« TeXShopにはアウトライン表示がないのかあ。 | トップページ | MacBookAir見送り。 »

秀丸をMac OSXのParallelsで使う際のメモ。

いろいろとMac用のテキストエディタを探し回っているのですが、正規表現で抽出可能なアウトライン表示をもつエディタというのが見つかりません(miでアップルスクリプトを使って非リアルタイムにアウトライン表示するというのはあるようですが)。というわけで、悩んだ末、素直にParallelsのXPを使うことにしました。
何かとLaTeX関連でトラブってしまうことも多いので、ParallelsのXPには、
・Lhaz
・秀丸(田楽dll, Prism, 祝鳥, その他自作マクロとキー設定ファイル, hilightファイルはDropboxにSettingsフォルダを作り、そこに保存してあるものをコピー)
・TeX installer 3(によってインストールされるLaTeX関連パッケージ群)
・WinTpic(WinTpicに限ってはCrossOverで動かすこともできますが)
をインストール。
Dockには秀丸、WinTpicを登録。
ParallelsのXPをシャットダウンさせず、「中断」という形でParallelsを終了させておけば、Dockに登録した秀丸のアイコンをクリックして、5秒程度で秀丸が起動してくれます。これは実にすばらしい!

|

« TeXShopにはアウトライン表示がないのかあ。 | トップページ | MacBookAir見送り。 »

Mac」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/405011/27255525

この記事へのトラックバック一覧です: 秀丸をMac OSXのParallelsで使う際のメモ。:

« TeXShopにはアウトライン表示がないのかあ。 | トップページ | MacBookAir見送り。 »