« iPhoneとX02HT。 | トップページ | まっくのたぶれっとのうわさ。 »

WinK for OSXでMacBook+Realforce106。

今年度は、外出時の秀丸+LaTeXによる執筆環境は主にVAIO type Pを使い、職場のメイン機はMacBookを使うことにしています。長時間、大量の入力を伴う作業で、少しでも手の負担を減らすべく、すべてのキーが軽荷重のRealforce106(PS/2接続+PS/2-USBアダプタ)とKensington Expert Mouseというお気に入りのトラックボールをMacBookに接続しています。特に、Realforce106を使うにあたって、WinK for OSXというシェアウェアを利用させていただいています。

http://www.trinityworks.co.jp/software/WinKOSX/

このドライバを導入し再起動後、
OSXのシステム環境設定>キーボードとマウス>修飾キー
で、CapsLockとCtrlを入れ替えました。

これにより、WindowsキーのないRealforce106で、快適にMacBookの操作ができるようになりました。

  • CapsLock -> Ctrl
  • Ctrl -> CapsLock
  • 左Alt -> Command
  • 無変換 -> 英数
  • 変換 -> かな
  • カタカナ/ひらがな -> Command
  • 右Alt -> Opt

という対応関係になっています。すばらしいです。CapsLockとCtrlを入れ替えてしまったために、右CtrlキーもCapsLockとして動作するのがちょっともったいない気がしますが、まああまり気にしていません。

また、
ユニバーサルアクセス>キーボード>複合キー「入」
の設定をしています。

Mac OSXは、Shirt, Command, Ctrl, Optキーがトグルされている状態が、ディスプレイ上に大きく半透明で表示されるので、とても分かりやすく、手の弱い私にとって、すばらしい親切設計だと感じます。同じことをWindows XP, Vistaで設定しても、タスクバーのものすごく小さいアイコンに、無理矢理Ctrl, Alt, Shiftキーが小さく表示されるだけで、パッと見ただけではどのキーがトグルになっているのかとても分かり辛いです。きっとなにかソフトをインストールすれば、この辺は改善されるのだと思うのですが、できれば、OS標準で対応してほしいなあと思いました(←もしかして、うまい設定方法があるのかなあ、、、)。

|

« iPhoneとX02HT。 | トップページ | まっくのたぶれっとのうわさ。 »

Mac」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« iPhoneとX02HT。 | トップページ | まっくのたぶれっとのうわさ。 »