Win

英語教材の未来形。

アルクのiPhone用英会話教材を3つ購入し、トイレの中、布団に入って寝る前や、起床直後などにちょくちょく利用しています。

英会話ペラペラビジネス100
英会話なるほどフレーズ100
英会話8秒エクササイズ

収録されている多くの例文は、タップすることで音声が再生されます。これにとても感動しました。
毎日、文献やノート類に加えPCを持ち運ぶことが多く、さらに英語教材を荷物に加えるのはなかなか気が進まなかったのですが、iPhoneならいつでも持ち歩いています。余分に荷物が増えないというだけでなく、教材としても、大変わかりやすくて気に入っています。専門分野の英語ならかろうじて意思疎通することができても、日常会話はまったくダメダメなので、この3つのアプリで、平易な表現を身につけていきたいと思っています。
PastedGraphic.jpg


また、専門分野外の英語表現力を少しずつでも増やしたいと思い、以前試みたときなぜか私の環境では不安定だった、
FireFox+mouseoverdictionary+eijiro 
(こちらのサイトなどを参考にさせていただきました:http://www.kgworks.net/blog/entry/20081026044849
で、Mac関連の海外サイトをGoogle Readerに登録して閲覧しています。こちらは、MacかPC上となりますが、mouseoverdictionaryの登場当時には、やはり英語学習環境の未来を感じました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

XP tabletへのダウングレード作業。

Vista UltamateがインストールされていたThnkPad X61TをXP tablet ed.へダウングレードしました。
購入当初は、すぐにでもXPへダウングレードしようと思っていたのですが、やはり食わず嫌いはよくないかなあと思って、Vistaを使い続けていました。しかし、つもり続ける不満と、Windows7の登場で、Vistaをやめることに。迷ったあげく、Windows7は見送って、XP tabletのダウングレードサービスを利用することにしました。
Lenovoのサービスセンターに電話で問い合わせ、ThinkPad本体裏に記載されているIDなどを伝え、リカバリディスクを送って頂きました。届いたのは8枚のCD-R。せっせと8枚入れ替えながら、リカバリ完了。一体、何回再起動すれば気が済むのだろう、、、と呆れながら、なんとか無事完了。

・Ninite http://ninite.com/を利用して、.NET, Chrome, Firefox, PuTTY, WinRAR, WinSCP, iTunes, DropBox, Evernote, Launchy(すべて英語版になるので要注意)を一括導入。
・Microsoft Security essentials http://www.microsoft.com/Security_essentials/default.aspx
・Office関連
・TeX関連
・秀丸
・窓遣いの憂鬱
などをとりあえず導入。最低限の環境構築中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年にお世話になった道具たち:ハードウェア編。

★ハードウェア編

・VAIO typeP (XP)
動作が速いとうれしいのですが、大容量バッテリーを装着しても十分に軽く、かなり頻繁に持ち歩きました。主に秀丸によるTeXの編集用でした。

・MacBook Air (MID2009)
SnowLeopardにアップグレードしてからは、いくつかのトラブルに見舞われましたが、AppleのGenius barでのすばらしいサポートもあって、問題は特定され、とても快適に利用できています。1本~4本指によるトラックパッドの操作が気に入っています。
DropBox、MobileMeによって職場のMacやiPhoneとの同期も便利でした。


・X02HT
通話、メインのメールを転送したものを確認、家族とのメールのやりとりは、今でもX02HTが大活躍中です。softbank mailは快適ではないですが、iPhone3Gより遙かに快適にSMSの送受信ができるのが気に入っています。最近ではPIM用途にX02HTを使うことは少なくなりました。

・iPhone3G
gmailの送受信が便利に使え、遅いながらもsafariでパソコン用のサイトにアクセスできるiPhone3Gを使い始めたことによって、パソコンを持ち運ばずに出かける機会が増えました。3G回線さえつながる場所であれば、MacやPCであつかっているデータをiPhone3Gから利用できるのは、私にとっては大変ありがたかったです。きびきび動作するという3GSがうらやましい、、、

・iPod Shuffle (2G,1GB)+A8
昨年に引き続き、ほとんど毎日持ち運びました。外出時の音楽は、ほとんどiPod Shuffleで聴いていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Offce2002で編集できないMathTypeオブジェクト。

互換性問題にはもう、こりごり。

Office2008 for MacとMathType6.0で作成した数式オブジェクトを、Office 2002 for WinとMathType6.0をインストールしてあるVista環境で編集できませんでした(Office 2008 for macでは2002以前と互換性のあるファイル形式で保存してありますので、数式オブジェクトを含め、一通り正しく表示されています)。

Vista上のMathTypeを再インストールせよというメッセージに従って、再インストールしましたが、やはりMacで作成した数式オブジェクトが編集できません。
困り果てて、同僚のOffice2003(OSはXP)でファイルを開いてもらったところ、無事数式オブジェクトは編集できました。

つまり、問題は、Office 2002を2003以降にアップグレードするか、VistaをXPにダウングレードするかのどちらかで解決できるのではなかろうか、ということが分かったような気がするような、、、(どうせ謎だらけのブラックボックスなので、確証は全くありません)
おそらく、2003移行のOfficeを使うべし、ということではないかと推察します。
確か、2003のPowerPointのライセンスを持っていたような気がするので、今度アップグレードしてみます。

もう、くたびれました(大泣)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Office2008 for mac とDropBox同期不具合。

SnowLeopardを入れたMacBookAirで、嫌々ながら使っていたOffice 2008 for mac。なぜかWindows機上のDropBoxフォルダに同期されないPowerPointファイルが存在しているので、DropBoxのWebSite上でファイル名を確認してみると、ファイル名に含まれた空白文字が、文字化けを起こしていてびっくり。WebSite上でファイルをクリックして現れるメニューからRenameをすると、即時同期されました。
なるべく全角空白文字が入らないように気をつけてきたつもりだったのですが、知らないうちに混入していたようでした。

それにしても、文字コードの問題を使う側が気をつけなければならないというのは、いったいどういうことなんでしょうか、、、
おそらく、開発者さんたちは、単なるユーザである私以上に、この手の問題に頭を抱えていらっしゃるのではないか、なんて勝手に想像しています。
ソフトによっては、全くといって良いほど文字コードを気にする必要のないものもありますが、そういったソフトは、開発者の方の多大な配慮があってのことなのだと思います。

Office 2008 for macには、もっとシロウトにやさしく設計してほしいなと思っていたりするのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

typeGのリカバリにNinite利用。

VAIO TypeGを初期化して環境をリフレッシュしたいと思い、現在リカバリ作業中。その際に、はじめてNiniteを利用してみました。

Ninite http://ninite.com/

私の場合は、
.NET, Firefox, Safari, Java, Flash, 7-Zip, Skype, PuTTY, WinRAR, WinSCP, VLC, iTunes, Evernote, Launchy, AVG, Google Talk, Silverlight
にチェックを入れ、ダウンロード。
実行ファイルをクリックして、ただ待っているだけで、インストールが完了していました。
すばらしすぎますっ!!

追記:ちなみに、niniteでは、すべて英語版がインストールされますので、ご注意ください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

domo todo+がgoogle calendarと同期可能に!!

iPhoneで利用中のアプリの中でも最高にお気に入りなのが,domo todo+
そのdomo todo+の最新版が,google calendarと同期可能になりました!

アップデート後に,iPhoneの設定からdomo todo+を選ぶとgoogleのメールアドレスとパスワード,編集権限のあるカレンダー名などの入力を済ませたら,domo todo+の日付の部分をタップするだけで同期開始します.
これで,パソコンがネットワークにつながっているときはiPhoneを取り出さなくても,ブラウザからgoogle calendarを開けばいつでもtodo項目を確認できますね!!

domo todo+のタグは,google calendarのイベントの「場所」に同期されるようです.複数タグは,「場所」にセミコロンで区切られて保存されます,
google calendar側で作成・編集したイベントの「場所」に入力したタグがiPhoneのdomo todo+に存在しない場合は,同期直後に新たなタグとして追加されるようです.いやぁ,すばらしい!!

これまでも,無線LAN経由でPC/MacからiPhone上のdomo todo+の項目編集ができていましたが,今回のアップデートによってgoogle calenderを通じて手軽にどんどんtodo項目が追加できます.ほんと,すばらしいとしか言いようがないです.作者さま,本当にありがとうございます!!

現時点ではTasksのAPIが非公開のため,Tasksとの同期は未対応とのことですが,私自身は,現段階ですでに大満足です.今度のアップデートもとても楽しみです.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

WindowsとMacの共存共栄。

Snow Leopardのアップグレードの報告が多々あがっているなか、私はMacBookAir(Mid2009)購入時に申し込んだアップグレードキットの到着待ち。まだかな、待ち遠しなあ。

ところで、本田雅一氏のコラム Appleの考えるSnow Leopard対Windows 7をうんうんうなずきながら拝読。
やはり、ビジネスの現場で活動している当事者にとっては対決姿勢むき出しとなるのはしかたないのでしょうね。
本田氏のご指摘通り、WindowsとMacの対象は、ある程度重なりはあるものの、やはり違いすぎるような、、、

Windowsは過去バージョンや膨大な周辺機器への対応を含めた、機能を盛り込むOS。
Macは限られたバージョンやデバイスのみに対応、機能を削って先進性を高めたOS。
「積分型のWindows、微分型のMac」といった感じがします。

現在、我が家では、Vista(←XPに替えたかったのですが、食わず嫌いはいかんと、Vistaのまま利用中)のThinkPad x61t、XPのVAIO typeP61S、LeopardのMacBookAir(Mid2009)の共存によって、とても円滑に作業が進んでいます。
やはりWindowsとMacの両者は排他的ではなく、相補的に利用させていただくというのが、楽しいと常々感じています。

開発や営業の現場では、私のようなのんきなことはいってられないと思いますが、両者の恩恵を日々受け続けている1ユーザーとして、今後ともそれぞれの進化を楽しみにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

momo v3.0.0

現在、ちょっとしたテキストメモは、PC/Mac起動中かつインターネット接続中ならFirefox/SafariでWEB版momo、
そうでなければiPhone版momoに入力しています。
WEB版のmomoはgoogleのアカウントでログインできるというのも、手軽に利用できて便利だと感じています。

以前、PC起動中ならMeadow/xyzzy/秀丸のhowm, そうでなければLinux Zaurus SL-C750/1000のemacsのhowmでテキストメモをとりためていましたが、現在はほぼmomoに置き換わっています。
howmを使っていて、時系列を基本に、タグによる緩い分類と、全文検索によるテキストメモ管理の快適さを知りました。

もちろん、emacsのマクロであるhowmほどの自由度の高さは望めないものの、momoはiPhoneとWEBで快適にメモが同期されますし、使っているiPhoneアプリのなかでもかなり軽快に動作する部類です。

momoの開発者さんの怒濤のバージョンアップで、タグ、検索、スマートリスト管理の自由度がアップしているので、ますますはまりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SlimBlade trackballとExpertMouse。

わが家の構成員は、基本的にトラックボール派です。
以前は、ロジクールのトラックボールを3種類試し、ある機種に落ちついていたのですが、数年前に、ケンジントンのexpert mouseに出会ってからは、すべてこちらに買い換えました。
わたし自身は、前機種のexpert mouseを自宅で2個使っており、仕事場用には新機種であるSlimBlade trackballを使っています。

使い心地は、どちらも気に入っています。
職場でSlimBlade trackballで、ボール自体をはじいてスクロールさせているので、自宅でexpert mouseに持ち替えた直後は、間違ってボールをひねってしまって、スクロールできず空回りすることもあります。
まさに、甲乙つけがたい使い心地で、どちらもお気に入りです。

なお、トラックボールは、キーボードの左側に常駐させています。
右利きの私は、右手を筆記で酷使するため、以前からトラックボールを左手で操作してきました。

全キーが軽加重になっているRealforce106キーボードは、購入当時テンキーレスモデルが(たしか)無かったので、めったに使わないテンキーは、ただスペースを消費しているだけの存在なのですが、キーボードの左側にトラックボールをおく習慣があったので、テンキーがあってもなくても、つねにキーボードから最短距離でトラックボールに移動できるというのはなかなかよい位置。腱鞘炎を患っていない方にとっても案外よい置き場所かもしれません。

以下リンクの機種はすべて常用中という、かなりのトラックボールマニアな私です(汗)

ケンジントン SlimBlade Trackball 72327 CE ケンジントン SlimBlade Trackball 72327

販売元:ケンジントン
発売日:2009/04/10
Amazon.co.jpで詳細を確認する



ケンジントン ExpertMouse (OpticalBlack) (USB/PS2) CE ケンジントン ExpertMouse (OpticalBlack) (USB/PS2)

販売元:ケンジントン
Amazon.co.jpで詳細を確認する



ケンジントン ExpertMouseWhite(USB/PS2) 64374 CE ケンジントン ExpertMouseWhite(USB/PS2) 64374

販売元:ケンジントン
発売日:2005/02/11
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)