« OS X 10.5.6へのアップデート後、iWork '09トライアル。 | トップページ | X02HTとSyncMateとOmniFocus。 »

X02HTとSyncMateとMacBook。

やっぱり、X02HTの予定データを直接MacBookのiCalにコピーしておきたくなりました。また、できれば、PapeCaleでつけている行動記録をPapeTransをもちいて出力したtxtデータもMacBookにバックアップし、Spotlightの検索対象にしたくなりました。

そこで、Windows Mobile端末とMac OS Xとの同期ソフトを探したところ、SyncMateにたどりつきました。

早速、SyncMateをダウンロードし、インストール。アプリケーションフォルダのSyncMateのパッケージ内容を表示させたところ、Contents>Resourses>SyncMate.arm.cab というファイルがあったので、どうやらこれがX02HTでも使えるドライバだろうと思い、このファイルをX02HTにコピーし、実行。たしかにX02HTでも使えるドライバでした。

USBケーブルで接続後、SyncMateでiCalの項目で双方向の同期を設定した上で、「Sync」ボタンをクリックすると、予定表のデータがiCalと同期されました。ただし、なぜか私の環境では、OffisnailDate++で入力した終日データがすべて2重に登録されてしまいました。なぜだろう、、、

基本的には、X02HTの予定表データをiCalにバックアップするのが目的なので、双方向の同期をさせる必要がないので、設定をX02HT->Macという一方向に変更しておこうと思います。

ただ、思いのほか便利で、あっさりとMacとの同期が実現してしまったので、まだいろいろといじってしまうでしょう。OmniFocusを試用中なのですが、OmniFocusとiCalのToDo同期をまだ試していませんでした。 OmniFocusとiCalのToDoを同期し、さらにSyncMateでX02HTのToDoと同期するというのは、便利かもしれません。OmniFocusについては、素直に、iPhone/iPod Touch版と同期させるのがよいのかもしれなませんが。

X02HTの標準機能としてのToDoはほとんど使っておらず、ToDo項目はtTakanaかOffisnailDate++に入力していたのですが、このSyncMateの利用を機に、OmniFocusとの連携も視野に入れて、試行錯誤してみたいと思います。

|

« OS X 10.5.6へのアップデート後、iWork '09トライアル。 | トップページ | X02HTとSyncMateとOmniFocus。 »

Mac」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« OS X 10.5.6へのアップデート後、iWork '09トライアル。 | トップページ | X02HTとSyncMateとOmniFocus。 »