X02HT

2009年にお世話になった道具たち:ハードウェア編。

★ハードウェア編

・VAIO typeP (XP)
動作が速いとうれしいのですが、大容量バッテリーを装着しても十分に軽く、かなり頻繁に持ち歩きました。主に秀丸によるTeXの編集用でした。

・MacBook Air (MID2009)
SnowLeopardにアップグレードしてからは、いくつかのトラブルに見舞われましたが、AppleのGenius barでのすばらしいサポートもあって、問題は特定され、とても快適に利用できています。1本~4本指によるトラックパッドの操作が気に入っています。
DropBox、MobileMeによって職場のMacやiPhoneとの同期も便利でした。


・X02HT
通話、メインのメールを転送したものを確認、家族とのメールのやりとりは、今でもX02HTが大活躍中です。softbank mailは快適ではないですが、iPhone3Gより遙かに快適にSMSの送受信ができるのが気に入っています。最近ではPIM用途にX02HTを使うことは少なくなりました。

・iPhone3G
gmailの送受信が便利に使え、遅いながらもsafariでパソコン用のサイトにアクセスできるiPhone3Gを使い始めたことによって、パソコンを持ち運ばずに出かける機会が増えました。3G回線さえつながる場所であれば、MacやPCであつかっているデータをiPhone3Gから利用できるのは、私にとっては大変ありがたかったです。きびきび動作するという3GSがうらやましい、、、

・iPod Shuffle (2G,1GB)+A8
昨年に引き続き、ほとんど毎日持ち運びました。外出時の音楽は、ほとんどiPod Shuffleで聴いていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PhatNotes 1.0 for iPhoneが登場していました。

ふらっとApp Storeを眺めていたら、PhatNotes 1.0 for iPhoneが登場していました。
X02HTでは大変お世話になったPhatNotesですが、いまのところ、PhatNotes DesktopはWindows版のみの様子なので、導入は見送っていますが、今後のアップデートなど気になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

m+(エムピウ)ウエストバッグ!

image1173576187.jpg












エムピウのウエストバッグが到着!外側にX02HTもちゃんとおさまりました。中にはA7超整理手帳、JetStream、財布、カードケース、iPhoneを入れています。

ジャケット類を着て出かけるときに、ジャケットと干渉しないような、ウェストからかなり下がった位置にぶらさげることができるウェストバッグを探して、これにたどり着きましたhappy01

↓こちらのsurou web shop で購入しました。金曜の深夜にWEBで注文したら、日曜日の朝に届きました。おかげで、さっそく今日のお出かけに持って行くことができます!!

m+/エムピウのウエストバッグ村上雄一郎ショルダーにもMARSUPIO  チョコ

| | コメント (0)

ToDoマニアでありメモマニアでありアウトライナーマニア。

WindowsでもMacでもPDAでもSmartPhoneでも、もちろん最近お気に入りのiPhone3Gでも、真っ先に試したくなるアプリのジャンルが、ToDoとメモとアウトライナーです(大汗)。

なかなか一つのソフトに絞りきれない優柔不断な性格に加え、比較的時期ごとに作業内容がころころ変わったりする日々なので、プロジェクトが一段落して、抜け殻状態?になっている時期には、たいてい、ToDo管理やアウトライナーをはじめとするアイデア走り書き用ソフトを物色しています(←しずかに体を休めておけばいいものの、ついつい寝転がっておなかの上にパソコンをのっけてwebを探しまわってしまうのです、、、)。

結局一つに絞ることは、とうの昔にあきらめ、その時期ごとの自分の気分、直観を第一に、しっくりとくるツールを使うおうと決めてからは、なんだかお気楽な心持ちでおります。

そんなわけで油断すると(?)、ついついapp storeでも、todo、outliner、mindmapといったワードで検索をしてしまいます。
iPhone用のToDoとしては、OmniFocus, Thingsを真っ先に使い、Macとの連携も試してみましたが、最近はdomo todo+でほとんどすべてのtodo管理を手軽に行っています。domo todo+を利用させて頂いていて、その「最短手順最適化」の見事さに大変惹かれます。普段の自分の仕事の成果物もかくありたいなあと感じながら常用中です。

行動記録類のメモとりには、momoを使っています。
日中のほとんどはMacとPCの前に座っているので、どちらからもブラウザからメモを手軽に追加できるmomoに、ちょこちょことメモをつけています。大学入学後に大学の端末で一通りタッチタイプを身につけてからは、自宅PC上の秀丸で1日1テキストファイルのメモをとることによってパソコンになじむということをしていた名残で、その後も基本はテキスト中心のメモとりを続けています。Macを使い始めてからは、なるべくテキスト以外の情報を盛り込むようにローカルではMacJournalにキャプチャ画像をはりつけたりしてはいますが、やはりテキストデータって手軽ですよねえ。
iPhone版momoは結構軽快に動作し、3G回線であっても同期にかかる時間が短いので、こまめにメモをとり続ける気にさせてくれます。デザインもすっきりしていて好みです。ただ、メモの閲覧画面の状態からメモ領域をタップしても編集画面に切り替わらず、メモ編集にはかならず「編集」ボタンを押さないといけないので、いつも操作を間違ってしまいます。web上のmomoからExportされるファイルはExcelやNumbersでそのまま開くと変なレイアウトになってしまうので、中身を確認したいときは、なるべく秀丸やCotEditorなどのテキストエディタで開いています。

Outlinerについては、CarbonFinのOutlinerを導入。常用中のアプリのなかでもなかなか軽快に動作してくれます。
こちらはWeb上でデータを同期でき(Web上ではデータ編集不可のようですが)、OPMLでのImport/Exportに対応しているので、階層構造によるメモとりが恋しくなってきたら使っています。また、Outlinerには地元のバス時刻表のテキストデータを閲覧用に貼り付けています。
X02HT上のPhatNotes/EBtWMで行っていたメモ取りとテキストデータ閲覧が、今のところiPhone上のmomo, Outlinerに置き換わっています。

screenshot_03_3.jpg​←CarbonFin Outlinerはチェックリストとしても使えます。子項目のチェックの割合が親項目の円グラフアイコンに反映されます。この進捗を表す円グラフのアイコン情報は、OPMLとして書き出してしまうと消失してしまうようです。

MindMapはiThoughtsがお気に入りです。MindMapソフトは、なるべく大きい画面で使いたいと思っていたので、ついつい、ちょっとしたメモの走り書き程度は、極力、PDA上の軽めのソフトに入力する癖がついていました。しかし、iPhone 3Gは、一つ一つのアプリの起動があまり速くないということもあり、iToughtsが起動する時間は、まあ許容範囲内ですし、なによりも、手軽にキーワードを追加できるので、MindMap系のメモ取り頻度が急増中です。現時点ではUndoができませんし、新規キーワード追加のたびに別画面に切り替わってしまうのが気になると言えば気になります。でも、常時携帯しているiPhoneで、気楽にマップを描けてしまえる手軽さはすばらしいです。今のところiThoughts上で作成したマップをPC/Mac上に移して編集するということはしていないので連携の使い勝手は試していません。連携よりも、気になったときに即時メモをとることで、頭の中のもやもやが解消されるのが、私にとっては精神衛生上よいです。


X02HTで常用させて頂いていたtTakana, PapeCal, OffisnailDate+,EBtWM, jot, JNTrainWM, PhatNotes, moneymemo, KTPocketLaunch2といったアプリたちにも、X02HTのきわめて限られた操作系の不便さを感じさせない、秀逸な工夫の数々を実感でき、便利さとともにその設計の見事さにたいへん刺激を受けてきました。

アプリ自体のツールとしての便利さもさることながら、その作品としての見事さや斬新なアイデアにも引き込まれてしまうため、ついついapp storeを俳諧してしまうのでした(大汗)作者さんたちの問題解決能力にあやかりたいなあといつも感じています。

と、大雨が止むまで、現時点でのiPhone利用状況をまとめておこうと思っていたら、ながーい文になってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)