« test | トップページ | 2010年にお世話になった道具たち:ソフトウェア・サービス編。 »

2010年にお世話になった道具たち:ハードウェア編。

今年もたくさんの道具にお世話になりました。
開発者の方々、関係者の皆様に深く感謝申し上げます。

特にiPad、iPhone4、新型MBAの登場によって、以前から思い描いてきた理想の道具が遂に実現されたと感激しました。今、この3つの道具で行っている作業をなんとか実現したかったために、これまでたくさんの機器で(しばしば無謀な)試行錯誤を続けていたんだよなあ、、、としみじみ。

■携帯端末
・iPad
私にとっては夢のようなデバイス。
かならず通勤時に携行し、Dropbox内に保存してある大量の文献を閲覧できました。プレゼンにも大活躍。外出時、出張時の荷物が軽くなりました。

・iPhone4
iPhone3Gでは、その処理速度に適したアプリを探し、利用法を限定していましたが、iPhone4のおかげで利用の幅が広がりました。


■パソコン・周辺機器
ほとんどの時間をSnowleopard上で過ごしました。
未だに秀丸エディタが恋しいのですが(←しつこい)、それ以外は腕への負担も軽く、挙動不審の少ない洗練されたMacOSXに大満足です。

職場
・MacBook Pro 17inch+Wireless Keyboard+Magic trackpad+Kensington ExpertMouse
ほとんどデスクトップのように使いました。Apple Mini DisplayPort-DVIアダプタと、ラトックシステムのREX-USBDVI2を使って、トリプルディスプレイにしています。広大な画面を贅沢に使えたおかげで、画面切り替えの頻度が減って、腕の負担も少なく済みました。

・MacBook Air 11inch (Late2010)
遂に瞬時起動するパソコンが登場してくれました。MBPの起動を待つ間にも、さっと起動して作業を始められます。議論しながらテキストを修正するという場面で大活躍。


自宅
・MacBook Air (Mid2009)
職場で新型MBAを購入してもらったので、自宅モバイル用に。新型に比べると瞬時起動できなかったり、いつのまにかバッテリーが放電していたりと、気になることが増えてはいますが、とても安定して快適動作してくれています。

・Mac mini(Mid2010)+Wireless Keyboard+Magic trackpad
メモリ2GBのままで使っているので、メモリ不足気味。常時起動中。動作音とても静か。コンパクト。

・Mac mini server(Mid2010)
共同作業用にWikiServerを使用中。

・ThinkPad X61T,VAIO typeP,VAIO typeG
Mac miniの導入まではよく働いてくれました。

・LinkStation LS-XH1.5TL
1.5TBのHDDのおかげで、音楽や録画データなどを一箇所にまとめられてすっきりしました。

・DR-2010C
ありがたいことにMac用のドライバが公開されたので、Mac miniにつないで使っています。

・HL-5070DN
両面印刷可能なモノクロレーザープリンタ。LAN経由でMacからも印刷できています。iPadのおかげで、自宅で印刷する機会が激減してはいますが、やはり便利。

|

« test | トップページ | 2010年にお世話になった道具たち:ソフトウェア・サービス編。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/405011/38267245

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年にお世話になった道具たち:ハードウェア編。:

« test | トップページ | 2010年にお世話になった道具たち:ソフトウェア・サービス編。 »