesk
  • TaskPaper
  • OmiOutliner
  • OmniGraffle
  • OmniFocus
  • TextExpander
  • Delicious Library (数年前にレジスト済み)
  • MacJournal 
  • Yojimbo
  • ecto
  • JeditX
  • TextExpander
  • Witch
  • Screenshot Plus
  • iClip lite
まだまだ試し足りませんが、とりあえずこんな感じです。 来週からの新年の仕事も、なんとかMacBookをメインで稼働できそうです。 ところで、MacってEmacsなどのショートカットが、だいたいどの場面でも使えて便利ですね。そんなにEmacsのショートカットキーにはなれていませんが、Ctrl+k, Ctrl+yは多用していました(秀丸にもCtrl+kは設定していました)。

入力作業の効率化のために、まだなれていない「ことえり」のショートカットを身につけ、辞書を鍛えておきたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年もよろしくお願いいたします。

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

昨年末にLeopardの使い勝手にとても助けられたことで、年末年始はMacBookのカスタマイズに注力しています。しばらくは、Mac関連の試行錯誤の記録が中心になると思います。Windowsに比べてよくわからないことも多く、つっこみどころ満載の記事になってしまうと思いますので、どんどんツッコミを入れていただけれると幸いです。よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MacJournalからの投稿テスト成功!

ついにMacJournalからの投稿テスト成功!
「ブログサーバを編集」でcocologのAPIがMetaWeblogになっていたのが間違いでした。
正しくは、MovableTypeでした。なんという基本的なミス。
これで、MacBookからのブログ投稿は、しばらくMacJournalにおまかせしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »