« まっくのたぶれっとのうわさ。 | トップページ | coregaのCG-UMPC2UKMという切替器の調子良好。 »

corega CG-UMPC2UKMでキーボードとトラックボールの共有。(追記あり)

職場で使っているDellのデスクトップ(XP)と初代MacBook(OSX10.5.6)の2台に、東プレRealforce106とKensington Expert mouseを共有するため、いろいろと検討してみた結果、coregaのCG-UMPC2UKMという切替器を使うことにしました。

Synergyで共有したかったのですが、ネットワークの利用制限の関係で、手続きが面倒だったので、ソフトウェアではなく、ハードウェアで対応しようと思いました。

つないだだけでは、説明書に書いてあるようなホットキーやマウスの操作での切替が作動しなかったため、coregaのページでwin/macそれぞれについてドライバを入手し、インストール。ちゃんと動作するようになりました。マウスカーソルをMacの画面の右端を超えるように動かすと、Windows側にマウスカーソルが現れます。スムーズに切り替わるので、クリップボードが共有されているのではないかという錯覚に陥ることもしばしばです。

(追記)
と、順調だったはずが、急に認識しなくなることもありました。ううむ。なかなかうまくいかないなあ。

|

« まっくのたぶれっとのうわさ。 | トップページ | coregaのCG-UMPC2UKMという切替器の調子良好。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。