« 2010年にお世話になった道具たち:ハードウェア編。 | トップページ | 2010年にお世話になった道具たち:アナログ編。 »

2010年にお世話になった道具たち:ソフトウェア・サービス編。

iPadの登場でますますオンラインサービスのありがたさを実感しました。

・DropBox, MobileMe, Evernote
すべて有料プランで利用中。この3つのおかげで、新しい情報機器を導入しても、すぐに環境設定が完了できました。

・Nozbe
Evernoteと連携するという点に魅力を感じ、いくつかの中期プロジェクトの管理専用に活用中。Google Calenderとも簡単に連携します。短期ToDoはiPhoneのdomo todo+、中長期プロジェクトにはOmniFocusを主に使っており、近々Thingsもクラウド対応するらしいので、Nozbeの有料プランへの移行は検討中。私の場合、現在の限定した利用方法で、すでに大満足中。これまで試してきたオンラインでのプロジェクト管理サービスのなかで、私にはもっともしっくりきました。

・Google(mail, calendar, readerなどなど)
引き続き、Googleのサービスには依存しまくり。これまで夫婦の予定をGoogle Calendarで共有していたのに加え、今年からは職場での予定共有にも活用。それをいつでもiPhone/iPad/Mac/PC上で閲覧・編集できるというのは、すばらしい。

|

« 2010年にお世話になった道具たち:ハードウェア編。 | トップページ | 2010年にお世話になった道具たち:アナログ編。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/405011/38267246

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年にお世話になった道具たち:ソフトウェア・サービス編。:

« 2010年にお世話になった道具たち:ハードウェア編。 | トップページ | 2010年にお世話になった道具たち:アナログ編。 »