« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

intuos4 small導入。

当ブログ、すらっとたああんを、自ら眺めてみて、よく思うこと。「文字ばっかり(大汗)。」
せっかくiPhoneやMacに囲まれているのだから、文字情報以外のことにも気をかけていきたいなあ、、、といつも思っていました。
特に、iPhoneを使って感じるのが、デザインのちから。洗練されたアイコン類をみていると、自分にかけているものを思い知らされます。

以前持っていたintuos3は、当時使っていたパソコンのスペックが明らかに秀丸とTeXコンパイラさえ動作すれば十分、という観点から選んだ、小型ノートPCには、当然のごとく相性がよろしくなく(intuos3のせいではなく、PCのスペックの低さが原因で、お絵かきソフトの動作が重すぎました)、実家においたままにしていました。またintuos3は超漢字3や4では使えず、FAVOを使ってみたりしたのですが、あまり使い勝手はよくなかったです。

という訳で、ペンタブレットからは遠ざかっていたのですが、ふと仕事帰りに量販店のデモでintuos4を触ってみたところ、びっくり。ペンの軸も太いし、筆圧1gから感知されるという性能通り、とても手に負担の少ない筆記ができましたので、購入即決。あとは大きさに迷うだけ。
Smallサイズであれば700gなのでMacBookAirと一緒に出張に持ち出せそうでしたし、そもそもとっても狭い部屋に住んでいるので、このサイズで十分と判断。お絵かきソフトが付属しているspecial editionの方を選びました。
まずはちょっとした落書きを描いて、intuos4になじんでいければなあ、と考えています。

といいつつ、やはり文字ばっかりのエントリでした(大汗)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

intuos4 small special edition

image911744651.jpg

| | コメント (0)

toycamera and oldcamera

iPhoneにToyCameraとOldCameraを導入しました。そのおかげで、とても楽しく写真を撮ることができました。
image824917062.jpg

| | コメント (0)

投稿テスト

image619608422.jpgiphoneから投稿できなくなったので設定をやり直し。

| | コメント (0)

iPhoneで利用中のアプリたちの覚え書き。

2009-07-16現在iPhone 3G(OS 3.0)で利用中のアプリを列挙しておきます。

Dock内
CalenGoo, domo Todo+. momo, メール

1枚目
電話, SMS/MMS, カレンダー, 写真
カメラ, Google, iGoogle, RainbowNote
ウィズダム, 大辞林, weathernews, OmniFocus
Things, 時計, 設定

2枚目
Byline, Safari, App Store, マップ
Wikiamo, Papers, ボイスメモ, 連絡先
GTasks, iBlogger, はてなtouch, 乗り換え案内
メモ, Convertbot, Bangumi, Evernote

3枚目
Now Playing, ぐるなび, YouTube, 1Password
iDiary, iTunes, iPod, NatsuLion
MotherTED, TED

4枚目
計算機, Google Earth, 株価, 天気
eReader, Stanza, Filez lite, ItemShelf

--
ToDo管理にはdomo Todo+という決定版アプリに出会ったので、OmniFocus, Things iphone, GTasksの利用頻度は激減しています。ただ、OmniFocusはMobileMe経由での同期が手軽ですし、MacのOmniFocusでは、かつてWindows上のMyLifeOrganizedで管理していたような、中長期プロジェクトに含まれる原稿執筆のアウトライン項目を入力してあるため、それを移動中にiPhoneで確認しています。つまり、OmniFocusはMacと同期可能な、アウトラインプロセッサとして使っています。MLOを使っていたときには、MLOのWM版(X02HT用はありませんでしがX01HT用にはありました)が劇重で、PC上で作成したアウトライン項目をPDA上で確認するのはあきらめていましたが、OmniFocusは(ちょっと起動が重いですが)実用上ほぼ問題ないのでうれしいです。

RainbowNoteはGoogle Documentsとの連携用に利用させていただいています。

以前hownやEBtに書きためてきた普段のメモのほとんどは、momoに置き換わっています。PC/Mac上からはオンラインサービスのmomoにFirefoxやSafariから入力し、iPhone用のmomoと連携しています。PC, Mac, iPhoneのいずれからも手軽に入力でき、メモが一カ所にどんどんたまっていくため、管理がシンプルで気に入っています。

メモ連携についてはEvernoteも一応インストールしてはいますが、私の環境ではあまり安定して動作しないため、利用頻度は低いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

domo Todo+の衝撃。

iPhone 3G(←3GSではない)へPIM環境の本格移行中に伴い、todoソフトをいくつか試しているのですが、私にとってX02HTのベストアプリであるtTakana級の衝撃を受けたソフトが、表題のdomo Todo+です。

こちらの作者さんのブログにあるように、すべての操作を最小手順で行えるように工夫してあり、iPhone 3Gであっても軽快に動作するよう設計されています。
1つのToDo項目に、複数のタグを付与でき、すべてのタグが常に主画面にボタンとして一覧されているので、タグごとの表示切り替えも、とても簡単です。
また、ToDo以外に、checklistの作成も行えるため、さっそく今週末の外泊用荷物リストを作りました。

X02HTのtTakanaの利用時と同様に、通常のToDo管理に加え、付箋やメモ帳に書き留めるようなちょっとしたメモは、すべてdomo Todo+で管理できそうです。

すでにすばらしい完成度なのに、まだまだ機能追加が予定されておられるようなので、今後のさらなる進化も楽しみです。
X02HTは、そのOSに由来する限定された(というか、端的にいえば、とても使い辛い)操作体系を、ソフトの作者さんたちの頭脳から生み出される数々の鮮やかな解決策によって、びっくりするほど快適なツールに生まれ変わりました。そのおかげで、予定管理、短期ToDo、メモといったPIM環境は、基本的にX02HT単体のみで利用できていました。tTakana, PapeCal, Offisnail Date+, jot, PhatNote, EBtWM6, BackLightToggle, EasyClip, KTPocketLaunch2, ClockOnTop, EBPocket, pDiceといったソフトがなければ、X02HT単体でここまで活用できたとは到底思えません。

domo Todo+レベルの洗練された操作系を持つアプリのおかげで、私のPIM環境にiPhoneがじわじわと浸透してくれています。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ウィズダム英和・和英辞典!!

今更ながらではありますが、iPhoneにウィズダム英和・和英辞典を入れました。
評判通り、インクリメンタルサーチもきびきび動作しますし、なぞったフレーズからの検索も快適です。
大辞林といい、ウィズダムといい、物書堂さんのアプリはすばらしいですねえ。検索用のコードはObjective-Cでは遅すぎるからC++で作ったということらしいですが、なるほど、なるほどです。Epwing辞書の検索ソフトがどうしてもうまく動作しなくなっていたので、iPhoneでの辞書検索の機会が減っていたのですが、ウィズダムの導入で楽しく辞書を引くことができています。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

iPhoneの母艦変更作業のメモ。

先日故障したMacBookから、新たにMacBook Air(Mid 2009)をiPhoneの母艦にしました。基本的にはiPhoneをMacBook AirなどにUSBで接続せずに利用していきたいので、インストールするアプリもなるべく3G回線経由でデータ同期できるものを選んでいます。Wifiでの同期でもまあいいのですが、自宅という限られた環境でしか同期できないというのは、どうも窮屈な感じなので、なるべくならMobileMeやGoogleと同期できるものを使いたいと思っています。

とはいえ、iPhone本体でアプリをダウンロードすると、どんどん不安定になるという話も聞きますし、また辞書などの大きいサイズのアプリ導入は母艦が必須です。そこで、MacBook Airを母艦にしました。

MacBook AirのiTunesで「Store>このコンピュータを認証」で認証を行い、iPhoneを接続し、「ファイル>購入したものを“○のiPhone”から転送」を実行しました。
故障したMacBookの認証が解除されていないままなのが気になりますが、認証機器数の上限値5に達した時点で、1年間に1回に限り、すべての認証を解除できる、といった記述がAppleのサイトにあったので、その時期までは放置しておくつもりです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

カテゴリー崩壊中(涙)。

ココログの編集画面でカテゴリーを整理しようと、いくつかのカテゴリー名を修正したのですが、うまく動作せず。いったん、すべてのカテゴリーを消去しました。ううむ。

追記:応急措置で、最近100記事分のMac, iPhoneのカテゴリのみ設定しています。閲覧しづらくなってすみません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CalenGoo!!

メインのスケジュール管理をX02HTからiPhone 3Gへとじわじわと移行中の私への強烈な後押しソフト、CalenGooを見つけました。

もっとも感動したのが、Daily画面です。時間軸のある上下方向へのスクロールだけでなく、前日、翌日への横スクロールも同時になめらかに行える点です。例えば右上方向へスクロールさせることで、次の日のより早い時間帯を参照できます。

Bild13.png(←CalenGooの公式サイトより拝借)

また、monthly, weeklyともに非常に好みのデザイン。google calendarとの同期もスムーズ。

X02HTを使い始めて、はじめのうちはパソコン上でOutlook, google calendar, icalをPlaxoをつかって同期し、さらにActiveSyncでX02HTを同期させていました。しかし、しばらくすると、Outlookを使いたくなくなり、同期の不具合にも対処したくなくなってきたので、同期を止め、OffisnailDateのみで予定管理していました。幸い、X02HTがきわめて安定していたため予定データがなくなるといったトラブルは皆無でした。

ところが、この4月に入ってからは、Google Calendarによる共有が不可欠になってきたので、携帯とGoogle Calendarとの連携を再考していました。
せっかくiPhone 3Gを購入し、パケット定額に入ったので、できればiPhoneとGoogleを同期させたいと思い、いくつかアプリをためしたところ、CalenGooにたどり着きました。

このアプリのUIは、とてもとても気に入りました。このまま安定動作してくれることを祈りつつ、楽しんで使っていこうと思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

職場PCの不具合に冷や汗。

先日の初代MacBookのHDDクラッシュにひきつづき、今度は職場のデスクトップPCが起動しなくなりました。
いろいろ試したところ判明したのは、ディスプレイを90回転して縦長に使っていたのですが、この縦長利用がくせ者らしい。なぜかAdobe Readerのアップデート後の再起動時に、セーフモードですら起動しなくなったのです。一度、ディスプレイをはずし、別のディスプレイにつけなおすと、セーフモードが立ち上がったので、システムの復元をし、再起動。無事復活しました。
システム復元の副産物として、先週からなぜかDropboxの同期がされなくなって困っていたのですが、この不具合も同時に解消しました。
ううむ。一体なんなのでしょうか。なぞだらけ。でも失ったデータは皆無できたので、とてもラッキーでした。

追記:さらに判明したのは、セーフモードが起動しなくなったというのは、勘違いで、縦にした状態でディスプレイが表示されなかっただけのようです。それにしてもびっくり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Finderのサイドバー修復。

初代MacBookのTime Machineで作成したバックアップファイルからMacBook Airにデータを移動していたところ、なぜかFinderのサイドバーに、旧機種のサイドバーに表示させていたアイコンが現れ、削除できなくなりました。結局、サイドバーの設定ファイル(?)らしき、
/usr/hogehoge/Library/Preferences/com.apple.sidebarlists.plist
を削除して、再起動することで、初期状態に修復されました。やれやれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

投稿テスト

MacBook AirのMacJounal5から投稿テスト。ココログのログイン方法が変更になったけど、投稿できるかな。
どうやら何も問題なし。MobileMeでデータ復旧もあっという間でした。便利。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MacBook Air (Mid 2009)の設定大会。

昨夜HDDがクラッシュした、満身創痍の初代MacBookの復旧は断念。
昨年末から購入を検討してのばしのばしにしていたMacBook Air (MC234J/A)をついに買いました。

初代MacBookを購入して3年がすぎ、HDDを60GBから250GBへと換装してもらう際に、TigerからLeopardへアップグレードし、快適に使っていました。AppleCareの保証期間には、ヒートシンクの不具合による基盤の交換、キーボードの不具合による修理、バッテリーの不具合による交換でアップルストアのジーニアスバーにお世話になりました。その迅速かつ丁寧な対応はすばらしいものでしたので、今回のMacBook Air購入時にも、迷わずAppleCareに加入しました。

MacBookの保証期間も5月末で終了。HDDの故障だけなら換装すればよいのですが、そうやって救済したとしても、自宅待機のサブ機としての利用にとどめるつもりです。

まず、この週末で新MacBook Airを一通り設定し、週明けからはメインで利用できるようにします。これが軌道に乗ってから、時間のあるときに初代MacBookのHDD交換を試みたいと思っています。

MacBook AirのSSDは128GBなので初代MacBookで使っていた250GBよりも小さいため、まっさらな状態から設定をしています。MacBookのHDDが壊れる数時間前に作成したTime Machineのバックアップデータには不具合がなく、すべて利用可能でしたの。移行ツールで一気にうつすのではなく必要なファイルだけを移動しています。

利用開始時には最低最悪の状態だったMobileMeのおかげで、アドレス帳をはじめ各種データが即同期されましたし、OmniFocusをインストールし起動直後に最新データに同期されたのには感動しました。やはりOTAはすばらしいですね。iPhone3Gも利用中の今では、MobileMeに加入してよかったと思っています。

まだ、設定大会の真っ最中なので、MacBook Airになじんでいるわけではないのですが、4本指によるExposeがお気に入りです。OSの起動のとても早いですねえ。

現時点でインストール済みソフト:
Firefox(Xmarks, AutoPager, Delicious), Xmarks for Safari
Dropbox, Evernote, MacJournal
CotEditor,
Papers, Yep
OmniFocus, OmniGraffle, OmniGraphSketcher,
iWork '09, Scrivener, XMind
textexpander, butler
TeX関連(TeX本体, ghostscript, gsview, TeXShop, Excalibur, BibDesk, JaxoDraw)
Bento2
Parallels Desktop 4.0


| | コメント (0) | トラックバック (0)

初代MacBookのHDDが故障。

初代MacBookのHDDは一度換装したのですが、つい数時間前にLeopardが起動しなくなりました。はてなマークがでたまま、異音が聞こえてくるばかり。
考え得るいくつかの操作で、起動を試みるも、どうやらHDDの故障みたいです。

ちょうど6月の初めには、職場のMac miniに、MacBookのデータはすべて移行ツールでうつしてありますし、職場から自宅へと持って帰ったMacBookは、1日前に新規外付けHDDをtime machine用にフォーマットして完全バックアップはしてあります。
time machineによるデータの不整合さえなければ、データはすべて復旧できるはずですし、そうでなくても、職場のMac miniからも復帰可能ではあります。

数日前からMacBookでのアプリケーションの挙動不審が続いたので、なにやらいやぁな予感がしていたのですが、まさかHDDの故障に遭遇するとはびっくりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »