日記・コラム・つぶやき

test from ecto 3

ecto3からのテスト投稿。


screenshot_01.jpg

| | コメント (1)

iPadでできたらうれしい、文献解読作業。

iPadで、裁断機にかけてPDF化してある大量の文献を快適に活用したいと、強く強く思っています。

・1つの文献の10ページを左に、250ページを右にといった風に、同一文献の複数ページを同時に比較閲覧できたり、
・文献Aのある箇所を左に、文献Bのある箇所を右に、といった風に、複数文献を比較閲覧できたり、
・気になった箇所に付箋をべたべた貼り付けたり、指でなぞったところにマーカーが引けたり、
・本文に書き込みができたり、
・範囲選択してスナップショットを取った箇所が、どんどん一覧表示されたり、
・文献の本文と、スナップショット一覧との間を快適に行き来できたり、
・スナップショットされた部分が、自動的にevernoteに転送されたり、
・KeynoteやPagesに簡単に一括貼り付けできたり、、、

ということができる日が早くこないかなあ、と思っています。

マウスやトラックボールやペンタブレット、あるいはタブレットPCで、PDFからのスナップショットを行う場合には、切り取りたい部分の対角線をドラッグしなければならないのが、腕に負担で、私にはとても苦痛です(なので、主にmacのユニバーサルアクセルの細かい配慮にはいつも助けられています)。iPadなら取り込み箇所の対角の両端をマルチタップで、一気に認識し、コピーまで快適に行えそうです(もしかして、Windows7のマルチタップ対応などで、すでにそのようなソフトはあるのでしょうか?)

また、私の場合、文献を読んでいる際には、やたらとマーカーやペンでぐりぐりとぬりながら、解読作業を進めます。
後から見ると対して大切ではない箇所にもたくさん印がついていますが、大切な箇所かどうかを仕分けるということよりも、頭が解読作業を行える速度以上に文字の上をついつい上滑りしてしまう、「スピード出し過ぎ状態」を抑制することに、意義があると、感じています。つまり、ただ、ディスプレイを眺めているだけでは、理解できていない箇所をすっとばして、なにも頭に残らない、ということが、私には起こりやすいので、なるべく、マーカーやペンで、心地よい閲覧速度を保つようにしています。
また、重要でもない箇所に、後から見ると自分でも意味不明な書き込みやマーキングがされている、ぐしゃぐしゃの文献の方が、愛着がわき、内容も頭に残りやすいと思っています。

もちろん、文献によっては、マーカーなしで、スピード重視で閲覧することだってあります。その用途には、パソコンのディスプレイ上でも、まあ、実用的ではあります。ただ、スピード重視の場合であっても、本を買ったら、まず、付箋紙片手に、直観的に気になる箇所にぺたぺた付箋をはりつつ、とにかく、どのあたりにどんな情報が書かれているか、という俯瞰作業を、数分からせいぜい10分程度で行います。このような作業は、パソコン上では、マウスか、キーボードショートカットで、PDFに付箋をつけているということになるのですが、今のところ、紙の作業の方がはるかに快適に感じてしまいます。
また、本からはみだした付箋を見ると、これからチェックしなければならない分量が、イメージしやすいのですが、PDFのサムネイル表示だと、あまり直観的でないような、、、まあ、その辺は、一長一短なのですが。

iPodTouchやiPhoneの登場で、アナログの質感とデジタルの利便性がうまく共存するソフトが増え、こんなことが情報機器で行えればなあ、という夢のいくつかは、実現されました。
iPadの登場で、紙上での作業のうち、長年デジタル機器上で実現できたら快適だろうなあと夢想していたことのいくつかが、さらに現実のものとなりそうで、今から、とてもとても、とてもとても、楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPad!!

iPad、ついに登場しましたねっ!!
http://www.apple.com/ipad/
こちらのデモを視ただけでも、すばらしすぎます。
裁断機にかけてPDFにしてある文献類の利用価値が増えそうです。
Pages, Keynote, Numbersを使えるというのも楽しみ。
さて、どの機種がいいかな。
しばらく、迷い続けたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Evernoteで定点観測中。

職場で使用中のMacBookProは、その眼「iSight」でいつも私を見ています。
ということで、食べ過ぎ、太りすぎを抑えるために、Mac版Evernoteにある「iSight Note」で自分の顔を定点観測することに決定。定点観測ノートは、iPhoneのAwesomeNoteに同期しています。

Evernoteも有料プランにアップグレードすればオフライン閲覧できるようになるみたいですが、現段階では、1ヶ月あたりの転送量が無料プラン内に収まっていることと、iPhone3Gの処理能力ではEvernoteがあまり快適に利用できない現状から、アップグレードはしばらくおあずけです。
ただ、今年に入ってEvernoteの利用頻度が激増しているので、転送量がパンクしたら、プラン変更したいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年の整理整頓目標。

昨年の10月頃から、断続的に行っている整理整頓関連定型作業。それは、
・出勤時にかばんから取り出せる物はほぼすべて机に取り出す
・帰宅時に机の上の物は強制撤去(書類は無理矢理棚の端に立ててしまう)
です。
「机の上が片付いていますね」などと(これまでそんなことをいわれたことは一度たりともなかった私ですが)お声をかけてもらって以来、調子づいております。
ほめられて伸びるタイプであり、調子づきやすいタイプであり、熱しやすく冷めやすいタイプである私は、机上の(ほぼ)完成型をここに記録しておこうと思います。


snapshot-1263884444.470623.jpg

こうしてながめると、ディスプレイの下のコード類が目障りな気がしてきたので、そのうち見栄えよくしたいです。
手前左はメモ用のmoleskin largeサイズ。右はA4サイズを横にした計算用紙。トラックボールは旧型のKensington(新型はWindowsにつないでいます)。東プレ106SとMacとの相性が最悪であることにようやく気づいて、最近導入した純正Bluetooth Keyboard。ディスプレイ前のX02HTの場所はiPhone用のSmartBase。いつもiPhone3Gをおいています。MacBookPro17inchのディスプレイはぎらつきすぎて目が疲れるので、メインは外付け液晶ディスプレイ。サブのMacBookProの画面にはSizeUpとCinchによってぴったりと整列されたOmniFocus, Firefox(Google Calendar)とFinderの「今日」スマートフォルダを開いていることが多いです。
通常は、ここに、本や書類や走り書きした紙たちが、みるみるうちに、だーっと積み上がって、あふれかえり、MacBookProの上にまで用紙が束ねられてしまいますが、帰宅時には、とにかく撤去。なんかさっぱりとした気分で帰宅でき、出勤時にも新たな気分で一日を始められるような気がしています。

が、いつまで続くことやら、、、
定期的にその時点での完成型をアップすることを習慣にするといいのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年もありがとうございました。

2009年も、たくさんコメントを頂き、多くを学ばせていただきました。深く感謝申し上げました。また、多くのツールにも助けていただきました。関係者の方々にも改めて、感謝申し上げます。

2010年も、マイペースでやっていきたいと思っております。
引き続きよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミケランジェリのグリーグ。

先日購入したClassical Music Master Collectionを、作業中ずっと聴いています。
バックハウスによるBeethovenのピアノソナタが入っているだけで大満足だったのですが、ミケランジェリのピアノによるグリーグのピアノ協奏曲を初めて聴いてからは、エンドレスで、こればかりを聴いています。あまりにもはまったので、今度、ミケランジェリのCD集を買いに出かけようと思っています。この出会いがあっただけでも、私にとってはありがたいアプリです。アプリ自体の操作性は劣悪で、検索もできないし、早送りなどもできず、プレイリストも作成できないのですが、、、まあこれはあきらめることにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココログ表示の設定が勝手に変わっていたので元に戻しました。

久しぶりに、当ブログにアクセスしてみてびっくり。いきなり「続きを読む」という表示設定に変更されていました。その方が好みという人もいらっしゃると思いますが、私としては、極力リンクをクリックするという作業をしないで閲覧できる方が好みですので、速攻、設定を元に戻しました。
この作業によって、ココログサーバーには、結構な負荷がかかってしまうと思うのですが、どうなのでしょうか、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NetWalkerのキーボードのできばえに狼狽しました.

NetWalkerのキーボードを先日はじめて店頭で触ってきました.すでに各所で不評連発のようですが,まさかここまでとは,びっくりしました.これは,本当にSL-Cシリーズの開発元であるシャープの製品なのでしょうか・・・
やはり大きな組織になってしまうと,過去,大絶賛されていたキーボードですら,うまく活用することはむずかしいのでしょうか.プロジェクトごとに開発に携わるメンバーがちがえば,同じ企業であっても,まったく別物ができあがってしまうものなのでしょうか.
シャープは,マニアックな製品を出してくれる数少ない企業なので,とっても応援したいのですが,なんだか,ザウルスのキーボードとのあまりにもの差にただただびっくりしました.

| | コメント (0) | トラックバック (1)

東京03!!!

キングオブコント2009、ほんとおもしろかったーhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧